遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

青年海外協力隊になるために英語や語学力は必要なのか?

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

 

青年海外協力隊に応募しようと思っているひとが気になること。

また、最近よく質問されること。

 

 

それは「応募するにあたって、英語が出来ないとダメですか?」という質問。

 

 

協力隊になるには英語が話せないといけないのか?

最低限できればいいのか?

そもそも「最低限」とはどの程度のことなのか?

 

 

わからないのは当然ですよね。

なので今回は、そのあたりを解説していきたいと思います。

 

f:id:satoru54:20190105040745j:plain


 

要最低限の語学レベル

 

JICAボランティアになるには、行く国に関わらず必要最低限の英語力が要求されます。

その「必要最低限の英語力」とは、JICAが作成している語学力目安表の「Dレベル」のこと。

 

ちなみにJICAの語学力目安表は以下の通り。

 

f:id:satoru54:20190104030243p:plain

 

f:id:satoru54:20190104030518j:plain

 

これのDレベルが必要ということです。

 

そしてほとんどの人が英検TOEICの結果を提出していますね。

すでにそれらを受けていて証明書をもらえるなら、新たにもう一度受ける必要はありません。

 

 

もし英語力を証明する試験を受けたことがないなら、「GTEC」をオススメします。

自宅でパソコン一つあれば受験可能なので、わざわざ試験を受けるために会場に行く必要もなし。

 

この「GTECの受け方」に関する記事は、すぐに書きますね。

 

 

とにかくJICA側が提唱している最低限の語学力は、英検とTOEICを基準に

・英検3級

・TOEIC330点

となっています。

 

 

中学生レベルの英語力なので、そのまでハードルは高くないかと。

 

ちなみにぼくはTOEICを受けて、400点でした(笑)

もしJICAに応募しようと考えている人は、少しは英語の勉強をしておきましょう。

 

 

外もある

 

ただし、当然例外もあります。

 

要請内容によっては、現地でかなりの英語力を求められる場合もあるんです。

そういったものは、英検3級やTOEIC330点じゃ話にならない。

 

 

つまり選考段階でより高い英語レベル、先ほどご紹介したJICAの語学力目安表のAレベルまたはBレベルが要求されることも。

 

Aレベルなんて英検準1級とかTOEIC730点以上とかなので、そこそこハードルは高いかもしれませんね。

 

 

まずはこういった「例外」があることを頭に入れておいてください。

 

そこでみなさんが疑問に思うのは

「要請ごとで必要な語学レベルをどうやって知るのか」

ですよね。

  

ちゃんとご紹介します。

 

要請内容ごとに必要な語学力の知り方

 

紹介すると言っても、特別な方法ではありません。

むしろ「JICAボランティア」を目指していて要請を探していたら、自然と目に入ってきます。

 

ですが念の為紹介しておきますね。

 

JICAボランティアの仕事を探すホームページ↓↓

シゴトを探す【20~39歳の方】 | JICAボランティア

 

ここから自分が興味のある仕事を探してみましょう。

 

 

それぞれの要請内容はこんな感じで出て来ます。

f:id:satoru54:20190105032322p:plain

 

これは2018年度秋募集の内容なので、「募集終了」となっていますが、そこは気にしないでください。

 

 

そして言語レベルを知るために見て欲しいのが、この赤丸をつけた部分。

 

f:id:satoru54:20190105031932j:plain

 

「選考指定言語」という欄。

この要請の場合「英語A」と書かれているので、語学力目安表のAレベルの英語力が必要というわけです。

 

 

他の例もご紹介します。

 

f:id:satoru54:20190105032449j:plain

 

この場合は選考指定言語の欄に「英語B」と記載があるので、語学力目安表のBレベルの英語力が必要ということ。

 

 

ちなみに要請の中にはこの「選考指定言語」の欄に何も記載がない場合もあるんです。

f:id:satoru54:20190105032748p:plain

 

このように何も記載がない要請は、必要な英語レベルは語学力目安表の「Dレベル」ということです。 

 

いちいち「英語D」とは記載されていないので、ご注意ください。

 

 

逆にいうと、高い英語力が求められる場合は必ず「選考指定言語」の欄に「英語A」とか「英語B」という記載があるので 、そこは見落とさないようにしてくださいね。

 

 

 

最終的に「語学力」は必要なのか? 

 

ここまでいろいろ書いてきましたが、結局気になるのは

協力隊に合格するために、語学力は必要なのか?そうじゃないのか?

ということですよね。

 

 

先にいうと、「あって損はない」というレベルですかね。

 

要請内容のなかに「英語A」「英語B」と記載がある場合は、間違いなくそのレベルの語学力は必要でしょう。

 

 

そのレベルの英語力がないと仕事にならないという判断で英語AやBの力が要求されているわけですから。

 

 

もし仮に選考指定言語の欄になんの記載もなく、必要なのがDレベルだったとしても、その語学レベルがなくても大丈夫というわけではありません。

 

 

最低限の語学力はあるに越したことはないでしょう。

JICA側が定めているレベルに達していないのに応募しても、マイナスな印象にしかならないのは当然なので。

 

もし求められているレベルの語学力があるなら、あとは書類の書き方とか自分の意思の伝え方が勝負になってきますね。

 

 

いずれにしても語学力は「あって損はない」ので、自分が応募する内容で求められている語学力は身につけましょう。

 

 

ちなみにぼくはDレベルに満たない英語力で協力隊に合格したという人も知っています。

 

語学力がすべてじゃありませんね、、、。

 

 

ではまた!!