遠藤暁のブログ

青年海外協力隊

学生のうちにやっておくべき3つのこと

こんにちは。

遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

先日出身大学のとある講義にゲスト出演させていただきました。

ちなみに出身は福岡大学

 

懐かしいなぁ福岡。

めちゃくちゃ好きな街です。

 

 

 

さて、学生に対して講義をしたことで自分の大学生活に思いを巡らせました。

サッカーに打ち込んだし、2回もJICAの短期ボランティアいったし、スペイン留学もいったし。

 

思い返すといろんなことをやったなと思います。

 

そこで今回は、「学生のうちにやっておくべき3つのこと」をご紹介します。

完全なるぼくの独断ですが、最後までお付き合いください。

 

 

f:id:satoru54:20181103091439j:plain

 

海外にいく

 

まず1つ目はこれ。

学生のみなさん、海外へいきましょう

 

2泊3日の旅行とかじゃなくて、できれば1週間くらいは滞在して欲しいなと。

 

 

ぼくは大学時代に

 

・ブラジル

ボリビア

・スペイン

・フランス

・スイス

・イタリア

インドネシア

エチオピア

 

にいきました。

 

 

そのうちボリビアエチオピアはJICAの短期ボランティア。

学生時代に2回もJICAボランティアをやるって、なかなかの変人だと思います。

 

 

で、なぜ海外に行ったほうがいいのか。

それは日本での「固定概念」がどんどん壊されていくからです。

 

・日本での常識

・日本だと当たり前なこと

 

これらが一歩日本の外に出るともう通用しなくなる。

 

 

いろんな国にいって、その国での常識を自分の目で見て・自分の肌で直接感じて欲しいんですよね。

 

 

だって考えてもみてください。

日本なんて世界193ヶ国あるうちのつですよ?

f:id:satoru54:20181103065107j:plain

世界地図で見ると日本ってこんなに小さいんですよ?

どこにあるのかわかんないくらい。

 

 

そんな小さな国での常識だけで生きていくなんて、つまんないじゃないですか。

最初から「大学卒業したら日本で就職」って考えるのはもったいない。

 

 

学生って海外にいく時間を確保しやすいし、頑張ればお金も貯められる。

 

それなら

未知の場所にいって

異文化に触れて

様々な常識を知って

その中で自分がやりたいことを見つけて欲しいんです。

 

 

たくさんの常識を知ることで物事をいろんな角度から見れるようになるし、いろんな立場から考えられるようになる。

 

そうすることで自分のアイディアの幅も広がって、人生楽しくなる。

 

 

ただ座って講義を受けるだけじゃなくて、自分の足でほかの国を歩き回るという勉強もしてみましょう。

 

 

自分に投資する

 

2つ目はこれ。

学生のうちから「自分に投資するクセ」をつけましょう。

 

要するに自分のために使う時間をしっかり確保しましょうということです。

「自分の価値を高める」って言ってもいいかもしれません。

 

 

ぼくがもしもう一度学生に戻るなら、

 

・本読みまくる

・ブログやnoteで文章を書く

SNSで発信しまくる

 

こういったことをしますね。

 

 

アルバイトしてお金稼いで友達と飲み歩く。

高い服を買う。

風俗行く(男子限定)。

 

 

これらのことを否定するわけじゃありませんし、遊ぶことも大切なのは理解しています。

だって楽しいですから。

 

 

でも1日1時間、いや30分でもいいから、もっと自分のためになることに時間を使いませんか?

 

仮に毎日1時間自分のために使えたら、1ヶ月で30時間。

 

 

30時間あったら、本10冊くらい読めますよ。

ブログ記事20本くらいかけますよ。

 

 

こうやって「自分に時間を使うこと」に、学生のうちから慣れておいたほうがいいです。

社会人になってから改めて自分に投資する習慣をつけようと思っても、忙しかったりしてなかなか難しいはず。

 

ぼくは学生のとき、授業中寝ていたこともありましたし昼寝しまくったこともありました。

でも今思い返すと、もう少し有効的な時間の使い方ができたんじゃないかなと反省しています。

 

 

学生のときから習慣づけておけば、社会に出てからも継続できるはず。

有意義な学生生活を送りましょう。

 

 

 

いろんな人に会いにいく

 

最後はこれ。

「学生」という身分を活かして、いろんなひとに会いにいくべきです。

 

 

ぼくはこの手段を使わなかったのをめちゃくちゃ後悔しています。

SNSなんかで面白そうなひととか話してみたいひとがいたら、連絡して会いにいっちゃいましょう。

 

 

もちろんそのひとがあってくれるかはわかりませんが、「学生」という立場だとかなりの確率で会ってくれると思うんですよね。

 

もしぼくが学生に「直接会って話してみたいです!」っていわれたら、断りません。

残念ながらいまの段階でそういうお誘いはありませんが。

 

 

もちろんお願いするときは最低限の礼儀は守るべきですし、たとえ会ってくれなくても「なんだよケチ」だなんて思わないでください。

 

そのひとにだって事情はあるわけですから。

 

 

でももし自分が本当に会ってみたいひとがいたら、まずは連絡してみるべき。

 

直接会うのは難しくてもSkypeなりいろんな連絡手段はあるので、話ができる可能性はそんなに低くないんじゃないかと。

 

 

当然会うからにはそのひとから何かを学ぶ必要がありますし、その人にとっても有意義な時間にするように心がけるのは大切です。

 

 

 

いろんなひとにあって、面白い話をたくさん聞いてみるのも面白いと思いますよ。

 

 

 

最後に

 

学生のうちにやっておくべきこと。

 

・海外にいく

・自分に投資する

・いろんな人に会いにいく

 

 

完全なぼくの独断ですが、これらはやっておいて損はないはず。

 

学生のうちにいろんな経験をして、自分の価値を高めておきましょう。

社会人になる前に日本の固定概念を壊したり「違い」を受け入れる力、自分に投資する習慣をつけておけば、今後の人生が豊かになることは間違いありません。

 

 

貴重な学生生活、有意義に過ごしましょう。 

 

ではまた!!