遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

心を整える【書評】 誰からも信頼される主将の人間性が詰まった一冊

f:id:satoru54:20190521234329j:plain
 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

ぼくが読んでオススメしたい本をご紹介する書評ブログ。

今回みなさんに心から読んで欲しいと思っている本がこちら。

 

 

『心を整える』

 

サッカー日本代表のキャプテンであり、数々のタイトルを獲得してきたひと。

その偉大なキャプテンシーは、サッカー日本代表の他のチームメイトからも絶賛されるほどのものだったとか。

 

そんな偉大なリーダーは、普段からどんなことを考えているのか。

長谷部誠という男が毎日何を大切にしていきているのか。

 

そんなことが書かれた一冊です。

 

サッカーに関することだけが書かれているわけではないので、サッカーにはまったく興味がないひとでも満足できる内容になっています。

 

心を整える。」なんの変哲も無いタイトルなのですが、僕が伝えられることはこれに尽きます。これといった長所もなく、エリートでもない僕がここまで生き残ってこられたスキルと概念です。読んでいただいた方に、何か一つでもヒントや気づきがあれば嬉しいです。

 

うまくメンタルコントロールが出来ないひと、最近心が落ち着かないひと、気持ちの浮き沈みが激しいひと。

そんなひとに、ぜひ読んでもらいたいです。

 

ちなみに長谷部選手がイケメンすぎることがわかるセリフがこちら↓↓

著者の印税は全額、ユニセフを通じて世界の子どもたちの支援のために寄付させていただきます。

引用:心を整える 長谷部誠

 

サッカーが上手いだけでなく、人としても偉大な方。

そんな方が書いた本、内容を少しだけご紹介します。

 

心は強くするものではなく『整える』もの

f:id:satoru54:20190521204258j:plain

 

心とは『メンタル』という言葉に置き換えられますね。

 

よく耳にする言葉

 

“メンタルを強くしよう”

“メンタルが弱いからダメなんだ”

 

心(メンタル)に関しては、『強い』『弱い』で表現されることが多い。

このことに関しては、みなさんにも納得してもらえると思います。

 

しかし長谷部誠さんにとって、心(メンタル)とは『強くするもの』ではなく『調整するもの』『整えるもの』なんだそう。

 

常に安定した心を備えることによって、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスができますし、自分を見失わなくてすみます。

生活のリズム、睡眠、食事、そして練習。日々の生活から、心に有害なことをしないようにしています。ちょっとでも心が乱れたら、自分で整えるようにしているのです。

引用:心を整える 長谷部誠 

 

自分で『整える』

この『整える』という技術を習得すれば、周りの状況に左右されず、自分を見失わず、常に最高のパフォーマンスを発揮できる。

 

パフォーマンスの発揮というのは、もちろんサッカーについてだけではありません。

他のスポーツでもそうでしょうし、なにかの試験でもそうだし仕事の商談や発表会などにも当てはまります。

 

では具体的にどうやって心を整えているのでしょうか。

 

心の整え方

f:id:satoru54:20190521204548j:plain

 

ここからは長谷部誠さんが実際にやっている、心の整え方の具体例を少しだけご紹介します。

 

一人になって心を鎮める30分間

 

長谷部誠さんは、1日の最後に必ず30分、心を鎮める時間を確保している。

ワールドカップに参加していてチームみんなでの行動の時間がどれだけ多くても、1日の最後の『心を鎮める30分』は絶対に確保していたんだそうです。

 

2010年の南アフリカ・ワールドカップ期間中、日本代表が拠点にしていたジョージのホテルには、選手のリフレッシュのために、いろいろな小道具が用意されていた。卓球、ダーツ、テレビゲーム......。(中略)

けれど、僕は何もやらなかった。

それには理由があった。

1日の最後に必ず30分間、心を鎮める時間を作りたかったのだ。

 

ワールドカップで海外にいるとなると、チームメイトと一緒に活動する時間がどうしても長くなる。

そうなると、なかなか自分一人の時間を作れない。

 

だから一日の終わりの30分は、チームメイトとワイワイするのではなく自室に戻って一人で心を鎮めていたとのこと。

 

部屋に戻る。電気をつけたままにして、ベットに横になる。音楽もテレビも消す。そして、目を開けたまま、天井を見つめるようにして、息を整えながら全身の力を抜いていく。

壁の模様を見て、ひたすらボ〜ッとしてもいいし、頭に浮かんできたことについて思考を巡らせてもいい。大事なのはザワザワした心を少しずつ沈静化していくことだった。練習と緊張でざらついた心をメンテナンスしてあげるのだ。

 引用:心を整える 長谷部誠 

 

自室に戻り、自分の世界に入り込む。

心をメンテナンスする。心を整える。

 

ワールドカップの日本代表でキャプテンという重要な立場において、迷いや葛藤があって気持ち的にギリギリの状態で戦っていたんだそうです。

だからこそ、自分の心を鎮める30分間が本当に重要だったんだとか。

 

ぼくも一日の終わりの30分間は、必ず読書をするようにしています。

ベットに横になってボーッとするのではなく本を読むだけでも十分落ち着くので、ぼくはその方法でやっています。

 

みなさんも一日の終わりの30分間、自分の心を落ち着かせてみてください。

 

身の回りの整理整頓は心の掃除

 

心を落ち着かせるためのもう一つの方法として紹介しているのが、身の回りの整理整頓。

 

自分の部屋が散らかっていたら、なかなか落ち着きませんよね。

 

家がめちゃくちゃ汚いのにいつも落ち着いて行動しているひとって、いないような気がします。

 

本書ではドイツのことわざと共に、こう言っています。

ドイツには「整理整頓は、人生の半分である」ということわざがある。日頃から整理整頓を心がけていれば、それが生活や仕事に規律や秩序をもたらす。だから整理整頓は人生の半分と言えるくらい大切なんだ、という意味。このことわざに、ぼくも共感できる。

 

自分の身の回りの整理整頓ができないひとは、自分の心も落ち着かせられない。

つまりそれは、規律や秩序を乱すことにつながるんですよね。

 

心を整えるために、自分の身の回りの整理整頓をしてみるのも一つの方法です。

僕は心がもやもやしたときこそ、身体を動かして整理整頓をしている。心の掃除もかねて。

引用:心を整える 長谷部誠

 

ちなみにぼくは、自分の部屋はかなりキレイです。

散らかっているのが大嫌いで、こまめに掃除するようにしています。

 

なのでこの『整理整頓が大切』という部分に関しては、心の底から共感できましたね。

 

偉大なリーダーの考え方を知れる一冊 

f:id:satoru54:20190521204726j:plain

 

ここまで心を整える方法をいくつかご紹介してきました。

 

でもここで紹介したのはほんの一部。

ぜひみなさんにもこの本を手にとって、隅から隅まで読んで欲しいです。

 

心(メンタル)に関することだけでなく、誰からも信頼される人間になるために必要な要素や成長し続けるために欠かせない心構えなど、多くのヒントが得られる一冊となっています。

 

大学生のときにこの本を買ってから自分の中の意識が変わり、多くの学びを得られた本。

今でも定期的に読み返しています。

 

ぼくが心の底からオススメする一冊。

ぜひみなさんも手にとって読んでみてください。

 

 

 

 

www.satoruendo.com

 

www.satoruendo.com

 

www.satoruendo.com