遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

青年海外協力隊の持ち物リスト これで2年間の協力隊生活も心配なし

f:id:satoru54:20190922234224j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

この記事では

青年海外協力隊の持ち物”

について書いていきます。

 

 

一週間や二週間の旅行とは違い、協力隊は『2年間』海外で生活することになる。

そうなると荷造りは大変です。

 

“なにが必要なんだろう”

 

“忘れ物は絶対にしたくない”

 

“現地でも手に入るものは持っていかなくていい”

 

協力隊として日本を出国するための荷造りほど難しい荷造りはありません。

 

 

そこでこの記事では、現役の協力隊員が

青年海外協力隊の持ち物

について徹底的に紹介していきます。

 

 

これから協力隊として任国に派遣されるひとたちは、ぜひこの記事と一緒に荷造りを進めてみてください。

 

参考になるはずです。

 

 

それでは本題に入っていきましょう。

 

 

 

青年海外協力隊の持ち物リスト【必需品から便利なものまでご紹介】

f:id:satoru54:20190922234642j:plain

 

現地に持っていくべきものをただ羅列しても見づらいので、この記事では以下のカテゴリーに分けてご紹介していきます。

 

①必需品

 

②現地でも調達できるけど日本から持っていくのがベターなもの

 

③必需品ではないけど持っていくと便利なもの

 

④ぼくが全力でオススメするもの

 

上記の順番で見ていきましょう。

 

 

必需品

 

これらは必ず持っていってください。

忘れたら大変なことになります。

 

 

公用旅券(パスポート)

 

海外にいく際は必ず必要。

これを忘れたら出国できません。

 

青年海外協力隊として派遣されるときは、普通のパスポートではなく『公用旅券』と呼ばれる緑色のパスポートを使用します。

 

この公用旅券の取り扱いには十分注意してください。

失くしたり汚したりしたら大変なことになります。

 

 

公用旅券に関する詳しい情報は以下の記事を参考にしてください。

 

 

航空券・Eチケット

 

これも忘れてはいけません。

航空券はJICAが事前に用意してくれます。

 

受け取ったEチケットを忘れないように気をつけましょう。

 

 

任国までの旅程表

 

航空券と同様、日本から任国までの旅程表もJICAから受け取ります。

 

乗り換えの空港の地図などが記載されているので、空港で迷子にならないためにも必ず持っていってください。

 

 

JICAボランティアハンドブック

 

任国についてからもなにかと使う機会がある『ボランティアハンドブック』。

 

これは必ず持っていきましょう。

 

 

JICAや協力隊に関することの多くはこのハンドブックに書かれているので、何かわからないことがあったらとりあえずこれを読むことをオススメします。

 

紙媒体でかさばるのが非常に難点ですが、仕方ありません。

 

もしスキャンしてデータ化できるなら、そうしたほうがいいと思います。

 

というかもう最初からデータで配布して欲しいくらい。

JICAさん、お願いします。

 

 

応募要請書

 

自分の応募要請書も忘れずに持っていってください。

 

現地でこれが必要になるわけではありませんが、活動が行き詰まったときにあらためて要請書を読み返すと

 

“どういった要請で自分が派遣されているのか”

“なにを求められているのか

を確認することができます。

 

紙一枚で収まるので、持っていきましょう。

 

 

派遣合意書

 

これもなにかあったときのために必要です。

 

 

Health & Medical record

 

訓練所で予防接種のときに使用する緑色の冊子。

 

・任国で予防接種を打つ場合

・現地の病院にいくとき

 

上記のケースで必要になります。

 

 

約一ヶ月分の現金

 

任国に到着したら現地の銀行口座を開設します。

 

ですが開設が完了するまでに少し時間がかかるんですよ。

 

 

そのため最初の方は自分で持っていった現金を現地通貨に両替して生活費を賄うことになります。

 

あくまでも目安ですが、5万〜8万円くらいで十分かなと。

 

それぞれの国の物価を考慮して判断してください。

 

 

クレジットカード

 

最低でも2枚は持っていくこと。

 

1枚しかないと、失くしたときや利用限度に達したときに詰みます。

 

特にこだわりがなければVISAのカードを2枚持っていくのがベストですね。

 

 

クレジットカードは

 

申し込み

審査

発行

 

と申し込みから手元に届くまで時間がかかるケースがあるので、余裕を持って申し込みをするようにしてください。

 

 

スーツケース or バックパック

 

スーツケースかバックパックか。

これは個人の好みで決めてください。

 

というかもはや両方持っていってもいいくらいですね。

 

 

日本から出国するために荷造りをしてみるとわかりますが、持ち物はめちゃくちゃ多くなるはず。

 

・大容量のスーツケース

・大容量のバックパック

 

ダブル持ちでも全然いいかなと。

 

 

ちなみにスーツケースは開口部がジッパータイプのものだとナイフなどで簡単に開けられてしまうので、ジッパータイプは避けましょう。

 

 

スーツ & 革靴

 

うざったい持ち物ナンバー1&2。

使用機会は少ないけど必ず持っていかないといけません。

 

フォーマルな服装は現地でのJICAの式典などで必要になります。

 

めちゃくちゃかさばるから最悪ですね。

 

 

常備薬

 

もし常備薬が必要な方は、必ず持っていきましょう。

 

現地で日本の薬なんて手に入りません。

 

 

充電器やコード類

 

スマホやPCの充電器

・変換プラグ

・延長コード

 

こういったものも日本から持っていきましょう。

 

iPhoneの充電器なんかは壊れることも考えられるので、二つか三つくらい持っていくと安心できます。

 

 

外付ハードディスク

 

容量は自分がどれだけ使うかで判断してください。

 

大容量のものを買う余裕があれば、それに越したことはありません。

 

 

USBメモリ

 

コンパクトで持ち運びが楽なので便利です。

 

外付けハードディスクは買わずに容量が大きいUSBメモリだけでも十分かもしれません。

 

ただ失くしやすいので、そこは十分気をつけましょう。

 

 

モバイルバッテリー

 

途上国では停電もよく起こります。

そうなったときに大きな味方になるのが『モバイルバッテリー』

 

停電になって機器の充電ができずにスマホやパソコンの充電がすべて切れてしまったら、めちゃくちゃ不安になるはずです。

 

いざという時のために必ず持っていきましょう。

 

 

防犯グッズ

 

・ワイヤー式で荷物と椅子や扉をくくりつけるもの

 

・カバンのチャック部分をロックするもの

 

いろんなタイプのものを持っていってください。

 

海外は日本よりも盗難やスリに遭う確率が高いので、こういった防犯グッズは必須です。

 

 

現地でも調達できるけど日本から持っていくのがベターなもの

 

続いては、現地でも手に入るけど日本から持っていったほうがいいものをご紹介していきます。

 

 

ノートPC

 

派遣国によっては、ノートPCの入手が難しい国もあるでしょう。

 

仮に現地で購入できるとしても、初期設定の言語が日本語ではないためいろんな設定で苦戦する可能性が高いです。

 

それに壊れやすいかもしれませんしね。

 

 

ノートPCは日本から持っていきましょう。

 

 

SIMフリースマホ

 

SIMフリースマホも現地で買えるかもしれません。

 

でもノートPCと同様、初期設定の言語が日本語ではないため大変な思いをするのは目に見えています。

 

日本で十分安く買えるので、最低でも一台は持っていってください。

 

万が一のことを考えて二台持っていってもいいくらいだと思いますよ。

 

 

衣類全般

 

・Tシャツ

・短パン

・長ズボン

上着

 

こうした衣類は、もちろん現地で買うことも可能。

 

しかし『質』という部分において、現地のものは日本のより劣ります。

 

特に寒い地域に派遣される場合は、ゴアテックス上着や防寒具などは日本で買っていったほうがいいのかなと思いますね。

 

 

日焼け止めや虫除け類

 

現地でも購入可能ですが、やたらと効果が強くてあまり体に良さそうではないものが多いです。

 

ただ海外の蚊には現地の虫除けのほうが効くという話も聞くので、荷物に余裕がない場合は日本から持っていかなくてもいいかもしれません。

 

 

歯ブラシ & 歯磨き粉

 

海外の歯ブラシはサイズが大きくて、細かいところまで磨くのが難しい。

 

日本製の歯ブラシが一番いいです。

 

ぼくは出国前に薬局で歯ブラシを一気に15本まとめ買いして、レジの人に変な目で見られました。

 

 

歯磨き粉も、海外のものは成分が強すぎるという話も聞きます。

 

できれば歯磨き粉も日本から持っていってほうががいいですね。

 

 

薬全般

 

万が一体調を崩したときのために、日本から薬を持っていくことをオススメします。

 

途上国での生活ではお腹を壊す機会が多くなるので、整腸薬や胃薬は持参してください。

 

 

現地にも薬はあるし、むしろ現地の薬のほうが効き目があったりします。

 

でもやはり現地の薬に抵抗を覚えるひともいるでしょうし、自分で薬を買うとなるとどの薬を買えばいいのかわかりませんから。

 

・頭痛薬

・胃薬

・整腸薬

 

最低でもこれくらいは持っていくと安心です。

 

 

ただし『下痢止め』は持っていかないでください。

 

派遣前訓練の講座でもいわれると思いますが、下痢になっても下痢止めは飲まないのが鉄則です。

 

下痢止めを飲んでしまうと、下痢と一緒に体外に出るはずだった菌が体内に残ってしまい症状が悪化してしまうんだそう。

 

なので、下痢止めは持っていかなくていいです。

 

 

身だしなみ整理品

 

・ひげ剃り

・つめ切り

・眉毛を手入れするための道具

 

こういったものも、日本のものの方が扱いやすいですね。

 

 

サングラス

 

・アフリカ

・東南アジア

・南米

 

どこの地域に派遣されるとしても、日差しが強い季節は必ずあります。

 

そんなときに役に立つのが『サングラス』。

 

 

サングラスなんて現地でも買えますが、基本的にめちゃくちゃ安っぽくてUVカットのサングラスなんてありません。

 

日本からUVカットのものを一つ買っていくことをオススメします。

 

 

必需品ではないけど持っていくと便利なもの

 

ここからは、必需品ではないものの現地に持っていくと非常に便利なものたちをご紹介していきます。

 

 

カメラ

 

協力隊としての日々の活動の様子を記録に残すため、写真を撮る機会は多いです。

 

せっかく写真を撮るなら、いい写真を撮りたいですよね。

 

 

そんなひとは、カメラを持っていきましょう。

 

・ひとを中心に撮るのか

・風景を中心に撮るのか

・予算はどれくらい出せるのか

 

条件によって最適なカメラは違いますからね。

 

自分にあったカメラを見つけてください。

 

 

語学の勉強教材

 

現地にいっても活動の合間をぬって語学の勉強をしようと考えるひとは多いです。

 

そういった場合、教材は日本から持っていきましょう。

 

ぼくは現地で使用している言語はスペイン語ですが、英語も勉強したくなるかなと思い英語の教材を日本から持ってきています。

 

もし語学の勉強をしたいなら、自分にあった教材を日本で買って持っていくほうがいいですよ。

 

 

Bluetoothスピーカー

 

家に一人でいるときなどに、音楽を聴いてリラックスするのが好きというひともいることでしょう。

 

イヤホンで聴くよりも、スピーカーで聞いたほうがいいですよね。

 

コンパクトなサイズのものもありますから、荷物に余裕があるなら持っていくのもいいと思います。

 

 

日本の文化紹介道具

 

・箸

・浴衣

・折り紙

 

こういった日本の文化を紹介できる道具が一つや二つあると、意外と役に立ちます。

 

現地のひとたちも、日本の文化を知りたがるかもしれないので。

 

あまり負担にならない程度に持っていくといいでしょう。

 

 

洗濯ロープ

 

洗濯を干す場所がないなら、自分で作ればいい。

 

そんなときに便利なのが『洗濯ロープ』

 

 

一つあれば十分なので、ぜひ持っていってください。

 

 

十徳ナイフ

 

『十徳ナイフ』といわれて、どんなものか想像できますか?

 

VERTEX 20徳ツールナイフケース付

VERTEX 20徳ツールナイフケース付

 

 

こんなやつです。

 

・ハサミ

・栓抜き

・缶切り

・ナイフ

 

こういったものが備え付けられているため、これ一つあればめちゃくちゃ便利です。

 

ただし刃物が含まれているので、飛行機に乗る際は必ず預け荷物に入れてください。

 

機内持ち込みの荷物に入れてしまうと没収されますので。

 

 

ちなみにぼくは任国外旅行の際に間違えて手荷物に入れてしまい、没収されました。

 

悲しいです。

 

 

ぼくが全力でオススメするもの

 

 

さいごは現役隊員であるぼくが全力でオススメするたった二つの持ち物をご紹介します。

 

派遣される国、地域に関わらず、全隊員にオススメです。

 

 

iPad + Apple Pencil

 

iPadApple Pencilの組み合わせは、ハッキリ言って最強です。

 

・文房具が必要なくなる

・書類を全てスキャンできる

 

この2点がメリット。

 

 

途上国だと日本と同じような文房具は手に入りません。

 

でもiPadApple Pencilさえあれば、ノートや文房具の代わりになる。

 

それに訓練所や現地のJICA事務所でのオリエンテーションでもらう大量の書類も、iPadのアプリでスキャンしてデータ化すれば紙の書類を派遣国へ持っていく必要なし。

 

スキャンしてデータ化したものにApple Pencilで書き込むことも可能です。

 

 

とにかく便利すぎるので、iPadApple Pencilの組み合わせは全力でオススメしておきます。

 

 

Kindle Paperwhite

 

協力隊としての2年間のなかで、自由な時間があると読書をする隊員は結構多いです。

 

しかし海外にいると日本の本は手に入りません。

 

 

そこで活躍するのが電子書籍

 

そして電子書籍を読むためにオススメなのがKindle Paperwhite

 

電子書籍Kindle Paperwhiteに関しては下記の参考記事もご覧ください。

 

 

海外で日本の書籍を読むには電子書籍が欠かせません。

 

かさばるものでもないので、Kindle Paperwhiteは持っていきましょう。

 

 

 

余裕を持って荷造りを始めましょう

f:id:satoru54:20190922235248j:plain

 

青年海外協力隊の持ち物は、派遣される国や職種によって少なからず違いがでてきます。

 

最終的に必要なものや不要なものは各自で判断しないといけません。

 

この記事に書かれているものを持っていけば、とりあえず現地で困ることはないと思いますが。

 

 

そして荷造りはかなり時間がかかります。

 

なにが必要で

なにが必要じゃないのか

 

こういった情報収集も含めて、荷造りは早め早めに始めておきましょう。

 

 

青年海外協力隊【派遣前訓練】で必ずやっておくべき6つのことの6つのうち1つは『派遣される際の持ち物の準備』。

 

訓練所にいるときから荷造りは始めたほうがいいです。

 

 

訓練が終わってから出国までの時間は、荷造りに追われるより家族や友人とのんびり過ごす時間をたくさん確保したほうがいいですから。

 

 

ということで、青年海外協力隊の持ち物リストの記事を書きました。

 

これから派遣される隊員さんたちの参考になれば幸いです。

 

 

それでは今回はこの辺で。