遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

ひとり旅のメリットとデメリット 完全な自由を満喫できるのがひとり旅最大の魅力

f:id:satoru54:20190704004949j:plain

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

旅や旅行にいく際、みなさんはどっちを選びますか?

・ひとり旅

・誰かと一緒

どっちの方がいいという正解はありませんし、それぞれに魅力があることは間違いありません。

 

ぼくは今まで、スペインをひとり旅したこともあれば、友達と旅行にいったこともあります。

 

つまり

・ひとり旅のよさ

・誰かと一緒に旅するよさ

これらの両方とも理解しているつもりです。

 

そこで今回は、『ひとり旅のメリットとデメリット』について書いていきます。

 

これからひとり旅をしようと思っているひと、ひとり旅をするか友達との旅行にするか迷っているひとたちは、ぜひ参考にしてください。

 

ひとり旅のメリット

f:id:satoru54:20190704003000j:plain

*ひとり旅でいった、スペインの『トレド』
 

まずはひとり旅のメリットを見ていきます。

 

すべてにおいて自由

 

個人的にひとり旅の最大のメリットだと思っているのが、『すべてにおいて自由である』という点。

 

他人の意思に左右されず、すべてを自分の意思で決められるというのが、ひとり旅の最大の魅力だと思っています。

 

意思決定の自由

 

旅行においては、本当にたくさんの決定事項があります。

・どこにいくか

 

・どこに泊まるか

 

・なにを食べるか

 

・同じ場所にどれくらい滞在するか 

 

こういったものをすべて、自分の意思だけで決められること。

これが、ひとり旅の一番のメリットですね。

 

誰かと旅行にいくと

・どこにいくか

 

・どこに泊まるか

 

・なにを食べるか

 

・同じ場所にどれくらい滞在するか 

これらをいちいち話し合わないといけません。

 

意見が合えばそれでいいですが、違った意見になると面倒ですよね。

話し合ってる時間が一番無駄です。

 

自分が行きたいところにいって、自分が食べたいものを食べて、自分が居たい場所に好きなだけ留まる。

圧倒的な『自由』を感じつつ旅行できるのが、ひとり旅の最大の魅力ですね。

 

☑️関連記事 

www.satoruendo.com

 

お金の使い方も自由

 

行く場所、食べるもの、泊まる場所。

これらを自由に決められるだけでも、十分ストレスフリーです。

 

しかしひとり旅だと、『お金の使い方』も自由ですよね。

 

なににお金をかけて、なににケチるのか。

 

誰かと旅行していてお金の使い道が異なると、ハッキリ言って地獄です。

 

・ホテルなんて寝れれば安くてもいいから、美味しいものやご当地グルメを堪能したい!

 

・食べ物や飲み物はケチるけど、旅の疲れを癒すためにホテルにはお金をかけていいところに泊まりたい!

 

この2人が一緒に旅行したら、途中でケンカになるでしょうね。

 

ひとり旅なら、そんなことも気にする必要はありません。

自分の好きなようにお金を使ったり、節約したりすればいいだけです。

 

お金の使い方が自由というのは、ストレスなく旅行するために意外と大切な部分ですよ。

 

予定変更の自由

 

友達と旅行にいくとなると、あらかじめどこに行くかは決めておく場合が多いですよね。

ひとり旅の場合も、最初から行く場所を決めておくことも多い。

 

でも旅の途中で、いきたい場所が変わったり同じ場所にもっと長く滞在したいと思うことってあるんですよ。

 

そういった『急な予定変更』も、ひとり旅だと誰にも迷惑をかけずにできるんです。

誰かと一緒だと、自分の意思だけで勝手に予定変更はできないですからね。

 

出発日と帰国日も自由

 

ひとり旅だと、『いつ出発していつ帰国するか』も自由に決められます。

極端なことを言えば、明日からいきなりひとり旅にいくこともできるんですよ。

 

出発日が自由なら、もちろん帰国日も自由。

 

片道分の航空券だけ買って、帰りの便は買わずに旅に出るというひとも結構多いですよね。

でも誰かと一緒だったら、帰国日を決めないなんてなかなか難しい。

 

思う存分旅を楽しんで、帰りたくなったときに帰国の便を買って帰ってくる。

そんな自由な旅ができるのも、ひとり旅の醍醐味です。

 

自分のペースで動き回れる

 

続いてのメリットは、自分のペースで動き回れるという点。

自分のペースで動けるかどうかも、ストレスなく旅行する上で大切なポイント。

 

・自分はご飯食べ終わったからもう出かけたいけど、友達はまだご飯を食べている

 

・観光名所を回っていて、自分は早く次に進みたいのに友達がずっと写真撮ってる

 

・友達がやたらとトイレに行きまくる

 

これらもまた、地獄。

自分のペースでサクサク動けたほうが、ストレスが溜まらないに決まっていますよね。

 

自分のペースで動けないのは、一回一回のストレスは小さいにしても、それが積み重なるとかなりのストレスになります。

 

誰にも左右されず自分のペースで動き回れるというのは、間違いなくひとり旅の大きなメリットの一つです。

 

自分でいろいろとやってみる力が身につく

 

ひとり旅の3つ目のメリット。

それは、『自分でいろいろとやってみる力が身につく』という点。

 

誰かと旅行にいくとなると

・宿の手配

 

・航空券の手配

 

・現地での現地人との会話

こういったものを、他人に任せてしまうことってありますよね。

 

しかしひとり旅なら、当たり前ですがすべて自分でやらないといけません。

まぁ宿や航空券の手配は旅行会社に頼めばやってくれますが、基本的にその分値段はかさみます。

 

値段を抑えようと思ったら、必然的に自分ですべて手配するしかないんです。

だからこそ、自分でいろいろとやってみる力が身につく。

 

何度も海外に行ったりひとりで旅行したことがあるひとにとっては、航空券や宿の手配、空港や宿のチェックインなんて朝飯前。

 

しかし世の中には、航空券や宿の手配の仕方がわからないひとや、空港のチェックインのやり方がよくわからないというひとは普通にいます。

 

そういった意味で、ひとり旅をすることで『何でも自分でやる』 という経験が積めるのはかなり大きいと思いますね。

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

いつも誰かに頼ってばかりいるひとも、自分で解決しないといけない状況に追い込まれるわけですから。

 

自分と向き合い、ゆっくり考える時間が取れる

 

ひとり旅の大きな特徴は、当たり前ですが『ひとりでいること』

この『ひとり』というのが、大きなポイント。

 

今の時代インターネットが普及して、スマホ一台あればSNS上で常に誰かと繋がっていられるようになりました。

 

LINEやメールが鳴り止まなかったり、いつ電話がかかってくるか分からないから常に緊張していたり。

 

自分と他の世界の切り離しができなくなってきているんですよね。

常に他の世界と繋がっているのは、もちろんメリットはたくさんあります。

 

でも、ゆっくりと自分と向き合う時間が取れなくなってきているのもまた事実。

個人的には、自分と向き合う時間は本当に大切だと思っています。

 

☑️関連記事

www.satoruendo.com

 

ひとり旅をすると、ゆっくり自分と向き合う時間を確保できる。

海外にひとりで旅に出ると、Wi-Fiがないところではスマホは使えません。

 

だからこそ、自分の目で見たリアルな情報をどんどん吸収していけるし、目の前の世界に集中してのめりこめる。

 

スマホが使えないという状態になると、自然といろんなストレスから解放されていくんですよね。

 

よく『旅で人生が変わった』というひとがいますが、それって今まで見てこなかったものを旅の中で見て、そのことに対してじっくり考える時間があったからだと思うんです。

 

ひとり旅は、自分と向き合ったりいろんなことに思いを巡らせるにはうってつけ。

本当に貴重な時間なんです。

 

ひとり旅のデメリット 

f:id:satoru54:20190704002700j:plain

*ひとり旅でいった、スペインの『アビラ』
 

ここまでひとり旅のメリットを見てきましたが、これからはひとり旅のデメリットを見ていきましょう。

 

メリットもあればデメリットもあるのは当然のことですからね。

 

感情の共有ができない

 

一つ目のひとり旅のデメリットは、 感情の共有ができないこと。

素晴らしい絶景や圧倒的な風景に感動したとしても、自分でただただ感動するだけ。

 

“これすごくない!?”

“最高じゃん!!”

 

こういったセリフを口に出したくなるものの、ひとりだったらさすがに言えません。

誰かと一緒なら、そういった感情の共有もできるんですけどね。

 

ひとりで絶景を見れば見るほど、ちょっと寂しく感じることはあります。

 

美味しい料理を食べた時も、ひとりで心の中で“うめぇ!!”と呟くだけ。

自分の感情を言葉にして、そこから会話が生まれないというのは寂しいですね。

 

やたらといろんな不安が出てくる

 

当然ですが、ひとり旅だといろんな不安が出てきます。

・夜になると外を歩くのが不安

 

・なにか起きたときに頼れるひとがいない 

 

・犯罪に合わないように常に気を張っている 

ただの一例にすぎませんが、ひとりで旅をしているとこうした不安が付きもの。

 

友達と一緒に旅行していれば、それだけ安心感があるのは言うまでもありません。

ひとり旅はリスク管理をすべて自分でやらないといけないため、その部分における負担は大きいですね。

 

ひとり旅の場合、なにが起きてもすべて自己責任になりますから。

 

まぁ逆を言うと、危機管理も含めてすべてを自己でこなせるようになれば、かなり自己管理能力は高まるので、ひとり旅は自己管理能力を高めるいいトレーニングになるかもしれません。

 

写真に自分を写すのが難しい

 

旅行中には、必ずたくさん写真を撮ることになります。

ひとによっては、絶景と自分のコラボの写真を撮りたいというひともいますよね。

 

でもひとり旅だと、風景に自分も写そうとすると

・自撮り

 

・カメラを遠くに置いてタイマーで撮る

 

・そこらへんにいる他の観光客に撮ってもらう

こういった選択肢になってきます。

 

しかし、ぶっちゃけどれも面倒。

自撮りは楽ですが、普通に考えたら自撮りなんて自分がメインで写ってしまいます。

 

友達と旅行していれば、気軽にお互いの写真も撮れるし、撮って欲しい角度なんかの注文もできる。

 

他の観光客に写真を撮る角度を注文したり、何度も撮影をお願いするのは気が引けますからね。 

 

そういった意味で、『写真』に関しては、ひとり旅だと苦労が多いです。

 

ひとり旅はこんなひとに向いている

f:id:satoru54:20190704003417j:plain

*ひとり旅でいった、スペインの『クエンカ』

 

ここまで、ひとり旅のメリットとデメリットをみてきました。

 

最終的に、ひとり旅が向いているのはどんなひとか。

・マイペースなひと

 

・ひとりの時間を確保したいひと

 

・ストレスフリーで旅したいひと

 

・ある程度の自己管理ができるひと

 

・いろいろ自分でやるのが好きなひと

 

・旅を通して自分をじっくり見つめ直したいひと

 

こういったひとたちですね。

もちろんこれらに該当しなくても、ひとり旅をやってみてもいいと思います。

 

個人的には、ひとり旅は大好きです。

圧倒的な自由を感じつつ、旅ができるので。

 

みなさんもぜひ、ひとり旅をしてみてください。

新たな発見や気づきが得られるし、自分自身と向き合ういいキッカケにもなりますよ。

 

 

www.satoruendo.com