遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思いなどを発信するブログです。

友達と複数人で旅行するメリットとデメリット 思い出を共有できるのが最大の魅力

この記事をシェアする

f:id:satoru54:20190708050241j:plain
 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

先日、ひとり旅のメリットとデメリットをまとめた記事を書きました。

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

個人的にめちゃくちゃ好きな、ひとり旅。

メリットもデメリットもあるものの、メリットの方が大きいかなと思います。

 

前回はひとり旅のメリットとデメリットを書いたので、今回はひとり旅とは真逆の『複数人での旅行』のメリットとデメリットについて書いていきます。

 

ひとり旅にもメリットとデメリットがあるように、友達との旅行にもメリットとデメリットはあるわけです。

 

どっちの方がいいかどうかは、完全に個人の好みですね。

 

以前に書いたひとり旅の記事と、この複数人での旅行についての記事を両方とも読んでみて、どっちの方が自分に向いているか考えてみてください。

 

それでは本題に入ります。

 

友達と複数人で旅行するメリット

f:id:satoru54:20190708041610j:plain

 

まずは、友達と複数人で旅行することのメリットを見ていきます。

 

具体的なメリットは、以下の通り。

・常に話し相手がいる

 

・感情の共有ができる

 

・いろんな料理を食べられる

 

・犯罪などの不安が軽減される

 

・自分と風景の融合写真が撮りやすい

 

これらのメリットをもっと深く掘り下げていきます。

 

常に話し相手がいる

 

友達と複数人で旅行するメリットの一つ目は、『常に話し相手がいる』ということ。

 

ひとり旅だと、当然ながら話し相手はいません。

一人の時間が好きなぼくにとっては問題ありませんが、寂しがりなひとやお喋りが好きなひとにとっては、なかなかキツイかもしれませんね。

 

飛行機やバスなどの移動時間でも、話し相手がいるだけで楽しめるし退屈しないで済む。

旅行の中身に関する話で盛り上がったり、その旅行の中でどんなことが楽しみなのかを話してみたり。

 

誰かがいれば、会話が成り立って暇つぶしができるんです。

 

この『常に話し相手がいる』というのは、ひとり旅では実現できないもの。

友達と複数人で旅行することの大きなメリットと言えるでしょう。

 

感情の共有ができる

 

友達と複数人で旅行することの2つ目のメリットは、『感情の共有ができる』という点。

 

友達がいれば、絶景を見たときや美味しいご当地グルメを食べたときに、感情を表にだせる。

興奮しても全然恥ずかしくないし、一緒に感情を共有できますよね。

 

でもひとり旅だと、せっかく絶景を見たり美味しいご当地グルメを食べたとしても、心の中で自分で感動するだけ。

 

ぼくがイグアスの滝を見にいったときは青年海外協力隊の同期と一緒にいったので、イグアスの滝を見た瞬間

 

“迫力やばいっすね!”

“これはやばいね〜!”

なんていう会話を、自然としていました。

 

その時に思っている感情を言葉にして誰かと一緒に共有できるというのは、ひとり旅では出来ないこと。

 

やっぱり、『感情の共有』ができた方が楽しいことは間違いありません。

 

そういった意味で、いつでも感情の共有ができるのは、友達と複数人で旅行にいくことの大きなメリットと言えます。

 

いろんな料理を食べられる

 

続いてのメリットは、『いろんな料理が食べられる』という点。

これって実は、意外と盲点な気がします。

 

ひとり旅の場合、レストランで食べてみたい料理がたくさんあったとしても、頼めるのは自分の分だけ。

つまり、一人前。

 

かなり食べれるという人でも、まぁせいぜい2人前が限界でしょう。

 

しかし、例えば4人で旅行している場合。

4人がそれぞれ違う料理を頼んで、それをみんなでシェアしながら食べるということができるんです。

 

つまり、ひとつのレストランで4種類の料理が食べられるんですよね。

 

これって、かなり魅力的。

特にご当地グルメをたくさん食べてみたいと思っているひとにとっては、最高ですよね。

 

ひとり旅だと、たくさんの料理を頼むことは難しい。

 

でも複数人いれば、何種類もの料理を頼んでシェアしながら食べられる。

せっかくの旅行なら、いろんなものを食べてみたいですからね。

 

料理に関してメリットがあるのは、ひとり旅ではなく友達と複数人で旅行した場合です。

 

犯罪などの不安が軽減される

 

複数人での旅行のメリット4つ目は、『犯罪などの不安が軽減される』というもの。

 

海外に旅行へいくとなると誰もが抱えるのが、治安や犯罪面の不安。

 

特にひとり旅の場合、自分の身は自分で守らないとしけないし、やはり犯罪にあう可能性は高くなります。

 

しかし友達と一緒に旅行にいくと、ひとり旅の時よりは犯罪にあう可能性は少なくなるかなと。

4人以上いる場合は、さらにその可能性は低くなると思います。

 

誰かと一緒にいるだけで緊張の糸が解けて、逆に犯罪にあう可能性が高くなるということもあるかもしれません。

 

しかし一人一人がしっかり気をつけておけば、複数人いることで犯罪に巻き込まれる可能性は格段に低くできるはずです。

 

自分と風景の融合写真が撮りやすい

 

複数人で旅行することのメリット、最後はこちら。

『自分と風景の融合写真が撮りやすい』という点。

 

f:id:satoru54:20190708041728j:plain

*この写真に写っているひとは、ぼくではありません

 

こんな感じの写真を撮るのは、自分一人では到底無理。

でも誰かと一緒にいれば、気軽に『ちょっと写真撮って』と頼めるのが素晴らしいところ。

 

風景に自分も写したくても、ひとり旅だとどうしても難しい。 

自撮りにすると自分が圧倒的にメインに写ってしまうし、わざわざ他の観光客に頼むのもめんどくさい。

 

それに、観光客に撮ってもらった写真がイマイチだった場合、もう一度お願いするのも気が引けますよね。

 

友達と旅行していると、その心配はまったくありません。

 

お気に入りの写真が撮れるまでひたすら頼むのもいいでしょうし、いろんな角度から撮って欲しいと注文もできる。

 

ひとり旅だと『自分が写ったいい写真』がなかなか撮れませんが、友達といれば問題なし。

 

写真に関して困らないのは、友達と旅行にいくことの大きなメリットと言えますね。

 

友達と複数人で旅行するデメリット

f:id:satoru54:20190708041828j:plain

 

ここまでたくさんのメリットを紹介してきました。

続いては、友達と一緒に旅行することのデメリットを書いていきます。

 

具体的なデメリットは以下の通り。

 

・自由がない

 

・自分のペースで動けない

 

・現地のひと深く関わらない

 

それぞれを深く掘り下げていきます。

 

自由がない

 

デメリットの一つ目は、自由がないという点。

・どこへ行くか 

 

・どこに泊まるか

 

・なにを食べるか

 

・どういったスケジュールで動くか

こういったことを、自分の意思だけでは決められません。

 

一緒に旅行へいくひとと話し合わないといけないでしょうし、その話し合いの中で自分の意見が通るとは限りません。

 

せっかくの旅行なのに自分が思うような旅程を組めなかったり、いきたいところへいけなかったりすると、もったいないですよね。

 

ひとり旅だと、なにをするにも自分の自由。

旅行先で夜まで飲んで次の日の昼まで爆睡するのも自由だし、逆に朝早くから出かけるのも自由。

 

すべてにおいて自由に行動できるのがひとり旅の最大のメリットだと思っていますが、友達との旅行だと、さすがにすべてを自分の自由にするわけにはいきません。

 

あまり自由がきかないというのは、どうしてもデメリットになってしまいますね。

 

自分のペースで動けない

 

続いてのデメリットは、先ほどの『自由がない』という点と似ています。

友達と一緒だと、『自分のペースで動く』ということができません。

 

・観光名所を周っていて、自分はサクサク進みたいけど友達がずっと写真を撮っていて進めない

 

・ご飯はサクッと食べてすぐに出かけたいけど、友達はのんびりご飯を食べている

 

・やたらと友達がトイレに行きまくって、待ち時間が多い

 

こういったケースは、よくあります。

一回一回のストレスは小さいにしても、旅行中ずっとこれが続くと、かなりのストレスの蓄積になるんですよね。

 

自分のペースで好きなように動き回れないというのは、複数人で旅行にいくと必ず生じる問題です。

 

これは残念ながら、デメリットとなってしまいますね。

 

現地のひとと深く関わらない

 

最後のデメリットはこちら。

『現地のひとと深く関わらない』という点。

 

友達と旅行にいくと、当然ながら友達との会話が圧倒的に多くなります。

もちろんそれはそれでいいですが、せっかくの旅行なんだから現地のひととの会話も楽しめた方がいい。

 

ひとり旅だと、もともと話すひとがいないため、誰かと話したくなったら現地のひとと話すしかないわけですよ。

 

ちょっとバーにいって現地のおっちゃんと飲みながら話すとか、そういったことが気軽にできるのは、ひとり旅ですね。

 

友達と旅行にいっていると、もう友達内で会話は完結してしまいますから。

 

まぁ友達とじっくり話す機会としては素晴らしいかもしれませんが、現地のひとと関わる機会が減ってしまうのは少しもったいないような気もしますね。 

 

友達との複数人での旅行はこんなひとに向いている

f:id:satoru54:20190708041925j:plain

 

ひとり旅ではなく友達との旅行に向いているひとは、以下のような特徴を持っているひとたち。

 

・寂しがり屋

 

・感情を共有したい

 

・いろんなご飯を食べたい

 

・ひとりだといろいろ不安

 

・自分のペースとか気にしない

 

・自分と風景の融合写真が撮りたい

 

こういったひとたちは、友達と一緒に旅行することをオススメします。

 

ひとり旅も友達との旅行も、どっちにもメリットとデメリットは存在します。

どっちが自分にあっているかも、実際に両方経験してみないとわからないですからね。

 

だから個人的には、みなさんにもひとり旅、友達との旅行、両方経験してみて欲しいです。

両方経験して初めて、自分にはどっちの方があっているのか気づけるはずです。

 

ぼくが書いた記事は、参考程度にしてください。

みなさんの実体験の方が、はるかに大切ですから。

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com