遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

青年海外協力隊に関する情報はこうして集めろ リアルな体験記は必ず聞くべき

f:id:satoru54:20190728102918j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

青年海外協力隊2018年度1次隊のサッカー隊員として、南米のボリビアで活動しています。

この記事を読んでいるあなたは、協力隊に興味を持っているはずですね。

 

 

今回の記事は

青年海外協力隊になりたいけど、情報収集の仕方がわからない”

 

“協力隊として海外で活動したいけど、なにから始めればいいのかわからない”

というひとたちに向けての記事。

 

 

青年海外協力隊の情報を、どうやって手に入れればいいのか

 

上記の疑問を、徹底的に解説していきます。

 

 

ちなみにぼくは

・2017年2月〜3月、青年海外協力隊短期ボランティアとしてボリビアに派遣

 

・2018年2月〜3月、同じく短期ボランティアとしてエチオピアに派遣

 

・2018年6月〜2020年6月、青年海外協力隊長期ボランティアとしてボリビアに派遣

と、これまでに3度もJICAボランティアを経験しています。

 

 

そんな協力隊経験豊富なぼくが、協力隊の情報の集め方をご紹介。

これからJICAボランティアに関する情報を集めようと考えているひとの助けになれば、幸いです。

 

 

青年海外協力隊に関する情報収集の仕方 

f:id:satoru54:20190728103015j:plain

 

青年海外協力隊に関する情報収集の仕方について。

まぁネットがこれだけ普及しているので、ググればいくらでも情報は出てくると思います。

 

ですので今回は、ぼくが『いまから協力隊を目指すとしたらどんなやり方で情報収集をするか』を本気で考えてみました。

 

 

ぼくが取る手段は、以下の通りです。

・説明会に参加してみる

 

・JICAのホームページを見る

 

・協力隊経験者に直接会いにいく

 

TwitterFacebookでJICAのアカウントをフォローする

 

・現役隊員のSNSを見つけてわからないことを直接質問する

 

・『JICA海外協力隊の世界日記』を読んで、いろんな現役隊員の活動の様子を知る

順に解説していきます。

 

 

説明会に参加してみる

 

青年海外協力隊を知ってもらうために、JICAはかなり頻繁に説明会やイベントをおこなっています。

 

北は北海道から南は沖縄まで、全国各地で開催されるのでありがたいですね。 

説明会に関する情報はぼくから説明するよりサイトを直接みてもらったほうが早いので、リンクを貼っておきます。

 

☑️JICA説明会ページ

https://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/

 

上記リンクにとんでもらえばわかりますが、説明会は

・会場型

・WEB型

の2種類があるんです。

 

 

実際に会場に足を運んでスタッフの方と直接お話ができるのが会場型。

とはいえWEB型も、画面越しではありますがスタッフさんとお話することは可能なはず。

 

説明会に参加したことはないのでどういった形なのかはわかりませんが、WEB型でも質疑応答くらいはできると思います。

 

一度上記のリンク先を詳しく見てみてください。

 

会場型かWEB型かは、ご自身の都合に合わせて選ぶのが一番ですね。

 

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

 

JICAのホームページを見る

 

これはおそらく誰もがやるであろうこと。

JICAについては、ググればかなりの情報が出てきます。

 

下記のリンク先のページから、さらにまたいろいろなページへのリンクが貼られているので、このサイトを一通り読んでおけば青年海外協力隊に関してある程度のことを理解できるはずです。

 

☑️JICAホームページ

https://www.jica.go.jp/volunteer/

 

 

またJICAの『特設ページ』というものに登録しておけば、説明会に参加できたり募集情報やイベントなどの情報がメールで受信できるとのこと。

 

青年海外協力隊に興味があるなら、登録しておくといいかもしれません。

実際に登録サイトを見てみたところ、登録するために答えないといけない質問が多すぎてちょっとビビりましたが...。

 

 

まぁ登録は強制ではないので、したいひとがしておけばいいですね。

特設ページへの登録はこちらから↓↓

 

☑️特設サイト登録

https://job.axol.jp/hk/c/jicavolunteer/mypage/login

 

 

協力隊経験者に直接会いにいく

 

いまではTwitterFacebookInstagramなどを活用するひとがほとんど。

むしろこれらSNSを使っていないひとなんていないんじゃないかというくらい、みんな利用しています。

 

過去に協力隊を経験したことがあるひとをSNSで見つけて連絡して、直接会ってお話を聞くというのがかなりいい情報収集になるはず。

 

 

もちろん会ってくれるかはわかりませんし、お互いのスケジュールの問題もあるのでなんともいえません。

 

でもしっかりした態度でお願いをして自分の意思を伝えれば、会ってくれるひとはいるはずです。

 

 

別にSNSを活用しなくても、意外と身の回りに青年海外協力隊を経験したことがあるひとっていると思いますよ。

 

高校の同級生もぼくと同じ隊次で協力隊として活動していますし、高校時代のサッカー部の先輩も協力隊員。

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

 

ぼくの超個人的な予想ですけど、『友達の友達の友達』くらいまで探していけば、一人くらいは元協力隊員が見つかるはず。

 

完全なぼくの予想ですが、意外と的確な気がするんですよね...。

 

もし気が向いたら、自分の身の回りの人たちに青年海外協力隊を経験したことある知り合いいない?』と聞きまくってみるのもアリだと思います。

 

 

現役隊員のSNSを見つけてわからないことを直接質問する

 

協力隊の経験者に会いにいくのももちろんいいですが、やっぱり『いま現在協力隊として活動しているひと』の話も聞いておくべきかなと。

 

元協力隊員と現役隊員の両方からいろいろと聞くのがベストかなと思います。

 

両方から話を聞ければ、以前の青年海外協力隊の実態と現在の様子を比較できる。

だからいろんな角度からJICAというものを見れるはずなんですよね。

 

 

しかし、現役隊員には『直接会いにいく』というのはかなり難しい。

少なくとも『現役』という時点で、日本にはいないことが確定しています。

 

ぼくはボリビアにいるので、わざわざ協力隊の話をするためだけにボリビアまで来るひとなんてまずいません。

いたらアホです。

 

逆にもし仮にボリビアまで来たとしたら、いくらでも相談に乗りますが。

まぁあまりにも現実味がなさすぎます。

 

 

なので現役隊員と直接やりとりがしたかったら、SNSでの繋がりになりますね。

SNSを活用している隊員は多いので、そういったひとたちを見つけて直接わからないことを質問しちゃいましょう。

 

メッセージのやりとりくらいなら、基本的にどの隊員さんも応じてくれると思いますよ。

 

ちなみにぼくでよければ、いつでも相談に乗ります。

TwitterのDMで、なんでも聞いてください。

 

☑️筆者のTwitterアカウント

twitter.com

 

 

☑️関連記事 

www.satoruendo.com

 

 

TwitterFacebookでJICAのアカウントをフォローする

 

誰もがSNSを使うようになった時代に、企業や団体もSNSを利用して宣伝したり活動の様子を発信するといったことをしています。

 

JICAもその例外ではありません。

InstagramはJICAのアカウントはありませんが、TwitterFacebookは存在します。

 

☑️JICA Twitterアカウント

twitter.com

 

☑️JICA Facebookアカウント

m.facebook.com

 

これらのアカウントをフォローするくらいなら気軽にできるので、まずはここから情報収集を初めてみてもいいかもしれませんね。

 

 

ちなみにJICAが運営しているInstagramのアカウントはないといいましたが、隊員がInstagramを使っている割合はめちゃくちゃ高いです。

 

 #JICA

 #JOCV

 #青年海外協力隊

 #JICAボランティア

 

こんな感じのハッシュタグで検索すれば、いくらでも協力隊員のアカウントは見つかりますよ。

 

ぜひ一度、検索してみてください。

現地の写真やそれぞれの隊員の活動の様子も見れるので、面白いです。

 

 

『JICA海外協力隊の世界日記』を読んで、いろんな現役隊員の活動の様子を知る

 

情報収集の方法の最後はこちら。

海外で活動している現役隊員が執筆する『JICA海外協力隊の世界日記』というものがあるんです。

 

☑️JICA海外協力隊の世界日記

world-diary.jica.go.jp

 

これは世界各地で現役で活動している隊員たちが

・普段の活動の様子

・任地の街の様子

・現地に関する情報

いろんなことを書いているサイト。

 

 

いろんな職種の隊員が書いていて、それぞれまったく異なる内容になっています。

 

現役の隊員たちが現地でなにを感じて、どんな思いで活動しているのか。

そういったことをイメージするには、『JICA海外協力隊の世界日記』が一番ですね。

 

 

ちなみにぼくもこの世界日記の執筆者の一人です。

記念すべき一記事目を載せておきますので、ぜひ読んでみてください。

 

☑️筆者の世界日記ページ

world-diary.jica.go.jp

 

 

青年海外協力隊の経験者か現役隊員からの情報を大切にしてほしい

f:id:satoru54:20190728103503j:plain

*筆者がJICAボランティアとしてエチオピアを訪れた時の様子

 

ここまで、青年海外協力隊の情報収集の方法をいくつかご紹介してきました。

 個人的に一番大切にしてほしいのは、『協力隊経験者』『現役隊員』からの情報。

 

 

やっぱり『実際にそれを経験したことがあるひと』からの意見は、説得力があるんですよね。

ただ『そのひとの個人的な主観』が入ってしまうのは否めないので、できれば3、4人から情報を仕入れてみてください。

 

そうすると共通点が見えてくるし、大事な部分もハッキリしてくるはず。

 

 

必ず実際の経験者の『体験記』は聞いてみるべきですね。

リアルを知っているひとからの情報は、他では聞けませんから。

 

 

ということで、協力隊に関する情報を集める手段をご紹介してきました。

この記事が、青年海外協力隊の情報収集に困っているひとの役に立てば幸いです。

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com