遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思いなどを発信するブログです。

『量より質』か『質より量』か その答えはもう誰の目にも明らか

この記事をシェアする

f:id:satoru54:20190517092914j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

何かに取り組むときに

量より質か

質より量か

という言葉をよく耳にします。

 

『量より質』が大切だという声もあれば、『質より量』が不可欠だという意見もある。

 

正解なんてないように思えますが、世の中のいろんなものを見ていけば『より大切なもの』は分かってきます。

 

この記事で伝えたいのは、『量』を避けて『質』は求められないということ。

最初から効率よく『質』を求めるひとが多いのですが、ハッキリ言ってそんなの無理です。

 

今回はこの『量より質』『質より量』の2つについて、深掘りしていきます。

 

成功者たちは誰もが『圧倒的な量』をこなしている

f:id:satoru54:20190516203525j:plain

 

世の中のいわゆる『結果を出しているひとたち』をみると、必ずといっていいほど圧倒的な『量』をこなしています。

 

一般人では想像もつかないような量。

睡眠時間を削ってでも取り組む姿勢。

 

これでもかというくらいの量をこなして、結果を出しているんです。

 

 

“圧倒的努力の果てに圧倒的結果を掴み取っている。”

結果を出しているひとの多くは、普通のひとの何倍もの努力をしているんですよね。

 

そしてキングコング西野さんが自身のブログに書いていたこのセリフが、とても印象的でした。

成功を掴む為に向き合わないといけないのは、絶望的な『量』です。
多くの人が『量』から逃げ、『質』に走りますが、残念なことに努力の『質』と『量』は掛け算の関係にあるので、どちらかがゼロだと、答えはゼロです。
そして、これはよく言われていることですが、『量』が『質』を上げてくれるので、『量』はこなさなければなりません。
引用:西野亮廣ブログより

 

全文は下記よりご覧ください。

というか、ぜひみなさんにも読んで欲しいですね。

ameblo.jp

 

努力の量に関するブログも載せておきます。

ameblo.jp

 

これを見るだけでも十分、『量』の大切さがわかるはずです。

 

結果を残してきているひとたちが圧倒的な『量』をこなしているんだから、ぼくのような一般人の凡人は気が狂うような努力をしないと、結果なんて出せないんですよね。

 

それでも『質』が高くて効率のいい方法を探そうとする

f:id:satoru54:20190516205444j:plain

 

しかし世の中には、最初から最後まで『質』を求めるひとが多いなという印象。

ブログの文章にしてもYouTubeの動画にしても、やり始めから質を求めてしまう。

 

別に質を求めることが悪いと言っているわけではありません。

でも万人に共通する『質』が高くて効率のいいものがあったら、誰でも成功するじゃないですか。

 

しかし実際には、圧倒的な結果を出して成功しているひとがいる一方で、成功できないひともいる。

 

成功しているひととしていないひとの差は、『量』である場合がほとんど。

 

 

ブログで月に500万円ほど稼いでいる「マナブさん」。

ブログ連続更新750日くらいですって。

 

もう一度いいます。

『750日連続更新』です。

 

ブログの記事はだいたい2500〜3000文字くらい。

多いときには5000文字を超えることもあります。

 

それを750日間、毎日書いているわけです。

 

世界中を見渡しても、こんなにもブログを書いている人なんてなかなかいません。

ましてや750日間、毎日『連続』で更新。

 

ぼくが時代が令和に変わってから毎日連続更新を始めたのは、マナブさんを真似してみたんです。

でもぼくなんてまだ、連続更新18日目です。

 

750日連続更新がどれだけすごいことか、やってみて改めて実感しています。

 

圧倒的な量をこなすことで、ブログの記事の質も徐々に上がっていく。

ブログに限らず、質が伴ってくるのは『量をこなす』という前提条件があるんです。

 

その前提条件をすっ飛ばして『質がいいもの』を最初から求めるなんて、あまりにも虫が良すぎる。

質を高めるには、まずは『量』をこなさないといけませんね。

 

『質』を求めるなんて当たり前の話

f:id:satoru54:20190516210747p:plain

 

これだけ『量が大事』と言っても

“質も大切に決まっているだろ!”

“量よりも質の方が大事だ!”

という人は必ずいます。

 

質が大切だということはもちろんわかります。

『量』だけをこなせば『必ず結果が出る』なんて言っていません。

 

結果を残すためには『質の高い努力』『圧倒的な量で』こなさないといけません。

でも質に関するノウハウなんて、今ではそこらへんに転がっています。

 

『〇〇の質を高める方法』みたいな本は、これでもかというくらいありますよね。

本屋さんに行くと、「効率の良い努力をしましょうね」という『質』を求めるタイトルがズラり並んでいますが努力の質を追い求めるなんて当たり前の話で、今どき、石を投げれば「ノウハウ」に当たります。

引用:西野亮廣ブログより 

 

“努力の質を追い求めるなんて当たり前の話”

 

誰でもある程度『質』の高いものにアクセスできるようになっている。

だからこそ、他のひとと違いを生み出して結果を出すには圧倒的な『量』が不可欠なんです。

 

みんなが質の高い努力を2時間やっているところ、自分は10時間やる。

『質』で大きな差を生み出すのが難しくなってきているから、他のひとより高いレベルに到達するには『量』が必要。

『量より質か』

『質より量か』

その答えはもう明らかなんです。

 

あとはもう『やるかやらないか』

 

みんなが寝ている間にも、やり続ける。

他のひとが休んでいる間に、自分はやり続ける。

 

結果を出しているひとたちは、自分たちの想像をはるかに超えるような量の努力をしているんです。

 

自分への戒めも込めて、『量より質か、質より量か』に関する記事を書きました。

本気で結果を出したいなら、絶望的な量に挑んでいきましょう。