遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

青年海外協力隊の派遣前訓練とは? その実態を徹底的に解説します

f:id:satoru54:20190924231434j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

この記事では

青年海外協力隊の派遣前訓練ってなに?”

 

“なんのために派遣前訓練をやるの?”

 

“具体的にどんなことをするの?”

こういった疑問に答えていきます。

 

青年海外協力隊になるためには必ず受けなければいけない派遣前訓練。

 

・どんなことを

・どれくらいの期間で

・なんのために

・いつやるのか

 

派遣前訓練に関するすべての悩みや疑問を解消していきます。

 

 

ぼく自身、2018年6月から2020年6月まで協力隊をして活動中。

もちろん派遣前訓練を受けました。

 

実際に派遣前訓練を受けたぼくが、徹底的に訓練について説明していきますね。

 

それでは早速本題に入りましょう。

 

 

 

青年海外協力隊の派遣前訓練とは?

f:id:satoru54:20190924232116j:plain

 

青年海外協力隊の派遣前訓練とは、任国に派遣される前に受ける訓練のこと。

 

この派遣前訓練を修了しないと、正式に協力隊として派遣されることはありません。

 

二次選考に合格した場合、必ず受けなければいけないものなんです。

 

 

2つの訓練所

 

JICAが所有している訓練所は

駒ヶ根訓練所(長野県)

・二本松訓練所(福島県

の2つ。

 

派遣国によって、どちらの訓練所で訓練を受けるかが決まります。

 

 

2019年現在、駒ヶ根訓練所は

大洋州

中央アジア

・南アジア

中南米

・アフリカ(フランス語圏)

の国々が訓練をおこなうことになっています。

 

一方の二本松訓練所は

・東南アジア

・東アジア

・アフリカ

・中東

・欧州

中南米

の国々。

 

 

二次選考に合格した段階でどちらの訓練所で訓練をおこなうのかが知らされるので、必ず確認しましょう。

 

ちなみに上記で紹介した派遣国別の訓練所の決まりは、今後変わる可能性は十分にあります。

 

本記事も定期的にリライトしてできるだけ最新の情報を掲載するよう心がけますが、必ず各自でも確認するようにしてください。

 

 

派遣前訓練の期間

 

派遣前訓練は、基本的に70日間程度。

約2ヶ月半ですね。

 

 

訓練の時期は

・1次隊→4月下旬〜7月上旬

・2次隊→9月上旬〜11月下旬

・3次隊→1月上旬〜3月下旬

となっています。

 

隊次によって派遣前訓練の時期は異なるので、自分でしっかりと確認するようにしてください。

 

 

この派遣前訓練が終了してから、順次任国へ派遣されていくという形になります。

 

任国へ派遣されるタイミングは国によってそれぞれ。

 

訓練が終わって2週間ほどで出国する場合もあれば、1ヶ月ほど時間があるケースもあります。

 

いつ任国へ派遣されるのかは訓練期間中に知らされるので、確認するのを忘れないでください。

 

 

派遣前訓練の目的

 

訓練の目的はJICAホームページに掲載されているので、引用させて頂きます。

 

訓練は、海外協力活動を行うために必要な知識を学び、能力と資質を養うことが目的です。

引用:派遣前訓練【一般案件】 | JICA海外協力隊

 

実際に派遣前訓練を受けた身としては、本当にいろんなことをやりましたね。

充実した訓練期間でした。

 

ということでここからは、70日程度の派遣前訓練で具体的にどんなことをやるのかを見ていきましょう。

 

 

派遣前訓練で実際にやること

 

派遣前訓練では具体的にどんなことをやるのか。

こちらもJICAホームページに記載されているので、内容を引用します。

コース 概要・目的
A. 語学 任地で活動するために必要となる言語に関し、自分の考えを伝え、相手の発言を理解するといった、基礎的知識と実践力を身に付ける。
B. JICA海外協力隊の基礎 国際協力に関する基礎的知識を得ると共に、海外協力隊として必要な態度や心構えについて理解を深める。また、海外協力隊経験の活かし方について検討を行う。
C. 活動手法 目標設定や進捗管理等の基礎的知識や、コミュニケーションスキル、現地の状況に応じて専門知識・技術を活用する方法等を学び、協力活動(地域実践)で実際に実践し、結果を踏まえ、学びを更に深めていく。
D. 社会的多様性理解・活用 自分の考えに拘らず、異なる社会・文化を理解・尊重し、また相手にも自国の社会・文化を伝え、異文化社会の中で生活・活動を適切に行っていこうとする姿勢を身につける。
E. 健康管理・安全管理 健康管理や安全管理に関する知識を身に付け、日本と異なる環境の中で、心身の健康や安全に配慮して活動・生活しようとする意識を持つ。
F. 各種オリエンテーション 訓練の概要や規則、派遣に際しての必要な手続きを理解する。また、赴任前に行う各種行事等について理解し、赴任準備を整える。

 

引用:派遣前訓練【一般案件】 | JICA海外協力隊

 

 

上記のように、割といろんなことをやるんですよ。

 

ずっと訓練所内にいるだけじゃなくて、課外活動として外に出てったりもします。

 

 

でも一番時間を割くのは『語学勉強』ですね。

 

やっぱり語学ができないと、現地にいっても活動がスムーズにいかなかったりコミュニケーションが取れなくてイライラしたりしてしまうので。

 

そういったことを防ぐために、訓練所では語学の勉強をみっちりやるんです。

 

とはいえ2ヶ月半程度の勉強でペラペラになるわけではありませんが。

 

でもやらないよりは全然マシ。

 

 

語学勉強を中心として、いろんなことをやるのが青年海外協力隊の派遣前訓練だと理解してください。

 

派遣前訓練(駒ヶ根訓練所)での一日のスケジュールを知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

 

 

派遣取り止めの可能性もある

 

実は青年海外協力隊は、二次選考に合格したからといって必ず任国へいけるわけではありません。

 

場合によっては派遣前訓練の段階で『派遣取り止め』となる可能性もあるんです。

せっかく選考を通ったのに、任国にいけないなんてなったら悲しいですよね。

 

 

ではどんな時に派遣取り止めになるのか。

 

この件に関してもJICAホームページにしっかり記載されているので、そのまま引用します。

ただし語学の成績等、訓練の成果が著しく低い、社会性に欠ける行為が目立つ場合などJICA海外協力隊としての適性が不十分である場合には、派遣を取り止めることがあります。

引用:派遣前訓練【一般案件】 | JICA海外協力隊

  

 

上記によると、以下の場合に『派遣取り止め』となる可能性があるとのこと。

 

①語学の成績等、訓練の成果が著しく低い場合

 

②社会性に欠ける行為が目立つ場合

 

①は特に説明しなくてもわかるとして、②はどんなケースなのか。

 

ぼくも正しくはわかりませんが、例えば

・JICAが定めている規定を守らない

 

・訓練所で設けられている帰寮門限を破る

 

SNS等にJICAの誹謗中傷を書き込む

 

・訓練所周辺の地域住民と揉める

こういったケースでしょうか。

 

まぁ正直②に関しては、明確な基準がないのでわかりづらいです。

 

 

でもしっかりした振る舞いをしていれば特に問題ないので、あまり深く気にしなくて大丈夫ですね。

 

 

 

 

自分のためにたっぷり時間を使える派遣前訓練

f:id:satoru54:20190924232229j:plain

 

というわけで、ここまで青年海外協力隊の派遣前訓練』というものについて見てきました。

 

かなり訓練の概要が理解できたかと思います。

 

・どんなことを

・どれくらいの期間で

・なんのために

・いつやるのか

 

こういったことを、詳しく解説してきました。

 

 

実際に青年海外協力隊の派遣前訓練を受けた身としては、めちゃくちゃ充実した濃い2ヶ月半でしたね。

 

語学勉強に必死になったり、時には同期とスポーツしたり飲みにいったり。

かけがえのない仲間ができたのも、この派遣前訓練です。

 

 

これから訓練を受けるひとたちは、70日間のかなで自分から積極的にいろんなことに取り組んでみてください。

 

そこで得られるものは本当に大きいですから。

 

 

自分のためにたくさんの時間を使える派遣前訓練。

充実した訓練になることを願っています。

 

 

派遣前訓練の持ち物は以下の記事をご参考に。

 

 

この記事が、協力隊に興味のあるひとやこれから派遣前訓練を受けるひとの役に立てば幸いです。

 

 

これから青年海外協力隊に応募しようかなと考えているひとは、青年海外協力隊の要請書の見方青年海外協力隊に応募するために必要な英語力の明確な基準について知っておくといいと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。