遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

新卒の肩書を捨て青年海外協力隊へ 「大学卒業→就職」が全てじゃない

f:id:satoru54:20191104223341j:plain
 

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

この記事では

“大学を卒業して青年海外協力隊になったぼくが伝えたいこと”

を書いていきます。

 

 

日本では

大学卒業→就職

この流れが「普通」「当たり前」だと考えられています。

 

実際、ぼくの大学の同級生たちもほとんどが就職。

いまはみんな社会人として働いています。

 

 

そんななかぼくは、新卒という肩書を捨てて青年海外協力隊になりました。

 

“大学を卒業したら就職”

という流れが「普通」なら、ぼくが選んだ道は「普通じゃない」ということになる。

 

 

ではなぜ「普通ではない道」を選んだのか。

本記事ではその理由を掘り下げていきます。

 

“やりたい仕事が見つからない”

“なんとなく就職するのは嫌”

 

上記のように考えているひとたちには、ぜひ読んでもらいたいです。

 

それでは本題に入っていきましょう。

 

 

 

新卒の肩書を捨て青年海外協力隊へ 「大学卒業→就職」が全てじゃない

f:id:satoru54:20191104222825j:plain

 

記事のタイトルにも書かれている通り、ぼくは

“大学卒業→就職”

がすべてではないと思っています。

 

  • 周りに流されてなんとなく就職
  • とりあえず就職
  • やりたいことが見つからないけど、働かないといけないから仕方なく就職

 

こういった決断って、なんかもったいないなと思うんですよね。

 

 

だからこそ「大学を卒業して就職しなかった」ぼくが、

“大学卒業後は就職することがすべてではない”

ということを示していきたいんです。

 

 

就職以外の道があることを身をもって示したい

 

ぼくは物心ついたときからサッカーをしていて、大学3年次までずっとサッカーをしていました。

 

しかしプロという道を諦めてサッカーを引退したとき、自分が将来なにをするかは決めていなかったんです。

 

というか、やりたいことがなかった。

 

その時は自分も、周りのみんなと同じように就職活動をして普通に就職するんだろうなと思っていましたね。

 

 

しかし3年次の終わりに「JICA短期ボランティア」を経験してから国際協力に興味を持つように。

 

 

そして短期ボランティアを経験したときに、せっかくだから長期ボランティアもやりたいなと。

 

同級生のみんなは就職だけど、自分は違う道でもいいかなと思ったんです。

 

 

そしていまこうして就職じゃない道を選んで進んだことで、いまの学生のひとたちにも

“就職以外にも選択肢はあるんだよ”

ということを示せればいいなと思います。

 

別に就職を否定しているというわけではなく

  • 就職がすべてではない
  • 他にも選択肢はある

ということを知ってくれればなと。

 

数ある選択肢のなかから最終的に就職を選んだなら全然いい。

 

でも他の選択肢を知らないまま、なんとなく就職を選ぶのはもったいないなと思うんです。

 

いろんな道があることを知って、そのなかから本当にやりたいことを見つけて欲しい。

 

就職じゃない道を選んだ身として、たくさんのことを発信していきます。

 

 

広い視野を持って生きていきたい

 

日本にずっといるのと海外に出ていろんなところへいくのを比較したときに、日本の外に出ていろんな経験をした方が広い視野を持てるようになるなと思ったんです。

 

日本の企業に就職して仕事をするのも多くの経験を積めるでしょうし、視野を広く持つこともできるといえばできる。

 

 

でもやっぱり、それには限界があるなと。

日本の会社で積む経験も、やはり日本での視点以上のものは得られないんじゃないかなと思うんです。

 

 

もっと広い視野を持つには、もっと広い世界に出てしまうのが一番。

そう思って、日本で社会人というものを経験せずに日本から飛び出しました。

 

“日本の企業で働いて日本の社会を知ることも大切だ”

という意見もあるかもしれません。

 

日本の社会で培った経験や視点を持った上で海外に出ることで見えてくるものもあるのは、十分承知しています。

 

でも逆に日本の社会を経験せずに海外へ出ることで、海外で起こることや経験することをより吸収しやすくなると思うんです。

 

日本の社会という「比較対象」があると、どうしてもその基準を通して物事を判断してしまうんじゃないかなと。

 

そうじゃなくて、ぼくは海外で起こることをありのままで受け入れたい。

余計なバイアスがかかったメガネを通さずに物事を見ていきたい。

 

だからこそ、日本で働かずに大学を卒業してそのまま協力隊として海外へ飛び出したんです。

 

 

人間としてたくましくなりたい

 

あとは単純に

人として

人間として

たくましくなりたかったんですよね。

 

日本にいたら

  • 日本語で言葉は通じる
  • 生活水準は高い
  • 必要なものはなんでも揃う

ハッキリいって、めちゃくちゃ生活しやすい。

 

なにより自分が生まれた国だから、いろんな意味で「慣れている」のは当たり前なこと。

 

そういった

  • 恵まれた環境
  • 慣れている環境

を放棄して、あえて言葉も通じず生活水準も高くない国へいってみる。

 

そうすることで、一回りも二回りも成長できるんじゃないかなと思ったんです。

 

 

当然ながら不便なことや苦労することなんてたくさんありますし、イライラすることもあります。

 

でも慣れない環境のなかで必死に生きていくその過程で、たくましく成長していけるなと思うんです。

 

ぼくが協力隊として活動しているボリビアコチャバンバという街は、正直にいうと生活水準はそこそこ高い方。

 

アフリカの田舎で活動している隊員さんたちと比べたら、かなり贅沢な暮らしをさせてもらっているなと感じます。

 

しかし

  • たまに断水する
  • 大雨が降ると道が水で溢れかえる
  • 標高2,500mで日差しが強いし運動するとすぐに息が上がる

上記のように、日本ではあまり経験できないような環境で生活すれば、それが刺激になって成長していける。

 

言葉がうまく通じないというのはストレスですし、生活環境が日本と違うのもまたストレス。

 

でもそのなかでヘコタレずにもがきながら生活していくことで、日本にいる時よりも「人として」たくましい人間に、「生き抜く力」を兼ね備えた人間になれる。

 

そういったことを考えて、2年間海外で生活できる青年海外協力隊になったんです。

 

 

 

いろんな選択肢のなかから自分のやりたいことを見つけよう

f:id:satoru54:20191104223717j:plain

 

  • 自分のやりたいことが明確になっている
  • やりたいことができる企業がある

それなら、その企業に就職するのがいいでしょう。

 

ぼくは就職を否定したいわけではありません。

 

でもなかには

  • やりたいことがあまりないからとりあえず就職
  • 周りがみんな就職するから自分もとりあえず就職

こういった動機で就職するひともいると思うんです。

 

 

そういったひとたちに、就職以外の道があることを知ってほしい。

就職だけに選択肢を絞ってしまうのはもったいない。

 

 

いろんな選択肢のなかから自分のやりたいことを見つけてほしいなと思います。

 

そんな思いを込めて、この記事を書きました。

 

 

新卒という「肩書」には何の価値もありません。

就職以外の道も、考えてみてもいいかもしれませんよ。

 

 

もし本記事で青年海外協力隊に興味を持った場合、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

それでは今回はこの辺で。