遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

【青年海外協力隊】これだけは持っていけ!隊員にオススメする5つの持ち物

こんにちは。

遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

 

 

協力隊として任地に派遣される前に全員がぶつかるのが「荷造り」という壁。

 

ぼくが実際にボリビアにくるときにも、荷造りで苦戦したのを覚えています。

 

・日本から持っていくべきもの

・現地でも調達できるけど日本から持っていった方がいいもの

・現地で買えばいいもの

 

この辺の判断が難しい。

 

 

それぞれの国でピンポイントで必要な荷物は、実際にその場所に派遣されている、もしくはされていた隊員さんに聞くのが1番。

 

 

アフリカの村に派遣される人が、東南アジアの都市部に派遣される人の荷物を参考にしたところでそこまで意味があるとは思えません。

 

 

そこでこの記事では「すべての隊員にオススメする持ち物」をご紹介します。

個人的なこだわりとか派遣される街の様子なんかは一切考えず、全隊員にオススメしたいもの。

 

 

ぜひ参考にしてください。

 

f:id:satoru54:20181028003518j:plain

 

 

 

iPadApple Pencil

 

まず1つ目はこれ。

iPadApple Pencil」

 

「いやいや、1つじゃないやん!」って思った人もいるでしょう。

 

違うんです。

これらは2つで1つなんです。

2つセットで使うからこそ、最高のパフォーマンスを発揮するんですよ。

 

 

どんな利点があるのか。

ちゃんと説明します。

 

文房具が必要なくなる

 

実は「文房具」って、途上国で手に入れるのが困難。

正確にいうとペンやノートくらい買えますけど、圧倒的に質が低い

 

日本で3色ボールペンなんて当たり前に存在しますよね?

途上国にはありません。

 

 

日本のボールペンってちゃんとインク出ますよね?

途上国のはインクの出が悪過ぎてビックリします。

 

 

こういった悩みを解決するのがiPadApple Pencil」

 

これを紹介する記事はすでに書いているので、こっちをみてください。

 

合わせて読みたい!!

【iPad・Apple Pencil】とノートアプリ【Noteshelf 2】の組み合わせが便利すぎる!! 文房具はもういらない!?


上の記事で紹介した「Noteshelf 2」も購入すれば、完璧。

 

任地で文房具を買う必要なし。

 

 

これだけでも任地に持っていくのに十分すぎる価値があるんですが、これだけでは終わりません。

 

書類をすべてPDFにできる

 

協力隊のなかで「超」がつくほどうんざりすることが1つだけあるんです。

それは「書類の多さ」

 

 

1度協力隊を経験したことがあるひとはわかってくれると思うんですが、

 

・応募のために提出する書類

・訓練中に配られる書類

・任地の事務所から配られる書類

 

などなど、とにかくうんざりするくらい書類があるんですよ(笑)

もちろん必要なものなので仕方ないんですけでね。

 

 

しかし!

訓練中に受けた講義の書類なんかは、

 

「一応任地に持っていきたい!」

「でもかさばるから持っていくのめんどくさい、、、。」

 

と思う人が多いかと。

 

 

そんな人たちにオススメするのが、iPadとの組み合わせが抜群なアプリ

・Sccaner Pro

・PDF Expert

・GoodNotes

です。

 

これらの詳しい記事ももう書いているので、こちらも必ず読みましょう。


合わせて読みたい!!

PDFはこれで完璧!! 絶対に買うべきiPadの便利アプリ

 

これですべての「紙の書類」「PDF」としてデータ化することができるので、かさばることなく任地に持っていけるんです。

 

 便利すぎる、、、。

 

絶対に買いましょう。

 

 

 

Kindle

 

2つ目はこれ。

みなさんも1度は聞いたことがある電子書籍というやつ。

 

 

これがあれば、海外にいても日本の本が読めます。

 

Kindleはアマゾンが提供しているサービスなので、アマゾンのアカウントを持っていれば誰でも使えますよ。

 

 

ぼくはKindle Paperwhiteという端末で読んでいます。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

 

でもわざわざこの端末を買う必要はなくて、iPhoneiPadでもアプリをダウンロードすれば読めるのでご安心を。

 

Kindle

開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ
 
「いや、普段から本なんて読まねーし!!」
と思っているそこのあなた。
 
任地にいったら日本の本が読みたくなることだってあるんですよ!!
 
 
海外にいて日本の本が読めるなんてありがたい。
登録するだけなら無料なので、アカウントくらい持っておきましょう。
 
 
ちなみにKindleは漫画も買えて、しかもボタンをワンクリックするだけで購入できるんです。
 
自分を制御しないと、ぼくのように「ONE PIECE90巻一気買い」という荒技を発揮しかねないのでご注意ください。
 
 
 

ユニクロ製品

 
3つ目はこれ。
 
 
ボリビアにきてつくづく感じていること。
 
それは
ユニクロ最強」
ということ。
 
 
これはマジです。
 
 
ユニクロ「エアリズム類」は絶対持っていきましょう。
パンツもインナーも。
絶対です。
 
 
なぜか。
任地には洗濯機がない場合がほとんど。
 
 
そんな中このエアリズム類は、洗いやすいし一瞬で乾く。
本当に最強。
 

ユニクロ|AIRism(エアリズム)商品一覧 


もちろんヒートテックもお忘れなく。 


ユニクロ|HEATTECH(ヒートテック) 

 


ぼくは日本を出発する当日、成田空港の出発ロビーにユニクロの店舗を見つけて、何を思ったのかエアリズムのパンツを3枚買いました(笑)

 

でもあのとき買っておいてよかった。

もともとパンツ4枚しか準備していなかったので、成田空港で買い足して7枚。

 


同期のボリビア隊員や見送りに来てくれたひとには笑われましたが、あの判断は正しかった!!(笑)

 

 

最低5枚は持っていったほうがいいというのがぼくの意見です。
持っていけるなら10枚くらいあっていいんじゃないですか?

 

 

・薄くてかさばらない

・洗いやすい

・乾きやすい

 

控えめにいって、いいことしかありません。

絶対に持っていきましょう。

 

 

 

サングラス

 
続いてはこれ。
 
ハッキリ言って、サングラスは現地でも買えるんですよ。
でもこれは「日本から持っていったほうがいいもの」ですね。
 
 
もちろん理由は「質」の問題です。
 
途上国のサングラスって、めちゃくちゃ安い。
だからかけると視界が微妙だったり、そもそもUVカットじゃないし。
 
 
ぼくは日本でちゃんとしたNIKEのやつを買ってきました。
 
 
でもほかの隊員には
 
・サングラスはすぐ壊れるから高いの買うのもったいない
・高いのは盗まれそう
・いいやつ買って失くしたらショック
 
という考えの人もいます。
 
 
2つ目と3つ目の理由に関しては、「サングラスだけじゃなくて、ほかのもの何でもそうだろ」ってツッコミをいれて終わり。
 
 
1つ目の理由は、まぁ扱い方の問題でしょう。
掛けて外すだけのサングラスがどうやったらすぐ壊れるのか、理解に苦しみます。
 
 
まぁぼくは職種がサッカーで毎日外にいるため、サングラスが必須だからいいやつが欲しいという気持ちが多少あることは否めません。
 
 
でもアフリカの日差しが強い地域とかにいくひとも、日本でちゃんとしたやつを1個買っていくことをオススメします。
 
 
 

十徳ナイフ

 
最後はこれ。
控えめにいっても、めちゃくちゃ便利なんですよ。
 
名前だけじゃどんなやつか思いつかない人もいるはずなので、実物を紹介します。
 

 

こんなやつです。

見たことありませんか?

 

 

なにがすごいって、これ1つにいろんな道具が入っていること。

 

・ナイフ

・ドライバー

・ハサミ

・栓抜き

・缶切り

・ノコギリ

 

などなど。

 

もはやなにに使うかわからないようなものまで含まれています。

 

 

これ1つ持ち歩いていれば、困ることはほぼありません。

ポケットに入るサイズのものがほとんでなので、持ち運びも楽ですし。

 

値段も1000円〜と安いので、絶対に日本で買っていきましょう。

任地にこれがあるとは思えないので。

 

 

ちなみに飛行機に乗るときは必ず「預け荷物」にいれてください。

刃物が含まれているので、手荷物だと没収されます。

 

 

せっかく買ったのに日本を出国するときに没収されたなんて、マヌケなことのないように。

 

 

 

最後に

 

「海外にいく際に持っていくべきもの」というブログやサイトはたくさんありますが、めちゃくちゃ中身が多い。

 

なので今回ぼくは「5つ」に絞りました。

 

 

最初にも書きましたが

・日本から持っていくべきもの

・現地でも調達できるけど日本から持っていった方がいいもの

・現地で買えばいいもの

 の見極めが1番大切です。

 

 

今回紹介した5つはどれも持っていくのに負担になるものではないので、ぜひ持っていってください。

 

ほかのものについては、検索で出てくるものを見て参考にしたりしてもらうのが無難ですね。

 

 

この記事も、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

ではまた!!