遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

協力隊駒ヶ根訓練所の1日のスケジュール

こんにちは。遠藤 暁です。

 

前回のブログでも書きましたが、4月5日に青年海外協力隊駒ヶ根訓練所に入所しました。

 

勉強したり運動したり注射打ったり、いろいろしてます。

 

 

で、今回は、訓練所での1日のスケジュールを紹介しようかなーと思います。

 

ザッと紹介すると

午前:語学授業

午後:語学授業+語学以外の授業

 

以上です。

 

 

ザッと紹介しすぎましたね。ふざけすぎました。

もうちょい真剣に紹介します(笑)

 

 

①6:30〜7:10→朝の集い

6:30に晴れの日は外、雨の日は体育館に集合してラジオ体操を踊り、その日の連絡事項を伝えられます。その後走ったり軽い運動をしたりします。健康維持ですね。

 

 

②7:20〜8:00→朝食

 

 

③8:45〜11:45→語学授業

それぞれの人が自分のいく国の言語を勉強します。

1クラス4〜6人制ですね。

50分授業・10分休憩×3セットです。

 

 

④11:45〜13:00→昼食

 

⑤13:00〜17:00→語学授業+講座

午後は語学授業の他にも様々な講座を受けます。海外における安全対策や歯科衛生の講座など、幅広い内容の講座があります。

もちろん途中で休憩もありますよ。

 

 

⑥17:00〜18:00→講座or自由時間

この時間は講座がある日もあれば何もない日もあります。何もない日はちょっと筋トレしたり運動したり勉強したり、人によってさまざまですね。

 

 

⑦18:00〜19:00→夕食

 

 

⑧夕食後〜22:00→自由時間

夜は基本的に自由時間です。講座などはありません。

スポーツする人もいるし勉強する人もいるし、近くのコンビニに行く人もいます。

 

ただこの時間内で最低2時間は語学の自習時間を設けるように言われています。

 

ぼくは毎日2時間ちゃんと自習しているかと言われると、していません。

反省します。

 

 

⑨22:00→帰寮門限

前の自由時間に外出している人も、この時間までに帰ってこないといけません。

門限をすぎたら、、、怒られます。

 

 

⑩23:00→消灯・就寝

この時間になると、廊下の電気が消えます。なのでもう寝るしかありません。

でも毎朝早く起きないといけないので、早く寝ないと身体が持ちませんね。

 

 

 

以上が訓練所での1日のスケジュールです。

 

毎日最低8時間は寝たいぼくはいつも睡眠不足ですが、学ぶことが多いしいろいろな人と話せるので、毎日充実しています。

 

語学授業はもちろん、いろいろな講座も含めて1日中勉強しています。つまりずっと自分のため・学ぶための時間です。

でもこれって超贅沢な話ですよね。

 

 

社会人になったら普通、自分のために使える時間をここまで確保できない。

そう考えると、この訓練期間は貴重な時間です。

 

 

それに今日なんて、たまたま隣で夜ご飯食べていた人と話して、「将来何するの?」って聞かれたので「国際協力関係の仕事がしたいです。いまの段階では国連で働きたいって考えてます」って言ったら、「あ、俺国連でインターンしてたよ」って言われました。

ビックリしましたねー。

 

 

普通にご飯食べているだけでそんな人と話ができる環境にいることに感謝です。

 

 

楽なスケジュールではないけど、人脈が広がるしいろんな話を聞けるチャンス。

 

 

自分から動いていろんな人と関わる機会を作っていけば、得られるものはめっちゃ大きいはず。

 

 

毎日貪欲に学びまくります!!

 

 ではまた!!

 

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊