遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

「寄付」のハードルと「人格」の大切さ

こんにちは。遠藤 暁です。

 

突然ですが、ぼくはいくつかのNGO団体に毎月定額の寄付をしています。

トータルで月3000円くらい。飲み会一回断れば済むくらいの値段です。

 

 

なぜ寄付をするのか。

もちろん組織の活動に賛同したからという理由もあるし、自分のお金がより良い世界を作るために使われればいいなっていう思いもあります。

 

 

 

それに自分が適当に遊んだり飲んだりするためにお金を使うより、何か意味あることのためにお金を使いたいという、少し(というか、かなり)かっこつけた理由もあります。

 

 

でもぼくが寄付を決める1番の理由は、その活動をしている人の「人柄」です。

SNSがこれだけ発達していると、直接会ったことがなくてもその人の人格とか人柄はある程度わかります。

 

SNSにあげている活動の様子や普段のコメントなどをみて、「この人を応援したい」って思った瞬間に寄付してます。

 

 

 

もちろん寄付をする理由は人それぞれ。

 

「組織の活動の意義に賛同したから」

「この組織なら信用できるから」

 

とか、色んな理由があるでしょう。

 

でもぼくの場合は「組織」でも「活動」でもなく「人」で判断しています。人として尊敬できる人に、人として素晴らしい人を応援していきます。

 

 

将来ぼくが国際協力の仕事を始めたとして、その活動内容や活動の意義に賛同して寄付してくれたらもちろん嬉しいです。

 

でもぼくの中で1番大切にしたいのは、

 

「さとるなら応援しよう」

「さとるがなんかやるなら手伝うよ」

 

って思ってくれるような、そう思わせられるような「人」になること。

 

「人」として応援されるようになれば、自分が出来る活動の幅も広がるし思い切っていろんなことができるようになると思います。

 

活動の内容や意義も大切なのは当然。でも大前提として「人」として素晴らしい人格を兼ね備えておくことが何より大切だと思ってます。

 

 

またぼくが最近寄付で利用しまくっているのが「polca」というサイトを使ったもの。

これは簡単にいうとお金を集めたい人がその理由や使い道を紹介して、それを見た人からお金をもらうという仕組み。

お金を集める側も寄付する側も、クラウドファンディングよりももっと手軽にできます。

 

「polca」は寄付の金額設定が300円〜と、大学卒業したばかりでお金のないぼくでも気軽に寄付できるんですよ。

 

 

Twitterで「こんなpolcaやってます!」っていうtweetを見て、面白そうだなとか応援したいなと思ったら積極的に寄付するようにしています。

 

 

「寄付」とか「投げ銭」するのに大きな理由や動機は必要ありません。

自分のお金を使うことに抵抗ないし、いろんな人を応援するのが楽しいからする。

 

 

それにたとえ300円でも、自分がお金を寄付した組織や人のこれからの活動は気になるじゃないですか。

そうやって自分が応援していくものを増やすことで、これから先の楽しみも大きなっていきます。

 

「寄付」という形でお金を使うことで、より良い世界になるための手助け(超微力だけど)になるし、自分の楽しみが増えるという意味では自分にもメリットもある。

 

みなさんも1度、「寄付」とか「投げ銭」という形で自分のお金を使ってみてください。

新たな視点が持てると思いますし、自分がかっこよく思えてきますよ(笑)

 

みんなで「寄付」のハードルを下げていきましょう。

 

ではまた!!

 

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊