遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思いなどを発信するブログです。

日本での『当たり前』や『常識』なんて必要ない 常識に囚われずに生きる

この記事をシェアする

f:id:satoru54:20190616013155j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

日本にいると

“そんなの当たり前だろ”

“それが常識だから”

というような、『当たり前』『常識』といった言葉をよく耳にします。

 

でも海外に出てみると、日本での『当たり前』とか『常識』なんて、まったくといっていいほど当てはまらないんですよね。

 

国によって文化も習慣も宗教も違うから、当たり前なことや常識にも違いがあるのは当然のこと。

 

これから先、日本がもっとグローバル化が進んで世界との繋がりが増えてきたら、日本での『当たり前』とか『常識』なんて、まったく必要なくなっていくと思うんです。

 

なぜ日本での『当たり前』『常識』が必要なくなっていくのか。

 

具体的な理由は

・海外と日本を行き来するひとが増える

・日本にくる外国人が増える

この2つの理由です。

 

もう少し深く掘り下げてみます。

 

海外と日本を行き来するひとが増える

f:id:satoru54:20190616013309j:plain

 

日本での『当たり前』『常識』なんて必要ないという理由の一つ目は、これからどんどん日本と海外を行き来するひとが増えるだろうなと思っているから。

 

日本人でも、日本だけにとどまらず世界のいろんな国へ旅したり仕事でいったり、『日本の外』を経験するひとが増えると思うんです。

 

日本の外に出ていろんな国でそれぞれの国の『違い』を経験すると、日本での『当たり前』『常識』なんて、海外では通じないことに気づくんですよね。

 

海外にはそれぞれの国でそれぞれの『当たり前』『常識』が存在しています。

 

そういったいろんな国での違った『当たり前』『常識』を経験していくと、日本での当たり前や常識なんて、必要ないなと気づくんです。

 

もちろん日本での常識を否定しているというわけではありません。

でも日本での当たり前や常識は、海外では通用しないことなんてよくあること。

 

海外と日本を行き来するひとが増えると、海外での当たり前や常識を日本に持ち込むひとも出てくるでしょう。

 

そうなると、日本での当たり前や常識も徐々に変わってきて、もはや日本での常識なんて必要なくなっていくと思うんですよね。

 

グローバルな視点、世界的な視点を持つと、日本での当たり前や常識が世界では非常識ということだってあるわけです。

 

海外と日本を行き来するひとが増えて、それぞれの国での『当たり前』『常識』も行き来するようになると、日本の中だけでの当たり前や常識なんて、まったく必要なくなるはずです。

 

日本に来る海外のひとが増える

f:id:satoru54:20190616013520j:plain

 

日本のひとたちが海外へ出ていくのと同じように、海外のひとたちが日本に来ることも増えていくと思うんです。

 

それが旅行でなのか仕事でなのかはわかりませんが、これから先は海外のひとが日本に来る機会は増えると勝手に思っています。

 

日本に海外のひとがたくさん来るようになると、日本にいるだけでも『海外の文化』や『海外のひとの特徴』を知ることになるわけです。

 

つまり、日本にいても海外を感じる瞬間、違いを感じる瞬間が増えていくということ。

 

日本にいるだけなら日本の常識だけで通用していた今までの時代から打って変わり、日本にいても日本の常識では通用しない場面が増えていく。

 

日本にいても、日本の常識ではなく海外での常識も必要なときも訪れるはず。

 

日本にいても日本の常識が通用しない場面が増えていくとしたら、もう日本で当たり前のことなんて必要ないと思いますね。

 

国と国の行き来が盛んになり、その国の『常識』なんてなくなる

f:id:satoru54:20190616013704j:plain

 

日本から海外に出ていくひとが増えたり、逆に海外から日本に来るひとが増えたり。

 

こうして人々がいろんな国を行き来するようになると、文化と文化の触れ合いが増えたり、それぞれの国の違いについて知る機会が増えるということ。

 

当然それぞれの国での『当たり前』や『常識』についても同じで、いろんな国での常識を知っていく段階で、自分の国の常識が常識じゃないと感じる瞬間が必ず出てくるんです。

 

だからこそ、『日本の常識なんだからこれに従え』みたいな意見は、圧倒的にダサくなっていきますし、まったく説得力がなくなっていくと思います。

 

海外から来たひとたちに日本の常識を押し付けたところで、彼らは不満を抱くかもしれませんし、納得してくれるとも限りません。

 

お互いの国の常識を理解して受け入れあっていく柔軟性が、これからますます大切になっていくはずですね。

 

国と国の行き来が盛んになってそれぞれの国の『常識』がなくなっていったら、それはそれで面白い世の中になりそうです。

 

自分の国の『当たり前』や『常識』にとらわれないことが大切

 

いろんな国の当たり前や常識が混ざり合うような世の中になっていくとしたら、自分の国の常識だけでなく、他の国の常識も理解して柔軟に受け入れていく姿勢が欠かせません。

 

日本がすべてじゃないですし、世界には他にもたくさんの国がある。

 

国によって文化も習慣も宗教も違えば、それだけ『当たり前なこと』『常識』だって違うの当然のこと。

 

もっと視野を広げて、日本での常識に囚われすぎない姿勢が必要になってくると思います。

 

そのためには、自分から積極的に日本の外に出てみたり、日本にいる海外のひととの交流を増やしてみたり。

 

『異文化』に触れる機会を、自分から積極的に作っていくといいと思います。

 

これからはどんどんグローバル化が進むとか言われていますが、もうこれから日本の常識だけで生きていくことは難しくなっていくはず。

 

いろんな違いを受け入れて理解していく姿勢、自分の中の常識だけじゃなくて、他の国の常識も尊重していく姿勢、そういった姿勢が大切になっていくと思います。

 

ぼくは今のうちからいろんな国へ行って、それぞれの国の当たり前や常識などの『違い』を自分自身で体験して、そういった違いを受け入れる力をもっともっと高めていきます。

 

みなさんもぜひ、今のうちから日本の外に出て普段とは違う環境に飛び込んでみたり、日本にいる海外のひととの交流を増やしてみたりして、当たり前の違いや常識の違いに触れる機会を増やしてみてください。

 

見える世界も変わりますし、いろんな視点を持てるようになりますし、日本での常識なんて必要ないと感じる瞬間が来ると思います。

 

積極的に『異文化』に触れる機会を増やしていきましょう。

 

 

www.satoruendo.com