遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

ボリビアの首都は二つある! 現地在住者がボリビアの首都事情を徹底解説

f:id:satoru54:20190801022632j:plain
 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

みなさんボリビアには首都が二つある』という事実は、もちろん知っていますよね?

まさか、知らないなんてことありませんよね?

 

では一応『そんなの知らない』というひとのために、質問です。

ボリビア』と聞いて、最初に思い浮かべるものはなんですか?

 

はい、そうです。

『ウユニ塩湖』ですよね。

 

そりゃそうですよね。

だって

こんなにキレイなんですから。

 

 

ボリビアの首都が二つある』なんてことは知らなくても、ウユニ塩湖くらいは知っているはずです。

っていうかもはや、ボリビアには首都が二つ存在する』なんて知りませんよね、普通。

 

 

ということで今回は、ウユニ塩湖についてではなくボリビアの首都事情』についてご紹介していきます。

 

ボリビア青年海外協力隊として活動する身として、この面白い事実は知ってもらいたいんですよね。

 

『首都が二つある』なんて、なかなかありませんから。

 

この記事を読んで、ボリビアの首都事情を理解していってください。

 

 

 

 

ボリビアの首都『ラパス』と『スクレ』

f:id:satoru54:20190801022847j:plain

*ラパスにあるロープウェイからの景色

ボリビアの二つの首都は『ラパス』と『スクレ』

 

 

ラパスは国際空港があり、多くの観光客が訪れる国の玄関。

ボリビアの国際空港は『ラパス』サンタクルスという場所にしかありません。

 

そのためボリビアに来る場合、どちらかの国際空港に降り立つことになります。

 

 

一方のスクレは街自体が世界遺産に登録されており、ヨーロッパのような街並みが楽しめると海外の観光客からも人気。

 

 

ではなぜ『首都が2つある』という状態になってしまったのか。

本当の首都はどっちなのか。

 

もっと少し詳しく見ていきましょう。

 

 

ボリビアの『事実上の首都』ラパス

 

まず、ボリビアの事実上の首都といわれているのが『ラパス』

ボリビアには国際空港が二つあり、そのうちの一つがここラパスに存在します。

 

 

このラパスという街は標高が3000mを超えており、空港がある『ラパス県エル・アルト市』という場所は標高4000m超。

 

ボリビア全体的に標高が高いですが、ラパスはその中でもトップクラス。

街全体が富士山くらいの標高です

 

しかもラパスの『エル・アルト空港』という国際空港は富士山のてっぺんよりも高い場所にあり、『世界一高い空港』としても有名です。

 

日本という標高の低い国からいきなりラパスに来ると、『高山病』にかかるリスクが相当高い。

 

もしラパスに来る際は、到着後しばらくは体調管理にとにかく気を使ってください。

 

 

ラパスは国際空港があるということもあり、国の玄関的存在。

多くの観光客が足を踏み入れる街となっています。

 

そんなラパスには大統領府や各国の大使館など、『国を動かしている政治機関』が数多く存在している。

 

つまりボリビアの政治はラパスを中心に動いているといって過言ではないので、『事実上の首都はラパス』ということなんです。

 

 

ボリビアのことを少し知っているひとは、『首都といえばラパス』という印象を持っているはず。

 

そしてその認識は、間違いというわけではありません。

政治の中心がラパスにあるから、首都だと考えるのは当然のことですよね。

 

 

現に、外務省のページにもボリビアの首都はラパス』と掲載されています。

www.mofa.go.jp

 

そのため多くのひとが、ボリビアの首都はラパスと考えているでしょう。

 

 

日本の政治の中心地は東京であり、アメリカの政治の中心地はワシントンD.C.

東京もワシントンD.C.も、どちらもその国の首都です。

 

こういったように『政治に関する機関が集まっている場所=首都』というのは、日本やアメリカも同じ。

 

だからボリビアの場合、『政治の中心であるラパス=首都』という考えになるわけです。

 

しかしラパスは『事実上の首都』なだけで、『本当の首都』は違う街なんですよ。 

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

 

ボリビアの『憲法上の首都』スクレ

 

ボリビアの事実上の首都はラパス』といいました。

 

しかし

ボリビアの首都はどこ?”

と聞かれたときの正しい解答は『スクレ』です。

 

『事実上の首都』はラパスだとしても、ボリビア『本当の首都』、つまり憲法上の首都』はスクレ。

 

大切なのでもう一度いいますが、『ボリビアの首都はどこ?』という質問に対する正しい回答は『スクレ』です。

『ラパス』ではありません。

 

 

ぼくが青年海外協力隊として活動している配属先の同僚に『ボリビアの首都はどこ?』という質問をしたら、100%『スクレ』という解答が返ってきました。

 

続けて同僚に『ラパスが首都なんじゃないの?』と聞くと、『ラパスには政治の機関があるだけ』と返ってきたんです。

 

つまりラパスはあくまでも『重要な政府機関があるだけ』であって、本当の首都というわけではないんですね。

 

 

重要な政府機関のほとんどがラパスにあるものの、『最高裁判所』だけはラパスではなくスクレにあります。

 

ということで、ボリビアの本当の首都(憲法上の首都)は『スクレ』。

これが正しい解釈です。

 

間違えないように気をつけてください。

 

 

ちなみにこのスクレは街自体が世界遺産に登録されていて、とても美しい街並み。

街の一部は建物が白く塗られており、ヨーロッパのような街並みだということで海外からの観光客も多く訪れます。

 

一部の建物は、白い町の景観を保つために白い塗装が義務化されているとのこと。

 

ぼくも一度いったことがありますが、中心部は本当にヨーロッパのようでキレイな街並みでした。

 

ラパスよりもひとが少なく落ち着いた雰囲気の街なので、過ごしやすいですよ。

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

 

なぜ首都が2つあるという状態になったのか?

 

ではなぜ『首都が2つ』という事態になっているのか。

みなさん気になりますよね。

 

1800年代の後半までは、ボリビアの首都は『スクレ』でした。

事実上も憲法上も。

 

スペインの統治から解放され、独立の調印が行われた都市もスクレ。

 

 

しかし1800年代の後半に、ラパスを拠点としていた自由党がスクレを拠点としていた保守党政権を撃破して革命を起こしたんです。

 

そのときに政府の重要機関をスクレからラパスに移し、ラパスがボリビアの政治を動かす事実上の首都となったわけです。

 

本当に簡単に説明するとこんな感じ。

ぼくも全部の歴史を把握しているわけでもないので、あまり詳しい説明はできませんが...。

 

 

とにかく現在ボリビア

・事実上の首都はラパス

憲法上の首都はスクレ

という、非常にややこしい状態になっていますね。

 

でも現地のひとたちからしたらボリビアの首都=スクレ』と決まっているので、むしろややこしくしているのはぼくら海外の人間なのかもしれません。

 

最後にもう一度お伝えしておきますが、『ボリビアの首都はどこ?』と聞かれたときの正しい回答は『スクレ』です(3回目)。

 

 

首都が二つあるボリビアに足を運んでみよう

f:id:satoru54:20190801023026j:plain

*ラパスにある『月の谷』という観光名所
 

ボリビアの首都が二つあるという事実をご紹介しました。

 

実はボリビア以外でも、タンザニアベナンも同じような理由で首都が二つあるといわれています。

 

めちゃくちゃ興味深いですね。

 

 

ウユニ塩湖だけではなく、首都が二つあるという面白い側面を持っている国『ボリビア』。

 

もちろんウユニ塩湖以外の観光地もありますし、毎年2月か3月におこなわれる『オルロ』という街のカーニバルは『南米三大カーニバル』の一つ。

 

南米三大カーニバルは

・ブラジルのリオデジャネイロ

 

・ペルーのインティライミ

 

ボリビアのオルロ

この3つ。

 

そのうちの一つがボリビアのカーニバルなんです。

 

標高が高いため高山病には注意しないといけませんが、旅行として来るには十分魅力的な国です。

 

 

この記事を読んでボリビアの首都事情を理解したら、実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。