遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

成長の鍵は「インプット」ではなく「アウトプット」だった!!

f:id:satoru54:20181012100435j:plain

 

 

こんにちは。

遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

さて、またしても読んだ本を紹介する記事です。

読書っていろんな気づきや学びがあってほんとうに面白い。

 

 

今回読んだ本はこちら。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」

 

 

いやー、素晴らしかった。

なにが素晴らしかったかって??

 

今から書いていきますよー!!!

 

 

 

 

みなさん「勉強」と聞いたときに、

・インプット

・アウトプット

どちらを思い浮かべますか?

 

 

この本を読むまえ、ぼくは

 

「勉強=インプット」

 

という考えでした。

 

教科書を読んだり、単語帳を見て覚えたり、ネットでわからない情報を調べたり。

もちろん「本を読む」ということもぼくの中では大切な「勉強」の1つです。 

 

これらはすべて「インプット」に位置付けられます。

 

 

だがしかし!!!

なんとこの本で衝撃的な事実を言い渡されることに、、、。

 

それは

「アウトプットをしないインプットは、まるで意味がない」

ということ。

 

 

なんてこった、、、。

 

ここで一応「インプット」と「アウトプット」を定義しておきましょう。

・インプット「見る」「聞く

・アウトプット「書く」「話す」「行動する」

です。

 

 

ではなぜ「アウトプット」をしないと意味がないのか。

本書ではこう説明しています。

知識を詰め込むインプットの学びだけでは、現実は変わりません。

インプットをしたら、その知識をアウトプットする。実際に、知識を「使う」ことで脳は「重要な情報」ととらえ、初めて長期記憶として保存し、現実にいかすことができます。これが脳科学の法則です。

引用:学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢 紫苑

 

 

・本を「読む」だけ

・教科書を「読む」だけ

・英語の単語帳を何度も「見る」だけ

こういったことを続けていても、現実はなにも変わりません。

 

 

・本で読んだ内容をSNSやブログで「発信する」

・教科書で読んだことを友達に「説明する」

・単語帳で見た単語を使って実際に「話す」

こういった形で自分から情報を外に出していくことで、確実に自分の知識として蓄えられていくんです。

 

 

 

しかし。

ここまでいっておいてあれですが、「アウトプット」をするためには「インプット」をしないといけませんよね。

 

入り口は「インプット」なので。

 

ということは、「インプット」も大切なのは事実なんです。

 

 

 

でもここで多くのひとが犯しているミス。

 

 

それは

 

インプットとアウトプットにかける時間の割合

 

 

 

みなさん、どれくらいの割合でインプットとアウトプットをしていますか。

 

インプットの方が多い?

半々くらい?

若干アウトプットが多め?

 

 

ちなみにぼく自身は

7:3

くらいでインプットの方が多いと実感しています。

 

圧倒的にインプットが多い。

 

 

冒頭でも書きましたが、この本を読むまでぼくは

「勉強=インプット」

だと思っていたので、この割合は妥当です。

 

 

 

しかし、そんなぼくは著者から衝撃的な1言を浴びせられます。

 

多くの人は、「インプット過剰/アウトプット不足」に陥っており、それこそが「勉強しているのに成長しない」最大の原因ともいえます。インプットとアウトプットの黄金比は、3対7。インプット時間の2倍近くをアウトプットに費やすように意識しましょう。

引用:学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢 紫苑

 

インプット:アウトプットの黄金比=3:7

 

、、、。

 

 

ぼくの比率の真逆、、、。

 

 

なんてこった、、、。

 

 

圧倒的にアウトプットが足りてない!!!

読んだ瞬間絶望しましたが、逆にまだまだ伸び代があるってことですね!

 

 

それに

「読んだ本の感想を書くこともいいアウトプットの方法」

というようなこともおっしゃっているので、これは今後も続けていきますよ。

 

 

ちなみに読書に関して

「月3冊インプット、0冊アウトプット」と「月1冊インプット、1冊アウトプット」を比べると、「月1冊インプット、1冊アウトプット」のほうが圧倒的に成長できるのです。

引用:学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢 紫苑

 

とのこと。

 

アウトプットの時間が取れないというひとは、思い切ってインプットの時間を少し減らして見るのもいいかもしれません。

 

 

とにかく

 

・本を読んだら感想をブログに書く

・単語帳の単語を使ってどんどん話す

・インプットしたことはとことんアウトプットする

 

この3つはこれから意識していきます。

 

 

 

大切なので最後にもう1度いいますが、

 

インプット:アウトプット

3:7

 

が理想です!!

 

 

もちろんこれが正解というわけではありませんので、1つの参考までに。

ぼくはもっとアウトプットを増やしていきます!!!

 

 

これを機にみなさんも、日頃からどれだけ「アウトプット」ができているか見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

それではまた!!

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊