遠藤暁のブログ

青年海外協力隊

アメーバ赤痢の症状と感染経路・対策を経験者がご紹介!!

f:id:satoru54:20190310053802j:plain

 

こんにちは。遠藤 暁(@str_se)です。

 

 

みなさんアメーバ赤痢という病気を聞いたことはありますか? 

 

特定の地域だけで見られる病気ではなく、世界中で存在している病気です。

 

ぼくは青年海外協力隊として南米のボリビアにきてから数日でアメーバ赤痢との診断を下された過去があるんです。

 

 

「健康には気をつけていってきます!」といって日本を飛び出した矢先に、アメーバ赤痢に感染。

 

情けない。

健康管理もクソもない。

 

そこで今回はアメーバ赤痢の経験者が、その症状や感染経路、感染しないために注意すべき点などをご紹介します。

 

特に衛生面がよくない国で生活するみなさんは、しっかり対策をしておきましょう。

 

それではいきます。

 

 

アメーバ赤痢とは?

f:id:satoru54:20190310054127j:plain

まずはアメーバ赤痢という病気について。 

 

アメーバ赤痢とは感染症の一種で、赤痢アメーバ」という寄生性の原虫が原因で発症する病気をいいます。

 

この記事の最初にも書きましたが、特定の地域のみで見られるものではなく全世界で観戦される病気です。

特に衛生環境が悪い国や地域での発症が多いとのこと。

 

 

ということで、衛生面があまりよくない地域へいかれるひと、すでに滞在しているひとは気をつけましょう。

 

ちなみにアメーバ赤痢で毎年数万人がなくなっているので、ナメてはいけません。

もし感染したら、しっかり治療を受けるようにしてください。

 

 

感染経路

f:id:satoru54:20190310053934j:plain

一般的な感染経路は、病原体である赤痢アメーバに汚染された食べ物や飲み物を口にした場合。

 

つまり汚染された飲食物を通して感染するケースが多い。

衛生環境が整っていない地域での感染が多いのは、これが理由です。

 

 

汚染された水、その汚染された水で調理された食材、汚染された水で洗われた食器を使って料理を食べた場合など。

 

つまり「汚染された水を飲まなければ大丈夫」というわけではないんです。

汚染された水がどこでなにに使われているかわからないので、気付かぬうちに感染してしまうかもしれません。

 

 

また先進国でもアメーバ赤痢は存在しています。

先進国と言われる地域は衛生面はしっかりしているはずなのに、なぜ感染するのでしょうか。

 

もちろんいくら先進国とはいえ衛生面が「完璧ではない」というもの理由の一つですが、実はアメーバ赤痢の感染経路は汚染された飲食物だけではないんです。

 

アメーバ赤痢は、男性同性愛者間での「性行為」でも感染する可能性があるとのこと。

 

もちろん男性同性愛者の感染は衛生面が悪い地域でも同様に起こりますが、先進国では汚染された飲食物での感染より性行為での感染が多いので、それが目立つという感じです。

 

アメーバ赤痢の感染経路はいくつかあるということですね。

 

 

アメーバ赤痢の主な症状

f:id:satoru54:20190310053835j:plain

ここからは実際にアメーバ赤痢に感染したぼくが、主な症状をご紹介します。

 

症状としては粘血便・腹痛・下痢などが主たるもの。

ぼくが感染したときも上記の症状が主なものでした。

 

 

1日に10回以上の下痢をしましたし、赤くてゼリーっぽくドロッとした便が出ます。

下品で申し訳ありませんが、ぼくが実際に体験した症状なので。

 

またずっとお腹の痛みが続くというのも特徴の一つかと思います。

ぼくの場合は急にお腹の痛みが出てきたと思ったら、そのあとはずっと痛かったので。

 

 

ただ他の症状も多くあるので、一概にこれが正しいというものはありません。

たとえばアメーバの菌が血流にのってほかの身体の部位に運ばれると、肝臓などに膿が溜まってしまう場合も。

 

そうなると発熱右脇腹の痛み肝腫大などの症状も現れるとのこと。

 

いろんな症状があってアメーバ赤痢といえばこれ」といったわかりやすい症状がないのが厄介ですね。

 

とにかくここに書いたような症状が出たら、いち早く病院へいって検査をしてもらいましょう。

検便をすれば一発でわかるはずなので。

 

 

アメーバ赤痢にならないために

f:id:satoru54:20190310054352j:plain


ではアメーバ赤痢にならないようにするためには、どうしたらいいのでしょう。

 

 

正直にいうと、完璧に予防する方法はありません。

アメーバ赤痢の予防接種・ワクチンも存在しないんです。

 

そのため、衛生面の悪い地域に行く際は

・食べ物、飲み物に注意する

・よく加熱されたものを食べる

・食事前には手洗いをしっかりする

など、自分でできる対策をするしかないというのが現状。

 

 

いくら気をつけていても、感染してしまう可能性をゼロにはできません。

でもできる限りの配慮をすることで、感染の可能性を減らすことはできるはずです。

 

・道端で売られているカットフルーツは食べないようにする

・しっかり加熱されていないものは食べないようにする

・現地の水道水が使われていると思われるものは飲まない・食べないようにする

などなど。

 

このレベルでの対策しかできないのが現実ですが、アメーバ赤痢に感染する可能性を減らすには、こういったことに注意するしかないんです。

 

難しいですけど、しっかりやりましょう。

 

 

さいごに

 

ぼくが実際にアメーバ赤痢に感染したときは、なぜかわかりませんが相当元気だったんです。

夜に急に腹痛に襲われ、夜中はかなり苦しみましたが、次の日の朝に起きてみたら全然元気でした。

 

アメーバ赤痢は入院したりする場合もあるのに、ぼくは平気だったんです。

まぁ重くならなくて本当によかったですけど。

 

ぼくのように症状が軽くて元気に過ごせる場合もあるかもしれませんが、それでもやはり病院にいって検査はしたほうがいいですし、アメーバ赤痢と診断されたらしっかり薬を飲んで完治させましょう。

 

 

もう一度いっておきますが、アメーバ赤痢は死ぬ可能性もある病気です。

症状が軽いからといって甘く見ず、ちゃんと治療しましょう。

 

完璧に防ぐことも不可能なので難しいですが、自分でできる範囲の対策をして、衛生面がよくない地域でも楽しく生活できるようにしましょう。

 

 

ではまた!!

 

 

 ・協力隊のお金事情に関する記事

青年海外協力隊の給与・お金について徹底解説 

・隊員の持ち物に関する記事

【青年海外協力隊】これだけは持っていけ!隊員にオススメする5つの持ち物

・大学連携ボランティア

大学生必見!!学生のうちに参加できるJICAの「大学連携ボランティア」

・JICA短期ボランティア

JICA短期ボランティアを大学生に勧める3つの理由