遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

シンプルに生きる

f:id:satoru54:20181013215436j:plain

 

こんにちは。

遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

 

ボリビアにきてもう3ヶ月が経ち、ついに2018年度2次隊もボリビアに到着。

もう「先輩隊員」という立場になりました。

 

時の流れの速さよ、、、。 

 

 

さて、話を90度以上変えますね。

 

 

ぼくは人生を「シンプル」に生きたいです。

 

周りのことは気にしないで

自分の思う道を進んで

やりたいことをやって。

 

では「シンプル」に生きるために心がけていることはなにか。

 

ちょっとぼくなりの考えを書いてみようと思います。

 

 

 

 

物は少なく

 

まず1つ目がこれ。

ぼくは圧倒的なミニマリストです。

 

 

物が多いのがめちゃくちゃ嫌い。

 

だって物がたくさんあると

・部屋は散らかる

・掃除するのも大変

・どこに何があるかわかんなくなる

こういった現象が起こります。

 

 

こんなめんどくさいことになるなら、最初から物なんて持たなければいい。

 

 

大学時代に友達をが家に来たときによく「部屋キレイだね」っていわれました。

 

でもよくよく考えてみると、単に物が少なかったから整頓されててキレイに見えてただけなんじゃないかと思います(笑)

 

まぁちゃんと掃除もしてましたけどね!!

 

 

それに海外にいくときなんかは、元々の物が少ないと荷造りがめちゃくちゃ楽。

 

「今回の旅行はどれを持っていこう」

「あれも必要かな」

「これは一応持っていこう」

 

なんて考えなくて済みます。

 

手元にあるものを持っていって、足りないものは現地で買えばいいやっていう感じ。

 

 

もうここまでくると、ものをたくさん持っているひとの意味がわかりません。

 

「いつか使うかもしれないから」といって、捨てればいいものを捨てずに取っておくひともまったく理解できません。

 

 

「ものをたくさん持っておく」ことのメリットをなに1つ感じられないぼくは、必要最低限の物があれば十分。

 

思い立ったときにすぐにどこへでもいけるように、身の回りは常に身軽にしておくのが1番。

 

「シンプル」に生きるために、「物」は少ないほうがいいんです。

 

 

 

判断の基準

 

2つ目はこれ。

要するに、なにか決断するときにその判断材料となる自分の「軸」を持っておくこと。

 

 

みなさんは

 

・行動するとき

・決断するとき

・迷ったとき

 

に、自分の判断の「軸」となるものを持っていますか?

 

 

例えば

・楽しいと思ったらやる

・直感で「いい」と思った方を選ぶ

・興味があったらやってみる

などなど。

 

 

ぼくの判断の軸はそこまで難しくなくて、「興味があったらとりあえずやってみる」ことにしています。

 


現在青年海外協力隊としてボリビアに来ていますが、長期ボランティアになるキッカケ・動機は、大学生のときにJICA短期ボランティアを経験したから。

 

短期ボランティアにいくキッカケ・動機は、たまたま大学がJICAと「大学連携」というものを結んだから。

 

 

そしてその「大学連携」の話を聞いたときに、すぐに興味が湧いたので真っ先に手をあげて参加する意思を示したんです。

 

 

当時はボリビアにいったらどうなるかとか、その先のことなんて考えていませんでしたよ。

 

とりあえず「面白そうだから」参加してみただけ。

 

 

そうしたら今、いろいろ繫がってまた再びボリビアに戻ってきています。

 

もし短期ボランティアを経験しなかったらまたちがった道を進んでいたでしょうけど、今のこの人生に後悔はまったくありません。

 

 

興味があったら、とりあえずやってみる。

その先のことはあまり深く考えずに。

 

どんな形であれ、判断の「軸」となるものは持っておいたほうがいいですよ。

「シンプルに」生きるために。

 

 

 

1日の中で決断の回数を減らす

 

シンプルに生きるために心がけていること。

最後はこれ。

 

「決断する回数をできるだけ少なくする」

 

 

たとえば

・今日はどんな服を着ようかなぁ

・ご飯は何を食べようかなぁ

これらを決めることも全部「決断」です。

 

こういった些細な決断でさえ、脳のエネルギーや集中力は失われていく。

これについてはこちらに記事を読んでください。

 

あわせて読みたい!!

集中力を高めたい方、必見!!

 

といった感じで細かな決断を減らしていくことで 、いざという時のエネルギーや集中力を蓄えておけるんです。

 

 

自分のやりたいことに全力を注ぐために、あまり優先度の高くないものは「決断」さえしない。

習慣化するとそのことについて考える必要もなくなるので。

 

 

 

ぼくは自炊するときに作るものは決まっているし、普段から着る服もほぼ決まってます。

 

 

もちろん

「美味しいものを食べるのが大好き!!」

というひとはとことん料理にこだわればいいと思いますし、

 

「オシャレするのが大好き!!」

というひとはとことん服にこだわればいい。

 

 

そこは個人の物事に対する「優先度」のちがい。

 

生きていくうえで自分がなにを大切にしたいのか。

そこを明確にできれば、あとはその大切にしていることに時間とパワーを割けばいいだけ。

 

 

ぼくの中で「シンプルに生きる」っていうのは、「やりたいことを明確にする」という意味も含まれています。

 

 

 

まとめ

 

「シンプルに生きる」ために1番大切なのは、自分の軸をしっかり持つこと。

 

あまり難しく考えずに、自分の心の思うままに・自分の気持ちが乗るほうに進んでいけばいいんです。

 

 

 

 「みんながみんなやりたいことだけやって、世の中が回るわけないだろ!!」

 

っていう声もたまに聞きますが、本当にそうでしょうか?

 

 

「誰もやりたくないこと」は、そのうち機械がやるようになりますよ。

 

だったら今のうちから自分のやりたいことに全力を注いで、それに必要な力をつけておいたほうがいい。

 

 

周りのことは気にしないで

自分の思う道を進んで

やりたいことをやって。

 

 

そんな人生を送りたいですね。

 

まとまりのない終わり方になりましたが、今回は以上(笑)

 

ではまた!!

 

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊