遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

自信がないひとが自信をつけるためにやるべきたった1つのこと

f:id:satoru54:20190521233720j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

みなさん『自分に自信がありますか?』と聞かれて“はい”と答えられるでしょうか。

 

“自分に自信がない”

”自信が持てないから思い切ったことがやれない”

 

そういったひとは多いと思います。

もっと自信を持ちたいと感じているけど、どうやったら自信が持てるようになるのか。

 

自意識過剰になるのは良くありませんが、自信がないのもよくない。

 

ある程度自分に自信があった方が、思い切った決断もできるし大きなことを成し遂げられる可能性も高まる。

 

ぼく自身、大学時代に2度のJICA短期ボランティアを経験し、大学卒業後は新卒でJICA長期ボランティアという道を選択しています。

自分に自信がなくて消極的だったら、新卒という肩書きを捨てて青年海外協力隊には慣れていなかったはず。

 

www.satoruendo.com

 

ぼくは『自分に自信があるか』と聞かれたら、“ある”と答えられます。

 

なぜ自信が持てるのか。

自分に自信を持つためにぼくが今までやったきたことは、たった一つだけ。

 

それがこちら。

 

自信を持つために一番大切なことは、自分自身を裏切らないこと。

 

もう少し深く掘り下げていきます。

 

自分との約束を守る

f:id:satoru54:20190521232919j:plain

 

上記のTwitterのツイートにもある通り

“自分で『これをやろう』と思ったことは、絶対にやる”

自信を持つために大切なのは、これに尽きます。

 

自信が持てないひとは、これができない場合が多い。

自分との約束を守れなかったら、自信を持てないのなんて当然です。

 

“言い訳してやらなかった”

“やろうと思ったのにできなかった”

 

自分の約束を破って後悔するのは、自分以外の何者でもありません。

 

しかしなぜ『自分との約束を守ること』が大切なんでしょうか。

 

小さな成功体験を繰り返せる

 

自信を持つためには『成功体験』が欠かせません。

どんな小さなことでもいいから、『出来たこと』『クリアしたこと』を積み重ねていくことが自信につながるんです。

 

そしてこの『小さな成功体験』は、『自分との約束を守ること』で得られるんですよ。 

 

これは本当に小さなこと、些細なことでいい。

 

“明日は早起きしよう”

“明日はブログを書こう”

“今日は30分ジョギングしよう” 

 

こういった小さなことでいいんです。

大事なのは、自分でやろうと決めたことを『実行すること』

 

自分が言ったこと、やろうと思ったことを本当にやっていくことで

“自分が思ったことができた”

“考えているだけじゃなくて実行に移せた”

という『小さな成功体験』が得られるわけです。

 

この『小さな成功体験』の積み重ねが、自分の自信に繋がります。

 

“自分が『やろう』と思ったことはできる”

 

こういった自信を持つには、日頃からの成功体験が欠かせないんです。

 

自分に負けていたら自信なんて持てるわけがない

f:id:satoru54:20190521232150j:plain

 

自信をつけるには『小さな成功体験』を積み重ねることが大切だと言いました。

逆にこの成功体験の積み重ねができなかったら、自信を持つことは難しいでしょう。

 

自分でやろうと思っても、できない。

できない言い訳を探してしまい、結局自分がやろうと思ったことができない。

 

こういった悪循環ができてしまうと、自信が遠ざかってく一方です。

 

もう一度言いますが、自信を持てるかどうかは日頃からどれだけ『小さな成功体験』を積み重ねられるかどうかです。

 

言い訳を探して自分がやりたいことをやらずにいたら、自分に『言い訳を探す自分』という印象がつくだけ。

 

意思の弱い自分も、言い訳を探してしまう自分も、そのまま自分への見方につながる。

 

『自分は日頃から意思固くやろうと思ったことを実行できているか』

『意思が弱くつい言い訳を探してしまってやろうと思ったことができないのか』

 

その答えがわかるのは、他の誰でもない『自分』ですからね。

 

自分の一番の理解者は自分。

自分のことをよくわかっているのも自分。

 

自分の見方をポジティブなものにしていくためには、自分に負けている場合じゃないんです。

『小さな成功体験』を積み重ねていくために、自分に負けないという強い意志を持ちましょう。

 

自信をつけるには強い意志を持つことから始まる

f:id:satoru54:20190521232008j:plain

 

毎日の生活の中で『できた!』という『小さな成功体験』積み重ねていく。

そのために、やろうと決めたことを絶対にやるという強い意思が欠かせません。

 

www.satoruendo.com

 

どんなに些細なことでも小さなことでもいいんです。

大事なのは『これをやろう』と考えたことを頭の中だけで終わらせず、実際に行動に移して『思ったことを行動に移せた』という成功体験を得ること。

 

些細なことでもその積み重ねがやがて大きな自信に繋がっていくんです。


どれだけ『成功体験』を繰り返していけるか。

言い訳を探さない強い意志を持って生活できるかどうか。

 

自信が持てないひとは、『どうせ自分なんて』と最初から弱気でいることがほとんど。

もう弱気になってしまっていることは仕方ないので、そこから状況を改善していかないといけません。

 

弱気な自分でもできそうなことを実行に移して『成功体験』を得て、少しずつ『自分ならできる』という思いを持てるようにしていく。

 

いきなり絶対的な自信を持てるようになんてなりません。

毎日コツコツ『小さな成功体験』を積み重ねて、それがやがて大きな自信に繋がります。

 

みなさんもぜひ、日々の中で成功体験を積み重ねてみてください。

その日々を続けていけば、自然と自分に自信が持てるようになっているはずですから。

 

 

www.satoruendo.com

 

www.satoruendo.com