遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

興味が湧いたらすぐに行動しよう 行動に移せばチャンスは必ず巡ってくる

f:id:satoru54:20190513204711j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

普段の生活のなかで、自分が他のことに『興味』を持つ瞬間は多いと思います。

 

友達からの話を聞いて興味を持ったり、テレビで見たことに興味が湧いたり、SNSで面白そうな情報を見つけたり。

 

・ブログ書いてみようかな

YouTube始めてみようかな

・この本面白そうだから読んでみようかな

 

いろんな情報で溢れかえっているからこそ、こういった『興味・関心』を持つ瞬間は多いんです。

 

でも興味を持ってから、その興味を持ったことを実際に『行動に移すひと』がまだまだ少ないように感じるんですよね。

 

 

"ブログ面白そうだなぁ”

と思ってから

“じゃあブログを書いてみよう”

と行動に移してみるひと。

 

YouTubeって面白いなぁ”

と興味を持ってから

“自分もやってみよう”

と行動に移すひと。

 

“この本面白そうだなぁ”

と思ってから

“じゃあ買って読もう”

と実際に買って読むひと。

 

この『行動に移す』という行為に踏み込めないひとがまだまだ多いという印象。

 

これだけ情報で溢れかえっている世の中だから、自分がその瞬間に持った興味なんて一瞬で他の情報の中に埋もれて終わりです。

 

だからこそ、興味を持ったタイミングですぐに行動に移すこと。

そうすることで、いろんなチャンスを掴める可能性があるんです。

 

興味を持ってすぐに行動に移すとどうなるのか 

f:id:satoru54:20190513204808j:plain

 

実際に『興味を持つ→実行に移す』という一連の流れをおこなうと、結果的にどうなっていくのか。

 

そこを少し掘り下げていきます。

 

自分の『好き嫌い』や『向き不向き』を知れる

 

例えば「ブログ」に興味があったとしましょう。

 

興味はあっても実際に『ブログを開設して記事を書いてみる』という『行動』に移さなかった場合、自分が

 

・ブログ運営に向いているか向いていないか

・ブログで記事を書くことが好きなのか嫌いなのか

 

この『結果』がわかりませんよね。

 

ぼくはブログに興味を持った瞬間にブログを開設して記事を書き始め、いまに至ります。

まだ一年ちょっとしか継続していませんが、少なくともぼくはブログが『好き』です。

 

このように実際に行動に移すことで、自分の好き嫌いが『ハッキリ』分かるんですよ。

 

ただ興味だけがある段階だと、自分がそれを好きなのか嫌いなのかなんて漠然としかわかりません。

 

ブログにしてもYouTubeにしても、自分が行動に移してリアルな経験を得ることで初めて

好き嫌い

向き不向き

が明確になるんです。

 

さらに他のことへと繋がっていく

 

当然ですが、自分の好き嫌いや向き不向きが明確になったらそれが次につながっていきます。

 

ぼくはブログが好きだから

“将来的にブログで稼ぐにはどうすればいいんだろう”

と次の段階へと思考が進むわけです。

 

でも自分でブログで稼ぐための知識を得るのは難しいかなと思い、オンラインサロンに入って勉強しています。

 

peraichi.com

 

こうしてどんどん次の段階へとつながっていくんですよね。

 

 

もしブログを書いてみて

“自分はブログに向いていない” 

と感じたとしても、それがわかっただけでも収穫です。

 

自分が向いていないと感じたリアルな体験を積み重ねていくことも、自己理解を深めるためには大切ですからね。

 

好きなのか嫌いなのか

向いているのか向いていないのか

これらが不明確でぼんやりしているより、明確でハッキリわかっていた方がいい。

 

嫌いだとわかったら、不向きだとわかったら、他に興味があるものをまた行動に移していけばいいんです。

 

興味を持つだけでなく『行動に移す』ことで初めて次に繋がっていくんです。

 

行動しないとなにも始まらない

f:id:satoru54:20190513205022j:plain

 

興味があるだけで、関心があるだけで、実際に行動に移さなかったらなにも始まりません。

ブログ書いてみたい

 

YouTubeやってみたい

 

この本を読んでみたい

 

途上国へ行ってみたい

興味や関心があるのは素晴らしいこと。

でも興味や関心があるだけで止まっていたら、そこから前には進みません。

 

行動に移すことで

好き嫌い

向き不向き

が明確になり、

 

好きならどう深めていくかを考えるようになるし、嫌いならまた他のことにチャレンジすればいい。

向いているならコツコツ続けていけばいいし、向いていないならそのことは忘れて他のことを探せばいい。

 

行動が『新たな興味』へとつながる

 

ぼくが大学生のときにたまたま大学連携のJICA短期ボランティアの話を聞いて、興味を持ったのですぐに応募しました。

 

www.satoruendo.com

 

結果的にその大学連携の短期ボランティアの経験が、いま長期ボランティアをやっているキッカケになっています。

国際協力に興味を持ったキッカケも、この大学連携短期ボランティアがキッカケ。

 

最初に興味を持ったものを行動に移していくことで、そこから新たな興味へとつながることも多いです。

 

ぼくのこのケースだと

大学連携短期ボランティアに興味を持つ

 

→合格してボランティアを経験する

 

→国際協力に興味を持つ

という流れ。

 

最初の大学連携ボランティアへの興味を実際に体験してみることで、『国際協力』という新たな興味が湧いてきたんです。

 

こうして興味を行動に移すことでどんどん新たな興味が湧いてくるので、新しいことにチャレンジできる日々が続いて楽しい毎日を過ごせます。

 

興味を行動に移す

 

→新たな興味が湧いてくる

 

→その興味をまた行動に移す

 

→また新たな興味が湧いてくる

 

→以下無限ループ

 

こうなったら、いろんなチャンスが巡ってきますし毎日楽しく過ごせます。

まずは『興味』を『行動』に移すことですね。

 

興味を持った瞬間を見逃さない

f:id:satoru54:20190513205257j:plain

 

一番大切なのは、興味を持った瞬間を見逃さずにすぐに行動に移せるかどうかです。

 

“あとでやろう”なんて思っていたら、せっかくの興味が薄れてしまったり他の情報で埋め尽くされて思い出せなくなって終わりです。

 

興味が湧いたらそこが始めどき。

その瞬間を見逃さず、行動に移してみてください。

 

いつでも行動に移せる心構えと余裕を持って、毎日を過ごしましょう。

興味を持ったことをすぐに行動に移すクセをつければ、いろんなチャンスが舞い込んでくるはずですから。

 

 

www.satoruendo.com

 

www.satoruendo.com