遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思いなどを発信するブログです。

飛行機やバスでの長距離移動の時間の使い方 長い移動時間を無駄にしない

この記事をシェアする

f:id:satoru54:20190615123040j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。


今までにスペインなどのヨーロッパ、アフリカはエチオピアボリビアやブラジルなどの南米。

いろんな国へ行ったことがあります。

 

移動手段は、当然ながら飛行機。

 

スペインやエチオピアまで行くときは、合計12時間ほど飛行機に乗っていましたし、ボリビアやブラジルに至っては、合計で20時間以上も飛行機に乗っていることになります。

 

また飛行機以外にも、ボリビア国内の都市間の移動は主に長距離バスを使います。

長距離バスの移動も、8時間とか10時間はかかるんですよ。

 

今までに飛行機や長距離バスでの長距離移動をたくさんしてきたので、もう長距離移動には慣れています。

 

もしまだ飛行機や長距離バスでの長距離移動を経験したことがないひとは、これから長距離移動をするときに、どうやって時間を潰せばいいかわからないこともあるでしょう。

 

飛行機や長距離バスでは基本的にWi-Fiはないので、LINEでやり取りしたりTwitterを使ったりもできないのが難点。

 

だからこそ長距離の移動となると、かなり暇をしてしまうことが多いんですよね。

 

そこで今回は、長距離移動のベテランであるぼくが、飛行機や長距離バスでの移動時間の使い方をご紹介します。

 

具体的な時間の使い方は、以下の通り。

・Wordやメモ帳にブログの記事を書く

アマゾンプライムビデオを見る

Kindleで読書をする

・音楽を聴く

・寝る

それぞれ順にみていきましょう。

 

Wordやメモ帳にブログの記事を書く

f:id:satoru54:20190615123419j:plain

 

まず一つ目はこれ。

飛行機やバスでの長時間移動のとき、Wordやメモ帳にブログを書き込むのは、かなりの有効な時間の使い方です。

 

なにを隠そうこの記事も、ボリビアの都市間の長距離バスの車内で、スマホでメモ帳に書き込んでいます。

 

Wordやメモ帳はWi-Fiを必要としないので、飛行機でもバスの中でもいつでも書き込める。

そして書いたものをあとで電波が繋がったときにブログにコピペすれば、もう記事の完成というわけです。

 

ぶっちゃけブログを一記事書くのは2時間程度なので、8時間とかの移動となれば本気を出せば4記事くらいは書けます。

 

でもさすがにそれはシンドイので、一記事書ければ十分です。

 

もちろんブログの執筆だけでなく、Wordで仕事で必要な文書を作成するのもいいでしょうし、Twitterのツイートを140文字でひたすら考えるのもいいでしょう。

 

飛行機やバスでの長距離移動で、Wordやメモ帳を活用してちょっと一仕事するのも気持ちいいですよ。

 

動画配信サービスでドラマや映画を見る

f:id:satoru54:20190616010704j:plain

 

続いてはこちら。

動画配信サービスで、自分の好きなドラマや映画を見るという時間の使い方。

 

飛行機だと自分の座席の前にパネルがあって、そこで映画なんかは観ることができます。

 

でもそもそも自分が観たい作品がなかったり、日本語字幕がなかったり。

 

日本語字幕がない場合、英語や他の言語を理解できないひとは、そもそも見たところで内容を理解できません。

 

でもNetflixHuluアマゾンプライムビデオなどは、映画やドラマをダウンロードできるんです。

 

あらかじめダウンロードしておいた動画は、電波が繋がらない飛行機やバスの中でも観ることができます。

 

この方法なら自分が観たい作品をいつでも観ることができるんですよね。

映画はだいたい一本2時間くらいなので、かなり時間を潰すことができます。

 

動画配信サービスは

Netflix

Hulu

dTV

U-NEXT

アマゾンプライムビデオ

などなど、たくさんあります。

 

それぞれの動画配信サービスの違いに関しては、こちらの記事がめちゃくちゃ参考になりましたので、あわせてご覧ください。

 

どれがおすすめ? 動画配信サービス鉄板9サイト比較、ドラマ・映画・アニメがネットで見放題【2019年最新版】 | アプリオ

 

ぼくはプリズンブレイクとウォーキングデッドは絶対に観たかったので、この2つがあり、なおかつ他のサービスも充実しているアマゾンプライムビデオに入会しました。

 

動画サービスにはそれぞれ良さがあるので、自分に合ったものを見つけてください。

 

飛行機やバスの長距離移動には、この動画サービスは欠かせませんよ。

 

Kindleで読書をする

f:id:satoru54:20190616010829j:plain

 

続いてはこちら。

まとまった移動時間を読書にあてるのは、ぼく個人的にはかなり好きです。

 

その中でもオススメは、Kindleでの読書。

もちろん紙としての本でもいいんですが、ぼくはKindleを強くオススメします。

 

Kindleをオススメする理由は

・かさばらない

・何冊も一気に持ち運べる

この2つに限ります。

 

この2つのメリットが最高すぎるので、圧倒的にKindleがさいこうですね。

 

ぼくはKindleの端末として、Kindle Paperwhiteを使っています。

これもまた最高なので、この記事を一度読んでみてください。

 

www.satoruendo.com

 

Kindleでの読書も、あらかじめWi-Fi環境でダウロードしておけば、飛行機の中やバスの中などの電波がない場所でも読書ができるようになるんです。

 

長時間の移動で読書をすれば、少なくとも一冊くらいは余裕で読めてしまいますね。 

飛行機やバスでの長距離移動で、Kindleでの読書は必須です。

 

音楽を聴く

f:id:satoru54:20190616010936j:plain

 

これは定番中の定番ですが、やっぱり音楽を聴くというのはいい暇つぶしです。

音楽もあらかじめダウンロードしておけば、電波がなくても聴けますからね。

 

自分の好きな音楽を聴いて、リラックスする。

ボーッとする。

 

長い移動時間で思いっきり好きな音楽を聴くのも、楽しい時間ですよ。

 

寝る

f:id:satoru54:20190616011131j:plain

 

さいごはこれ。

長い移動時間を活用して、思いっきり爆睡すること。

 

飛行機の移動の場合、時差を計算して機内で寝たりするのもありですね。 

ぼくはボリビア国内の長距離バスの移動の場合、夜行バスで移動するときはほぼずっと寝ています。

 

夜行バスの長距離移動だと、寝ていれば着くしホテル代も浮くので、ぶっちゃけかなりいい方法だと思っています。

 

ボリビアだけでなく、夜行バスでの長距離移動はかなり便利ですよ。

バスだけでなく飛行機でもそうですか、寝ていたらとにかくあっという間に着きます。

 

長距離移動をすることなんてあらかじめ分かっているでしょうから、飛行機やバスに乗る前はあえて睡眠時間を少なめにして、移動中はひたすら寝るというのも、一つの手段としてはありだと思います。

 

飛行機やバスの長距離移動では、『寝る』というのが一番メジャーな時間の潰し方だと思いますね。

 

飛行機やバスでの長距離移動を快適に過ごす

f:id:satoru54:20190616011224j:plain

 

飛行機やバスでの長時間移動を何度も経験してきたぼくが、長時間移動での時間の使い方をご紹介しました。

 

移動の中で、この記事のどれか一つだけをやるわけではありません。

 

本を読んだり、映画を見たら、音楽を聴きながら寝たり。

いろんなことを組み合わせながら、長時間移動を乗りきります。

 

『移動時間=まとまってなにかができる時間』と捉えれば、無駄にせず少しでもこの移動時間を活用しようと思えるはずです。

 

仕事をするのもいいでしょうし、映画やドラマを見て楽しむのもいいでしょうし、本を読んで勉強するのもいいでしょうし、思いっきり寝るのもいいでしょうし。

 

長時間移動の時間の使い方なんて、いくらでもあります。

自分に合った時間の使い方を、見つけてみてください。

 

自分なりの時間の使い方を見つけられれば、飛行機やバスでの長時間移動も苦ではなくなりますよ。

 

この記事も、少しでも参考になれば幸いです。

 

www.satoruendo.com