遠藤暁のブログ

青年海外協力隊に関することを中心に、海外で感じたことや自分の思い、サッカーについてなどを発信するブログです。

ボリビアの国内移動は長距離バス一択! 格安でボリビア国内を移動しよう

f:id:satoru54:20190510103804j:plain

 

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

 

ボリビアへの旅行を考えているみなさん。

日本からボリビアに来る場合、往復の航空券だけでもかなりの値段がしますよね。

 

もしくはバックパッカーとして世界中を旅して回っているみなさん。

世界を旅している間は、節約できるものは節約したいですよね。

 

こういった理由から、ボリビアの国内移動は出来るだけ安く済ませたいという人も多いはず。

 

旅行の際は、節約できる部分は節約してお金を浮かせたいと思うのは当然のこと。

 

そこで今回は、ボリビア青年海外協力隊として活動する現地在住者が、国内を安く移動する手段をご紹介します。

 

ぜひ参考にしてください。

 

ボリビア国内の主な移動手段

 

ボリビア国内を移動するとなると、その移動手段は基本的に

 

・飛行機

・長距離バス

 

の2択になります。

 

それぞれの移動手段のメリットとデメリット、2つの値段の比較を見ていきましょう。

 

飛行機

f:id:satoru54:20190505062634j:plain

 

まず1つ目の移動手段はこれ。

長距離移動といえば真っ先に思い浮かぶのが「飛行機」ですよね。

  

ぼくは日本にいたときも国内移動でかなり飛行機を使っていました。

もう搭乗手続きに慣れすぎて、空港についてから搭乗までめちゃくちゃスムーズにこなしてましたよ。

 

飛行機のメリットとしては、なんといっても目的地まで早く着くこと。

 

例えばぼくが活動しているボリビアコチャバンバという街から国際空港があるラパスという街まで、飛行機だと45分ほどで着いてしまいます。

 

離陸して機内サービス終わったらもう着陸という感じ。

もはや寝る暇もないくらい一瞬で到着します。

 

ボリビア国内の移動で飛行機を使えば、2時間あればどこでも行けると思ってください。

 

たたし飛行機のデメリットとしては、長距離バスよりも圧倒的にコストがかかること。

ぼくがいるコチャバンバから国際空港があるラパスまでは、片道約300Bs(約5000円)くらいです。

 

この値段が安いと思うか高いと思うかは、後ほど紹介する長距離バスの値段を見てから判断してください。

 

結局飛行機の場合は「高いけど早く着く」という理解が一番だと思います。

 

長距離バス

f:id:satoru54:20190505065127j:plain

 

飛行機以外でボリビア国内を移動するとなると、他に考えられる手段は「長距離バス」。 

これが飛行機と比べるとビックリするくらい安いんですよ。

  

先ほどコチャバンバからラパスの飛行機が片道約300Bs(約5000円)といいましたよね。

長距離バスはなんと、片道約40Bs(約680円)。

 

これで飛行機の片道約300Bs(約5000円)も、高く感じるはずです。

長距離バスの方が、圧倒的にコスパがいい。

 

しかしお金は安く済む分、犠牲にしなければならないものもあるわけです。

それは「時間」

 

コチャバンバからラパスまで飛行機だと45分ほどですが、長距離バスだと軽く8時間はかかります。

道が混んでいたら10時間ほどかかる可能性があるということも頭に入れておいてください。

 

飛行機は

『高いけど早く着く』

なら

 

長距離バスは

『安いけど時間がかかる』

という理解になりますね。

 

長距離バスのチケットを安く買う方法

f:id:satoru54:20190510101057j:plain

 

このボリビア国内の長距離バスは、安く買う方法があるんです。

それは、移動する日の当日にチケットを買うこと。

 

ネットでも買うことは可能なんですが、当日に買うよりは高いです。

先ほどコチャバンバからラパスは長距離バスだと約40Bs(約680円)と書きましたが、これは当日にチケットを買った場合の値段です。

 

ネットで事前に買おうとすると、80Bs(1360円)くらいかかることもあります。

 

ちなみに、出発時間ギリギリのバスのチケットほど安いです

まぁこれは当然と言えば当然ですよね。

 

バス会社からしたら空席がたくさんある状態でバスを出発させるより、チケットの値段を安くしてでも満席で出発した方が儲かりますから。

 

そのため、出発ギリギリのチケットだと格安で売ってくれるんです。

 

 

しかし心配性のみなさんは

「当日に行ってチケットが全部売り切れてたらどうするの」

って思いますよね。

 

大丈夫です。 

基本的に土日の移動を避けて平日の移動を心がけてもらえれば、バスの座席が満席になるなんてことはほぼありません。

 

それにバス会社もかなりたくさんあるので、いろんな会社を探せば空いてるバスを見つけることは可能です。

 

観光シーズンにウユニの街へ行くバス(特に雨季の1月〜3月)や、逆にウユニから国際空港があるラパスへ帰るバスなら満員になってチケットが売り切れる可能性はあるかもしれません。

 

www.satoruendo.com

 

しかし他の都市間の移動や観光シーズン以外なら、当日でもチケットは買えると思ってください。

 

そもそも都市間の移動はあまりしないのがボリビア人なので、すべてのバス会社が満席になる心配はありません。 

 

国内移動を安く済ませるなら、長距離バス一択 

f:id:satoru54:20190510102828j:plain

 

飛行機と長距離バスの比較でしたが、圧倒的に長距離バスが安いことがわかってもらえたのではないでしょうか。

 

しかしもっと安く済ませたいからといって、間違ってもボリビアヒッチハイクなんてやらないでくださいね。 

 

南米の中でも治安はいい方だと言われているボリビアですが、どんな危険があるかわからないので、ヒッチハイクは禁止です。

 

そこは、お金で安全を買いましょう。

 

“お金に余裕があってサクッと移動したい”という人は、飛行機の移動が最適です。

しかし“できるだけお金を節約したい”という人には、長距離バス一択になりますね。

 

長距離バスを使いこなして、ボリビア国内旅行を格安で済ませましょう。

 

ボリビアを旅行する際の参考になれば幸いです。

 

ボリビアの治安に関して

f:id:satoru54:20190522212203j:plain

 

ボリビアへ旅行する際、気になるのが治安情報。

先日ボリビアに関する記事を原さんのブログへ寄稿したので、こちらもぜひ読んでみてください。

 

www.kantahara.com

 

ボリビア在住者として、かなり詳しく解説しました。

これからボリビアへの旅行を考えているひとの参考になれば嬉しいです。

 

www.satoruendo.com