遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

長距離バスを使いこなせ!! ボリビア国内移動を安く済ませる方法

こんにちは。

遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

先日ちょっとした用事のために、任地であるコチャバンバからラパスに行っていました。

 

 

ボリビア国内を移動するとなると、その移動手段は基本的に

・飛行機

・長距離バス

の2択になります。

 

 

JICAボランティアとしての公務の活動ならJICAから飛行機が手配されて飛行機での移動になるんですが、今回は私用での移動だったので自腹で移動手段を確保しなければなりません。

 

 

新卒で1次隊のぼくにとって致命的なのは、なんといってもお金がないこと。

できるだけお金をかけずに移動したい。

 

 

バックパッカーとして世界中を旅している人なんかも、移動手段はできるだけ安く済ませたいと思っているのではないでしょうか。

 

そこで今回はボリビア国内の移動手段を紹介するとともに、安く済ませる方法をご紹介します。

 

 

f:id:satoru54:20181130014219j:plain

 

 

行機

f:id:satoru54:20181128215005j:plain

まず1つ目の移動手段はこれ。

 

長距離移動といえば真っ先に思い浮かぶのが「飛行機」ですよね。

 

 

ぼくは日本にいたときも国内移動でかなり飛行機を使っていました。

 

 

もう搭乗手続きに慣れすぎて、空港についてから搭乗までめちゃくちゃスムーズにこなしてましたよ。

 

飛行機のメリットとしては、なんといっても目的地まで早く着くこと。

 

今回の例でいくと、コチャバンバからラパスまで45分くらいで着いちゃいます。

 

離陸して機内サービス終わったらもう着陸って感じ(笑)

もはや寝る暇もないくらい一瞬で到着します。

 

 

ボリビア国内の移動で飛行機を使えば、2時間あればどこでも行けますね。

 

 

たたしデメリットとしては、やっぱり値段が高いこと。

 

コチャバンバからラパスは片道約300Bs(約5000円)くらい。

 

 

「え、十分安いじゃん」

と思ったそこのあなた。

 

 

確かに社会人でバリバリ仕事しててしっかり稼いでる人にとっては安く感じるかもしれませんが、新卒で且つ1次隊で貯金ほぼゼロでここボリビアに乗り込んできたぼくにとっては、往復1万円が安いだなんて言えません!!

 

それに旅人にとっても交通費で5000円の出費は痛いはず。

 

今回は新卒と旅人目線で話をさせてくださいね(笑)

 

 

結局飛行機の場合は

「高いけど早く着く」

という理解が一番だと思います。

 

 

 

距離バス

 

 

続いてはこれ。

 

貧乏な新卒スポーツ隊員のお財布にとっても優しいのが、「長距離バス」。 

これが飛行機と比べるとビックリするくらい安いんですよ。

 

 

先ほどコチャバンバからラパスの飛行機が片道300Bsと言いましたよね。

長距離バスはなんと、片道40Bs(680円)

 

安すぎ。

 

ちなみにネットなどで見るともう少し高い場合があります。

80Bsとかすることもあるっぽい。

 

 

ではなぜぼくはこんなに安く乗れたのか。

ちょっとした裏技があるんです。

 

それは、バスターミナルで出発時間ギリギリのバスのチケットを買うこと

 

 

ぼくなんて10時30分にバスターミナルに着いて11時発のバスのチケット買おうとしたら、窓口の人が

「まだ10時30分発のバスの座席残ってるよ」

って言ってきて、いくらか訊ねたら40Bs(680円)で乗れたんです。

 

まぁ時間通りに出発しないんかいっていうツッコミは一旦置いておきましょう。

 

 

バス会社側からすると、一人でも多くのひとを乗せて出発した方が利益が出ますよね。

だから、出発ギリギリのチケットだと格安で売ってくれるんです。

 

 

逆に出発の1週間前とかにあらかじめチケットを買っておこうとすると、高い値段でしか買えません。

 

なぜか。

ボリビアの人って普通に予約していたものをキャンセルしたりするんですよ。

 

バス会社は予約で埋まっていたバスが出発の前日にキャンセルが出てスカスカになっちゃう、なんていう事態を避けたいので、1度買ったらキャンセルさせないように1週間前に買うような人には高く売るんだそう。

 

 

キャンセルする場合のキャンセル料とかがどうなっているのかなど詳しくはわかりませんが、とにかく安く済ませたいなら事前に予約せずに、当日にバスターミナルでチケットを購入してください。

 

 

 

しかし心配性のみなさんは

「当日に行ってチケットが全部売り切れてたらどうするの」

って思うでしょう。

 

 

基本的に土日の移動を避けて平日の移動を心がけてもらえれば、バスの座席が満席になるなんてことはほぼありません。

 

それにバス会社もかなりたくさんあるので、いろんな会社を探せば空いてるバスを見つけることは可能です。

 

 

ぼくはコチャバンバからラパスに行くのは金曜日の午前、ラパスからコチャバンバに帰るのは日曜日の午後でしたが、バスターミナルに行って10秒でチケット見つけました。これはマジです。

 

 

そもそもバスターミナルの前に、日本でいう居酒屋のキャッチみたいな人がたくさんいて

「ラパスラパス〜」

コチャバンバコチャバンバ〜」

って目的地を連呼してます。

 

 

行きたい目的地を連呼してる人に声かければ窓口まで連れて行ってくれて、チケット購入して終わり。

 

マジで10秒で買えます。

 

 

 

これだけ安くチケットが買えるならバスでもいいかなと思った人に、デメリットも伝えておかなくてはいけません。

 

とはいえ誰もが予想できるデメリットですが。

 

 

それは、飛行機より圧倒的に時間がかかること。

コチャバンバからラパスは飛行機だと45分ほどで着きますが、バスだと8時間かかります。

 

まぁ寝てれば一瞬で着きますけどね。

 

 

デメリットといえば時間がかかることくらい。

他のデメリットは見つかりません。

 

 

 

いごに

 

飛行機と長距離バスの比較でしたが、圧倒的に長距離バスが安いことがわかってもらえたのではないでしょうか。

 

 

お金に余裕があってサクッと移動したいという人は、飛行機の移動が最適でしょう。

 

しかしできるだけお金を節約したいという人には、長距離バス一択になりますね。

 

 

長距離バスを使いこなして、ボリビア国内旅行を格安で済ませましょう。