遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

遠藤暁のプロフィール

f:id:satoru54:20190917210242j:plain

 

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

 

この記事では、このブログの運営者であるぼく自身のプロフィールをご紹介していきます。

 

興味あるひともないひとも、気が向いたときに読んでみてください。

 

面白いかどうかは分かりませんが、家族構成や趣味、性格なんかも書いていきますね。

 

 

遠藤暁という人物をザックリと知ってもらうために書いてみようと思います。

 

前置きはこのくらいにして、早速本題に入っていきましょう。

 

 

 

遠藤暁のプロフィール

 

ということで、プロフィールのご紹介。

 

・基本情報

・これまでの人生

・これからの人生

 

こういったことを書いていきます。

 

 

基本情報

 

まずは基本情報から。

 

・名前:遠藤暁(えんどうさとる)

 

・生年月日:1995/05/04

 

・家族構成:兄と妹に両親、計5人家族

 

・出身地:神奈川県横浜市

 

・出身大学:福岡大学

 

・趣味:サッカー、筋トレ、読書、ブログ執筆

 

・性格:好奇心旺盛だけど飽きっぽい、一人の時間がないと無理

 

こんな感じですかね。

 

 

横浜出身ですけど、大学は福岡大学にいきました。

 

高校のサッカー部の顧問の先生が福岡大学出身だったので、そのツテで福大にいってみることにしたんです。

 

街の雰囲気は、横浜よりも福岡のほうが好きですね。

 

・ご飯が美味しい

・ひとが多すぎず快適

・街がキレイ

 

上記の通り、素晴らしい街です。

みなさん一度は福岡に足を運んでみてください。

 

 

あとはとにかく、身体を動かすことが好きです。

 

・サッカー

・野球

・バレーボール

・バドミントン

・筋トレ

 

スポーツなら割となんでもやります。

 

 

興味が湧いたことはとりあえずやってみるようにしていますね。

 

好奇心旺盛ですが、飽きっぽい性格でもある。

 

 

いろんなひとと話すのは好きですが、一人の時間は絶対に欲しいタイプ。

ずっと誰かと一緒にいるのは無理です。

 

ちょっとよくわからない性格かもしれません。

 

 

これまでの人生

 

物心ついたときからサッカーを始め、大学までずっとサッカー一筋の人生を送ってきました。

 

プロサッカー選手になることを夢見ていましたが、結局断念。

 

サッカーを引退してからはあまりやりたいこともなく、普通に就職して普通にサラリーマンになろうかなと思っていたんです。

 

 

でも大学3年次の春休みに青年海外協力隊の短期ボランティアとしてボリビアにいったのをキッカケに、国際協力に興味を持ち始めました。

 

その後大学4年次にもJICA短期ボランティアとしてエチオピアにいき、より国際協力に関心を抱くようになったんです。

 

 

記事執筆現在(2019年9月)は青年海外協力隊の長期ボランティアとして、ボリビアで子どもたちにサッカーを教えています。

 

気づけば協力隊は3回目。

 

・2017年2月〜3月→ボリビア

・2018年2月〜3月→エチオピア

・2018年6月〜2020年6月→ボリビア

 

3回も協力隊を経験するひとはなかなかいません。

  

まぁぼくにとってそれだけ青年海外協力隊が魅力的だということですね。

 

 

これからの人生

 

青年海外協力隊の任期が終わってからも、国際協力に関わり続けていくつもりです。

 

特に関心がある分野は

・難民

・紛争

この2つ。

 

 

エチオピアの難民キャンプにいって『難民』というものを自分の目でリアルでみたときから、難民をなくしたいという思いを持つようになったんです。

 

そして難民が生まれる大きな原因が『紛争』。

 

難民に対する支援もしていきたいなと思う一方、難民が生まれる原因となる紛争を解決していかないと、これからも難民は生まれ続ける。

 

 

だから

難民支援

紛争解決

この2つに対して全力で取り組んでいきたいなと思います。

 

 

 

これから順次追加していきます

f:id:satoru54:20190917210548j:plain



このプロフィール記事に関しては、これから新しいことをやっていくたびに中身を追加していきます。

 

現時点では大したことも書いていませんが、これから面白いプロフィールになっていく予定ですので、お楽しみに。

 

 

それでは今回はこの辺で。