遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

【iPad・Apple Pencil】とノートアプリ【Noteshelf 2】の組み合わせが便利すぎる!! 文房具はもういらない!?

みなさんこんにちは!!

遠藤 暁(@str_se)です!!

 

今回はぼくが愛してやまないiPadApple Pencil」+アプリ「Noteshelf 2」をご紹介します。

これ、ハッキリ言って便利すぎます。

日本国民全員が使ったほうがいいレベル。

 

 

この3つを持っておけば

 

・ノート

・鉛筆

・ボールペン

・マーカー

・定規

 

こういった類の文房具を買う必要がなくなります。

 

もう、1度使い始めたら虜になること間違いなし。

 

「紙のノートじゃないと嫌だ」

「電子機器は信用できない」

 

そんなこと言ってる場合じゃありません。

 

便利なものは使い倒しましょうよ!!

 

 

これからこれらの便利さをとことん紹介して、このブログを読んだらみなさんも使いたくなること間違いなしです。

 

では早速紹介していきます!!

 

f:id:satoru54:20180918230436j:plain

 

 

 

 iPad

 ぼくが買ったiPadはこれ。

www.apple.com

これは2018年の3月の終わりに発売されたんですが、これが出るまではApple Pencil」を使いたい人はiPad Pro」を買うしかなかったんです。

 

なぜなら「iPad Pro」以外のiPadは、Apple Pencilに対応していなかったから。

 

 

そしてiPad Pro」は性能がいいぶん値段が高く、普通に7万円くらいします。

これにApple Pencilも買うと8万円を越えます。

これだとさすがに高くて買えないという人もかなりいたみたいですね。

 

 

だがしかし!!

 

 

このぼくが買った「9.7インチiPad」は、Apple Pencilに対応していて約4万円。

Apple Pencilを買っても5万円ちょい。

 

 

ほんとうに、神様仏様Apple様。

「これだけ安くiPadApple Pencilが買えるなら買うしかない!!」

と思い、ぼくは速攻で購入しました。

 

 

「9.7インチiPadが発売されてから、Apple Pencilもかなり売れたみたいですね。

ぼくと同じように考えた人がたくさんいたのでしょう。

 

 

 

Apple Pencil

 

これに関しては説明はほとんどいりませんね。

ボールペンやシャーペンで紙のノートに文字を書くように、iPad に文字が書けます。

 

www.apple.com

 

みなさんが気になるであろう「書き心地」ですが、紙のノートに書く感じとほとんど変わりません。

 

ぼくの友達の何人かがこれに興味を持ってぼくのやつを使いましたが、みんな口を揃えて

 

「こんな滑らかに書けるの!?!?」

「めちゃくちゃ書きやすいじゃん!!」

 

と感心していました。

 

もはや「書き心地」の心配はいりません。

 

 

ただ1つだけ伝えておきたいのは、Apple Pencilは充電式です。

 

まぁ別にデメリットでもなんでもないので安心してもらって大丈夫なんですが、試しに使った人たちに

「これ充電式だよ」

と伝えると驚く人が結構いるので、ここであらかじめ伝えておきます。

 

 

 

Noteshelf 2

 

そして極めつけがこのアプリ。

 

 

Noteshelf 2
Noteshelf 2
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,200
posted withアプリーチ
「Noteshelf 2」
 

 

ハッキリいって、やばいです。控えめにいってもやばいです。

便利すぎます。

 

これを紹介したいがためにこのブログを書いたと言っても過言ではありません。

 

このアプリさえあれば、ほぼすべての文房具がいらなくなります。
完璧すぎるノートアプリ。

今回は惜しむことなくご紹介します。

 

 

ノートカバーとペーパーの種類

 

まずはノートの表紙とペーパーの種類。

もう、十分すぎるくらい揃っています。

 

 

用途によって表紙分けしたら便利です。

 

ここはそんなに説明はいりませんね。

他の機能をたくさん説明したいので、ここで時間を取るのはやめます。

 

 

 

ペンの種類・色・太さ

 

次にペンの種類と色、太さをご紹介。

もうこれだけ揃っていたらなにも文句はありません。

 

まずはペンの種類と色。

 

 

 

ボールペン

えんぴつ

万年筆

シャーペン

蛍光ペン

 

すべてあります。素晴らしい。 

 

さらに色も豊富。

もはやこんなにいらないっていうくらいの色揃えです。

 

 

そして太さ。

 

f:id:satoru54:20180917220147p:plain

 

これはシャーペンでの太さ別で書いたもので、

 

f:id:satoru54:20180917220257p:plain

 

こちらは蛍光ペン

これだけ太さを自由に変えれたら、困ることはありませんね。

 

ぼくは基本的に細めのものばかり使っていますが、ここは用途に応じて使い分けられるので大変便利です。

 

 

 

直線・図形機能 

 

続いて直線・図形機能。

これもまたありがたい機能なんです。

 

 

・まっすぐな線を引きたいとき

・キレイな丸を描きたいとき

こんな時に便利です。

 

言葉で説明するより、これも動画で見てもらいましょう。

 

上段の右から4番目の丸と四角が重なっているものをタップしてから書くと

 

 

 

 

こんな感じです。

 

1本目の直線は普通に書いたもので、2本目の直線と丸・四角・三角はこの図形機能を使って書いています。

 

普通に書いたら図形なんてこんなにキレイにかけませんよね。

 

この機能はかなり使えます。

 

 

切り取り・移動機能

 

さて、ここからはいよいよ「アプリ」だからこそできる機能をご紹介します。

普通の紙のノートでは実現できないようなこともできちゃうんですよ。

 

まずは「切り取り・移動機能」

最初にこれを見たときは感動で震えました。

 

 

もちろんこちらも動画でご紹介します。

上段左から3番目のハサミマークを選択し、「カット/コピー」を選びます。

 

そして切り取って移動させたい部分を囲うと

 

 

こんな感じで動かせるんです。

これめちゃくちゃ便利。

 

とりあえず殴り書きしてもあとからキレイに整えられるし、

びっしり書いた行と行の間になにか書き足したくなったときも、この機能でずらして書き足せるんです。

 

 

いやー、ありがたい。便利すぎる。

 

 

 

コピー機

 

続いては「コピー機能」。

これはぼくはあまり使っていませんが、便利な機能であることは間違いありません。

 

先ほどの「切り取り・移動機能」と同じようにハサミマークを選択し、「カット/コピー」を選んで範囲を指定します。

 

 

 

そのあと「ハサミマーク→コピー」を選択。

そしてちがうページに移動して再びハサミマークを押し「ペースト」を選択すると、コピーしたものがそのまま貼り付けられるというわけです。

 

 

ここまで読んでいただいただけでも、もはや紙のノートを使い続ける理由が見つからないと思います。

 

でもまだまだ便利な機能はあるので、惜しむことなくご紹介しますよ。

 

 

 

 タイピング機能

 

次はこの「タイピング機能」

もはやパソコンのように使えちゃうんです。

 

上段の「T」ボタンを選択し、ノートの適当な部分をタップすると

 

 

 こんな感じでタイピングできちゃうんです。

 

しかも目が飛び出そうになるくらい便利なのが

 

・箇条書きを作れる

・右端、中央、左端揃えができる

チェックボックスもつけれる

 

 

ほんと、神かよ、、、。

なんなんだこのアプリは、、、。

買わない理由があるのだろうか、、、。

 

しかもまだ便利な機能があるんだから困る、、、。

 

 

写真撮影・貼り付け機能

 

もう勘弁して欲しいくらい便利な機能がありすぎます。

 

次は「写真撮影・貼り付け機能」。 

 

上段の「+」マークを選択しカメラマークを選ぶと写真撮影ができます。

そしてその場で撮影したものをそのままノートに貼り付けられるんです。

 

もうため息がでるくらい便利だ、、、。

 

あ、ちなみにこの動画を見て

 

「もっといい写真取れただろ!!」

 

というクレームは一切受け付けませんのでご了承ください。

とあるカフェで撮影しました。

 

もちろん、写真フォルダにもともとある写真を貼り付けることもできますよ。

 

 

ズーム機能

 

最後がこれ。

正直これはぼくはあまり使っていません。

 

でもここまできたら一応紹介しておきます。

 

上段の右から3番目の「よくわからんやつ」をクリック。

すると画面の上の方に四角があらわれて、その四角の中をズームしたものが画面の下のほうに出てきます。

 

 

そしてこのズームされた下の画面でも入力できますよというものです。

それだけです。

 

便利か便利じゃないかというと、普通です。

ぼくはまったく使っていません。

 

 

iPhoneでも見れる

 

おまけ。

これはアプリ自体の機能ではありませんが、このアプリはiPadで購入するとiPhoneでも取得できます。

 

そしてiPadで書き込んだノートをiPhoneで見れるんですよ。

 

これが実はめちゃくちゃ助かります。

 

 

外出先とか道端でいちいちiPadをカバンから取り出すのがめんどくさいときは、iPhoneでサクッと見れちゃうんです。

 

もちろんiPhoneの方が画面が小さいので若干見づらく感じますが、それでもサクッとノートを確認できるのはありがたいです。

 

 

iPadでしっかり書き込んで自分だけの素晴らしいノートをつくって、iPhoneで手軽に確認。

 

完璧です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は渾身の力を込めて書きました。

 

それだけみなさんにオススメしたかったんです。

 

iPad

Apple Pencil」

「Noteshelf 2」

 

この3つで、あなたの人生がより快適になることでしょう。

 

もはや買わない理由が見つかりません。

 

 

 

みなさんもぜひ、使いましょう。

 

www.apple.com

 

www.apple.com

 

Noteshelf 2
Noteshelf 2
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,200
posted withアプリーチ

 

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊