遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

青年海外協力隊【派遣前訓練】駒ヶ根訓練所の一日のスケジュール

f:id:satoru54:20190924233300j:plain 

 こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

この記事では

駒ヶ根訓練所の一日のスケジュール”

について詳しく説明していきます。

 

・協力隊を目指しているひと

・これから派遣前訓練を受けるひと

 

上記のひとたちに向けての記事です。

 

 

ぼくは2018年4月上旬〜6月中旬まで、駒ヶ根訓練所で派遣前訓練を受けていました。

 

そのさいのスケジュールを元に記事を書いていきます。

 

 

派遣前訓練の内容や時間割は変わる可能性がありますので、あくまでも参考程度にしてください。

 

とはいえ大きな変化はあまりないかと思いますし、この記事も定期的にリライトして最新の情報を届けられるようにします。

 

 

それでは本題に入っていきましょう。

 

 

 

青年海外協力隊【派遣前訓練】駒ヶ根訓練所の一日のスケジュール

f:id:satoru54:20190924233332j:plain

 

派遣前訓練は全部で約70日。

 

日曜日以外は基本的になにかしらのスケジュールが組み込まれています。

 

 

実際にどんなスケジュールで生活するのか。

 

詳しくみていきましょう。

 

 

6:30〜7:10→朝の集い

 

朝はそこそこ早起き。

 

毎朝6:30に晴れの日は外、雨の日は体育館に集合してその日の連絡事項を伝えられたりラジオ体操を踊ったりします。

 

起きる時間は、6:30に間に合えば何時でも大丈夫。

 

ぼくの同期には5時くらいに起きて朝から語学勉強しているというひともいましたし、逆にギリギリまで寝ているひともいましたね。

 

 

ちなみに6:30に点呼をして、寝坊などの理由で誰か一人でもかけていたら朝の集いは始まりません。

 

誰かがそのひとの部屋にいって、呼んでこないといけないんです。

 

寝坊したら全員が集まっているところに自分だけ遅れていくことになるため、みんなから見られます。

 

 

“あ、あいつが遅刻したから朝の集い始まらなかったのか”

と瞬時に把握されてしまうので、間違っても寝坊はしまいように気をつけましょう。

 

 

7:20〜8:00→朝食

 

朝の集いが終わったら朝ごはん。

毎日違うメニューが出てくるので、食事はいつも楽しみにしていました。

 

 

ぼくは訓練期間中

朝の集い

ランニング

シャワー

朝食

という流れを確立させていました。

 

 

朝ご飯のあとは語学授業なんですが、ぼくは朝食の時点で着替えも終わらせていたのでご飯を食べ終わったら歯磨きをしてすぐに語学教室に向かっていましたね。

 

ご飯は残さず食べましょう。

 

 

8:45〜11:45→語学授業

 

午前中は基本的に語学授業。

 

1クラス4〜6人の少人数制でおこなわれます。

 

 

午前の授業は基本的に

『50分授業して10分休憩』×3セット

ですね。

 

 

ぼくは訓練期間中に誕生日を迎えたので、語学クラスメンバーに祝ってもらえました。

 

 

いま思い返しても、語学授業は本当に楽しかったです。

f:id:satoru54:20190924232820j:plain

 

 

ちなみに派遣前訓練では

・中間試験

・最終試験

と、2度の語学テストがあります。

 

最終試験に合格できないと青年海外協力隊として任国にいけないので、語学勉強はしっかりやっておきましょう。

 

 

 

11:45〜13:00→昼食&自由時間

 

午前中の語学授業が終わったらお昼ご飯。

 

ほとんどのひとが語学クラスのメンバーと一緒に食べていましたね。

 

 

まぁ語学授業が終わったらそのまま食堂に向かう形になるので、必然的に語学クラスのメンバーと食べることになるんです。

 

 

昼食のあとは13時まで自由時間。

 

・ちょっと昼寝

・近くのコンビニへ買い物

・午前の語学授業の復習

 

自由に過ごせます。

 

 

13:00〜17:00→語学授業+講座

 

午後は語学授業以外にも、様々は講座を受けることになります。

 

・海外における安全対策

・歯科衛生

・健康管理

・ボランティアの心構え

・JICAの取り組み

 

幅広い内容です。

 

任国でも役に立つ情報をたくさん教えてくれるので、かなりありがたいですよ。

 

 

17:00〜18:00→講座or自由時間

 

この時間は、講座がある日もあればなにもない日もあります。

 

なにもない日は、自由。

運動するなり勉強するなり、自由に過ごしましょう。

 

 

18:00〜19:00→夕食

 

夜ご飯。

食事のときは『係』というものを必ず一度はやることになります。

 

係とは

・食器洗い

・食器片付け

・おぼん拭き

などですね。

 

個人的にはこの係の仕事も割と楽しかったので、苦ではありませんでした。

 

 

夕食後〜22:00→自由時間

  

夜は基本的に自由時間。

語学授業や講義はありません。

 

・スポーツをするひと

・勉強するひと

・近くのコンビニにいくひと

 

様々です。

 

 

ぼくは体育館で運動する日もあれば、図書館にこもって勉強していた日もありました。

 

土曜日や日曜日は、同期と飲みにいく日もありましたね。

 

 

ただこの自由時間内に、最低2時間は語学の自習時間を設けるように言われるんです。

 

ぼくはちゃんと毎日2時間勉強していたかというと…もちろんしていません。

反省しています。

 

 

22:00→帰寮門限

 

夕食後の自由時間に外出しているひとも、22時までには帰ってこないといけません。

 

この門限を過ぎたら怒られます。

 

 

一昔前までは、一度でも門限を過ぎたら『強制退所』になっていたそうです。

 

強制退所になるということは訓練を最後まで終えていないので、当然ですが協力隊として海外へ派遣されることもありません。

 

要するに『クビ』ですね。

恐ろしい。

 

 

いまはそこまで厳しくはありませんが、門限は守ってください。

 

ぼくは門限の1分前に帰ったことはありますが、破ったことはありません。

 

 

22:20→施設が閉まる

 

この時間に、お風呂や談話室などの訓練所内の施設が閉まります。

 

22:20を過ぎたら自分の居室で大人しく勉強するかさっさと寝るかですね。

 

 

23:00→消灯

 

この時間になると廊下の電気も消えます。

なのでもう居室からは出られません。

 

朝早起きしないといけないので、夜更かしせずにしっかり寝ましょう。

 

睡眠時間をちゃんと確保することはめちゃくちゃ大切です。

 

 

その他のスケジュール

 

この記事のスケジュールには書かなかった訓練のプログラムとして

・予防接種

・課外活動

などもあります。

 

予防接種の際は半袖の服が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

 

派遣前訓練の持ち物は以下の記事を参考にしてください。

 

 

毎週日曜日は休み。

訓練のプログラムはなにもありません。

 

・語学勉強

・運動

・街散策

 

自由に過ごしましょう。

 

 

日曜日以外はみっちりスケジュールが組み込まれているため、日曜日は気分転換もかねて思い切ってリフレッシュしてください。

 

たまにはしっかり休むことも大切ですからね。

 

 

 

有意義な訓練生活にしよう

f:id:satoru54:20190924233535j:plain

 

約70日間の派遣前訓練。

 

語学授業はもちろん、いろんな講座も含めて基本的に一日中ずっと勉強しています。

 

 

でもこうして毎日なにかを勉強できるって、贅沢ですよね。

 

社会人のなかには自分のために勉強する時間が確保できないひともいるわけですから。

 

いろんな出会いがあって本当に貴重な時間でしたし、個人的にはめちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

訓練所で出会った同期は、任国に派遣されてからもたまに連絡を取り合う大切な仲間。

 

2年間の活動を充実したものにするために、この訓練期間からしっかりいろんな準備をしておきましょう。

 

派遣前訓練の概要については以下の記事を参考に。

 

それでは今回はこの辺で。