遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思いなどを発信するブログです。

新・魔法のコンパス【感想文】 『時代の歩き方』を知ろう

この記事をシェアする

f:id:satoru54:20190526221333p:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

ぼくが読んでみて面白かったと思う本、タメになったと思う本をご紹介するブログ。

今回ご紹介する本はこちら。

 

新・魔法のコンパス (角川文庫)

新・魔法のコンパス (角川文庫)

 

 

キングコング西野亮廣さんが書いた本。

『新・魔法のコンパス』

 

なぜ『新』なのかというと、3年前に『魔法のコンパス』という本をすでに出しているから。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

題名に『新』が入っただけで内容が変わっていないんじゃないかと思ったそこのあなた。

安心してください。似ている内容もあれば、新しい内容もあります。

 

被っている部分もあるのは正直な感想ですが、3年前に書いた本をこうして現代に合わせて書き直したのに『内容が被っている』ということは、3年前からすでに世の中の本質を捉えてそれを言語化していたということ。

 

つまり世の中の本質は、3年前も現在も変わっていない証拠ですね。

どういった思考回路でどうやって世界を見れば、これだけ的確に『本質』を捉えられるのか、不思議でたまりません。

 

ということで早速、この本を読んだ感想をお伝えしていきます。

 

『時代の歩き方』を知れる一冊

f:id:satoru54:20190526204055j:plain

 

今ぼくたちが生きている世界は、めまぐるしいスピードで様々な『変化』が起きています。

ついこの前までは当たり前だったことが今では当たり前じゃなくなっていたり。

 

『常識』『非常識』がどんどん変わっていく時代にぼくたちは生きているんです。

世界のルールは今日も書き換えられて、おかげで、学校で貰ったコンパス(羅針盤)はグルグル回り続けて、いつまでたってもボクらが進むべき道を指さない。

引用:新・魔法のコンパス 西野亮廣

 

学校で教えてもらったことがもう通用しないのなんて、よく考えてみれば当然のこと。

学校に通っていたのなんて何年前の話でしょう。

そんな前の『常識』をあてにしていたって、的外れなのは明らかです。

 

今後もこのハイペースで時代がルールチェンジを繰り返すのならば、「どれだけ時代が変わっても変わらない普遍的なルール」を頭に入れておいたほうが、次のルールチェンジに柔軟に対応できるんじゃないかな?

(中略)

お届けする内容は、「新しいルール」と「普遍的なルール」について。つまり、「時代の歩き方」について。

引用:新・魔法のコンパス 西野亮廣

 

上記の引用文ですべて教えてくれていますが、この本で書かれている「時代の歩き方」を頭に叩き込んでおけば、これから起こる様々な変化にも対応していける身体になる。

そう思わせてくれる一冊となっています。

 

“そんな都合のいい話あるかよ!”

そう疑ってしまうひとは、別に読まなくてもいいんですよ。

ぼくはもうこの本を読んで『普遍的なルール』を手に入れたので、読まないあなたよりの一歩先を進んでいきますから。

 

時代の変化に乗り遅れたくないひとは、必ず読んでおきましょう。

 

それ以外にも普遍的なルールとして

お金は他者に提供した『価値』の対価

自分の『信用面積』を広げる

人は『確認作業』でしか動かない

『人検索』の時代

などなど。

 

それぞれのルールの詳細は、このブログでは書きません。

実際に本を手にとって読んでみてください。

 

新・魔法のコンパス (角川文庫)

新・魔法のコンパス (角川文庫)

 

 

人間は“知らないものを嫌う性質”を持っている

f:id:satoru54:20190526213035j:plain

 

「普遍的なルール」というものの中には、『人間の性質』も含まれています。

人間の性質を知っておくことも大切ですよね。

 

少し長いですが、本文の一部を引用します。

ボクたち人間は、“知らないものを嫌う性質”を持っている。

キミが未来を知ろうとしない限り、キミは未来を嫌い続け、キミは未来を迎えることができない。

これが普遍的なルールの一つだ。

「なんか、よく分からないけど、怪しい」と蓋をしてしまったモノの中に、キミの未来が眠っている。

そこにキミの人生を豊かにする選択肢が眠っている。

「知ること」から逃げちゃダメだ。

引用:新・魔法のコンパス 西野亮廣

 

人間は知らないものを嫌う生き物。

『よく分からないもの=怪しい=嫌い』

こう思ってしまうひとがたくさんいるんですって。

 

でもこの「知らないもの」「よく知ること」が、未来への一歩を踏み出すきっかけとなるんです。

 

例えば、今でこそ知名度が上がってきたクラウドファンディング

2013年に西野さんがクラウドファンディングをやったときは“乞食行為”と叩かれたんだそう。

 

当時はクラウドファンディングなんてあまり知れ渡っていなかった時代なので、それを知らないひとは『怪しい』『嫌い』という感情を抱いてしまったという、典型的な例。

 

“他の人からお金をもらうなんてけしからん!”

というひとも多かったんでしょうね。

 

しかしクラウドファンディングが知れ渡ってからは、多くのひとが夢を叶えるためややりたいことを実現させるためにクラウドファンディングを活用しています。

 

『知ること』によって『叩かれていたもの』『非常識だったもの』も、いとも簡単に『素晴らしいもの』『常識なもの』へと変わっていくんです。

だから『知ること』が本当に大切なんだということを、理解していただけたかと思います。

 

自然と『頑張ろう』と思える一冊 

f:id:satoru54:20190526220253j:plain

 

キングコング西野さんが書いた本はたくさん読んできましたし、ブログも読んでいますし、オンラインサロンに入ってサロン内の記事も読んでいます。

 

個人的に西野さんが好きな理由は、圧倒的にワクワクする物語をみんなに提供している点や頑張っているひとを絶対に見捨てないという姿勢。

 

この本の一番最後の『手紙』を読むと、自然と頑張ろうと思えてくるんですよね。

今回、せっかくこういう形で時間を共有したのだから、いつかお互いの活動報告ができるといいね。

お互いに頑張っていれば、今いる場所よりもずっとずっと先で必ず出会えるから、その夜に、また話をしよう。

もしも道に迷ったら、その時はこの手紙を読み返して、少し休んで、また歩き出してください。

胸を張って話せるようにボクも頑張るから、キミも頑張って。

引用:新・魔法のコンパス 西野亮廣

 

優しさというか、どれだけ自分が結果を出したり成功していても、他人を思いやる気持ちが本当に強いひとなんだなと思います。

自分の背中を押してくれる気がするんですよね。

 

自然と応援したくなるひと。

そういった人間性を兼ね備えているひとが書いた本。

これからの時代を生きていく上で必要な情報が詰まっている本。

 

ちなみに90分ほどで全部読めてしまいます。

サクッと読めるのに内容は充実。

 

みなさんもぜひ、読んでみてください。

読んで後悔はしないと、自信を持って言えます。

 

新・魔法のコンパス (角川文庫)

新・魔法のコンパス (角川文庫)

 

 

 

www.satoruendo.com