遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

青年海外協力隊に応募するために必要な英語力の明確な基準を徹底解説

f:id:satoru54:20190926214238j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

 

本記事では

青年海外協力隊になるために必要な英語力”

について解説していきます。

 

 

青年海外協力隊になりたいけど、英語力に自信がない”

 

“英語めちゃくちゃ苦手なんだけど、それでも青年海外協力隊になれるの?”

 

こういった疑問や悩みを解消していきます。

 

 

この記事を書いているのは、2018年度1次隊として南米のボリビアで活動している現役隊員。

 

実際に協力隊の選考を受けて合格したぼく自身の体験も含めて、青年海外協力隊になるために必要な英語力を徹底的に解説していきます。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

 

 

青年海外協力隊に応募するために必要な英語力の明確な基準

f:id:satoru54:20190926214405j:plain 

青年海外協力隊に応募するために必要な英語力は、実は明確に決められているんです。

 

JICAのホームページにも載っていますので、ここは引用させてもらいますね。

 

一般案件の応募に際し、必要となる語学力は、英語の場合、中学卒業程度(英検3級もしくはTOEIC®スコア330点)に設定しております。この目安は合格後の派遣前訓練において語学力を修得する素地があるかどうかを確認することを目的として設定しています。

引用:https://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/language/

  

となっています。

 

上記の説明から、応募の際に最低限必要な英語力は

・英検3級

・TOEIC330点

と中学卒業程度の英語力。

 

頑張れば誰でも取れる点数ですよね。

 

この部分だけを見ても、協力隊に応募するために必要な英語力はそこまで高くないことがわかると思います。

 

 

また、英検かTOEIC以外にも応募に有効な英語の資格はたくさんある。

 

それらはすべて、JICAが作成している『語学力目安表』というものに記載されているんです。

 

ということでこの『語学力目安表』についてもっと詳しく見ていきましょう。

 

 

JICAが定める語学力目安表

 

JICAが作成している語学力目安表もホームページにしっかり記載されているので、これも引用させてもらいます。

 

コミュニケーション
レベル
英語
A 十分な
コミュニケーションが可能

・英検準1級以上 

国連英検B級以上
TOEFL®550点(CBT 213点、iBT 79点)以上 

・工業英検2級以上
TOEIC®730点(S&W 290点)以上 

日商ビジネス英検1級
・GTEC(4技能 600点、2技能 305点)以上 
ケンブリッジ英検(FCE、CAE/CPE
・CASEC(自宅受験型)750点以上 

・通訳案内業(案内士) 
・IELTS 6.0以上 †ビジネス英検(BEST)グレードB以上
・JICA専門家定期テスト200点以上

†JICA英語検定2級以上
†協力隊シニア語学資格A級

B どんな状況でも適切な
コミュニケーションができる素地を備えている

TOEFL®500点(CBT 173点、iBT 61点)以上 

・工業英検準2級
TOEIC®640点(S&W 260点)以上 

・JICA専門家定期テスト180点以上
・GTEC(4技能 540点、2技能 275点)以上
・CASEC(自宅受験型) 700点以上
・IELTS 5.0以上

C 限られた範囲内での
業務上のコミュニケーションが可能

・英検2級 

国連英検C級
TOEFL®470点(CBT 150点、iBT 52点)以上 

日商ビジネス英検2級
TOEIC®500点(S&W 220点、Bridge 154点)以上 

・商業英検1級 
・GTEC(4技能 450点、2技能 225点)以上

ケンブリッジ英検PET
・CASEC(自宅受験型) 600点以上

†ビジネス英検(BEST)グレードC
・IELTS 4.0以上
・JICA専門家定期テスト150点以上

D 日常会話程度

・英検準2級、3級 

・工業英検3級、4級
TOEFL®410点(CBT 103点、iBT 34点)以上 

日商ビジネス英検3級
TOEIC®330点(Bridge 130点)以上 

・商業英検2級・3級
・GTEC(4技能 340点、2技能 165点)以上
・CASEC(自宅受験型) 450点以上

  • ※GTECは「GTEC Business」および「GTEC Academic」が対象です(自宅受験含む)。
  • †現在実施されていない資格試験

引用: https://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/language/

 

 

応募するために最低限必要なのは、上記の表の『Dレベル』

 

・英検準2級、3級

 

・工業英検3級、4級

 

・TOEFL410点(CBT 103点、iBT34点)以上

 

日商ビジネス英検3級

 

TOEIC 330点(Bridge 130点)以上

 

・商業英検2級、3級

 

・GTEC(4技能 340点、2技能 165点)以上

 

・CASEC(自宅受験型)450点以上

 

上記が青年海外協力隊の応募の際に必要な『最低限の英語力』

 

聞いたこともないような試験もあるので、これから受験するなら

・英検

TOEIC

TOEFL

・GTEC

あたりがオススメですね。

 

 

個人的には圧倒的に『GTEC』をオススメします。

 

自宅でパソコン一台あれば受験できて、めちゃくちゃ気軽に簡単に試験を受けられるので。

 

 

要請によって必要な英語力は違う

 

ここまで青年海外協力隊に応募する際に必要な最低限の英語力を見てきました。

 

英語力のハードルはそこまで高くないことがわかってもらえたかと思います。

 

しかし実は、協力隊の要請内容によっては応募段階でもっと高いレベルの英語力が求められる場合がある。

 

 

最低限の英語力は、上記の語学力目安表の『Dレベル』でした。

 

しかし要請によっては『Aレベル』『Bレベル』の英語力がないと応募できないものもあるんですよ。

 

Aレベルになると

・英検1級以上

 

・TOEIC730点(S&W 290点)以上

 

・TOEFL550点(CBT 213点、iBT 73点)以上

という感じなので、割とハードルは高いですね。

 

 

どの要請でどれくらいの英語力が必要なのかを知りたい方は、こちらの青年海外協力隊の要請表の見方』の記事も合わせてご覧ください。

 

 

とにかく、青年海外協力隊のすべての要請が語学力目安表の『Dレベル』で賄えるわけではないということを理解してください。

 

もっと高いレベルの英語力が必要なケースもあるんです。

 

 

高い英語力が求められるのは英語圏の国

 

高いレベルの英語力が必要なケースもあると言いました。

 

英語に自信がないひとからすると、少し不安を覚えるかもしれません。

 

でも大丈夫。安心してください。

語学力目安表の『Aレベル』や『Bレベル』を求められるのは、基本的に英語圏の国のみ。

 

つまり現地の活動でバリバリ英語を使う場合は、応募の段階で高い英語力が求められるんです。

 

 

まぁ当然といえば当然ですよね。

2年間の活動で英語をたくさん使うなら、最初から英語力の高いひとを選んだ方がいい。

 

でも英語圏以外の国では、高い英語力は求められないのでご安心ください。

 

スペイン語

・フランス語圏

ネパール語シンハラ語

 

こういった国々に応募する場合は、語学力目安表の『Dレベル』、つまり最低限の英語力さえあれば応募することは可能ですよ。

 

“英語力に自信がないけど青年海外協力隊になりたい“

 

そういうひとは、最初から英語圏の国を選ばなければいいだけの話。

 

英語圏以外の国の要請もたくさんあるので、十分応募は可能です。

 

英語ができないからといって、青年海外協力隊を諦めるのはもったいないですよ。

 

 

中学生レベルの英語力があればいい

 

もう一度いっておきますが、青年海外協力隊に応募するために必要な英語力は、中学生レベル。

  

・英検3級

・TOEIC330点

 

ぶっちゃけこれらの点数は、本当に英語が苦手なひとでも一ヶ月くらい真剣に勉強すればクリアできます

 

 

2週間の勉強でTOEIC400点

 

ぼくは青年海外協力隊に応募するための最低限の英語力を身につけるために、TOEICの参考書を買って勉強しました。

 

中学生の頃からめちゃくちゃ英語が苦手だったぼくが、買った参考書でだいたい2週間くらい真剣に勉強したらTOEICで400点を取ることができたんです。

 

しかもその勉強した2週間も、毎日6時間とか7時間も勉強したわけではありません。

一日に2、3時間ですよ、勉強したのは。

 

 

それくらいの勉強量でTOEIC330点はクリアできるということ。

もちろん全員がそういうわけではありません。

 

中にはもっと勉強したほうがいいひともいるでしょう。

 

 

でもぼくの個人的な感覚としては、数週間の勉強で協力隊に応募するために必要な最低限の英語力を身につけられる。

 

本気で勉強するなら2週間

 

のんびり勉強するなら1ヶ月

 

これくらい勉強すれば問題ないはずです。

 

 

特にTOEICの場合、回答はマーク式。

4択の中から正しいものを選ぶわけです。

 

つまりわからなくても勘が当たることもあるんですよ。

 

まぁ勘だけを頼りにするのはオススメできないので、最低でも2週間、できれば1ヶ月は勉強してTOEICに臨んでみてください。

 

ほとんどのひとが合格ライン(TOEIC330点)を達成できるはずですから。

 

 

 

青年海外協力隊になるための英語力のハードルは低い

f:id:satoru54:20190926214623j:plain

 

ここまで読んでくださったひとたちなら、青年海外協力隊に応募するために必要な英語力のハードルは高くないことがわかっていただけたかと思います。

 

英語圏以外の国を選べば

・英検3級

・TOEIC330点

この点数を取れば語学に関しては問題なし。

 

 

どれだけ英語が苦手だとしても、届かないレベルでも絶望するレベルでもありません。

 

1ヶ月ほど本気で努力すれば、絶対に届くレベルです。

 

 

青年海外協力隊になりたいけど、英語力に自信がない”

 

“英語めちゃくちゃ苦手なんだけど、それでも青年海外協力隊になれるの?”

 

 

こういった悩みや疑問に答えるために書いた本記事。

 

少しでも協力隊に興味があるひとの参考になれば幸いです。

 

 

それでは今回はこの辺で。