遠藤暁のブログ

毎日を全力で生きていきます

アフリカに行って「やっぱり日本すげー」って感じた話

f:id:satoru54:20180325113251j:plain


こんにちは。遠藤 暁です。

 

ぼくはいままでに南米とアフリカに1ヶ月間、ヨーロッパに3ヶ月間滞在したことがあります。

 

ずっと日本にいるひとにとっては、「日本のよさ」を感じることってあまりないですよね。

そもそも日本以外のことを知らないと「比較」ができないから、ほかの国と比べて日本はどうなのかをイメージできないのは当然です。

 

 

そこで、いろんな国に行ったことがあるぼくが、「日本」と「ほかの国」を比べてみました。

今回は2018年2月7日〜3月14日まで滞在していたエチオピアと日本を比較します。

 

結論からいうと、「日本最高」です。Japan無双。

 

 

海外ではいろんなことがありすぎて、いちいち動揺していられません。神経質になっていたら、3日で体調崩しちゃいますよ。

 

ぼくはエチオピアで食あたりで1回だけ体調崩した(マジで死ぬかと思った)けど、あとは全然平気でした。

 

 

 

今回は、エチオピアでの日常でよく起こるちょっとした問題(同じことが日本で起こるとストレスに感じそうなこと)を紹介します。

もちろん全て実体験です。

 

この記事を読んで、日本の良さを感じまくってください!

 

 

停電と断水

 

もし泊まっているホテルや自分の家が停電になったり、断水したらどうしますか?

日本のホテルで停電や断水なんかが起きたら、お客様からクレームの嵐になりそう(笑)。

 

もちろん、台風で天気が荒れまくりの日とかならしょうがないけど、普通の日に突然電気が消えたり水が出なくなったらビックリしますよね。

 

 

で、エチオピアでは停電も断水も日常茶飯事。

でも停電と断水を比べると、圧倒的に「断水」の方がしんどいです。停電なんて痛くも痒くもない。

 

蛇口ひねって水が出ないときの絶望感ハンパないですよ(笑)

 

 

頻繁に水がとまるから、エチオピアで活動している長期ボランティアの方たちは断水したときに困らないように、普段からペットボトルに水をためています。

 

 

 

ぼくも断水したときはそのペットボトルにためた水で手を洗ったり、洗濯したり、シャワー浴びたりしました。

 

ちなみにぼくは、2Lペットボトル2本の計4Lで、シャンプー・洗顔・体洗い全部できます!!!

 

 

みなさんも何リットルでシャワー浴びれるかぜひお試しください。

4Lより少ない水でできた人にはご飯おごります(笑)

 

 

ちなみに、さっき停電は痛くも痒くもないっていいました。

確かに電気がつかないということに関しては全く気にしません。

 

でも「停電」によって発生する問題が1つあって、こっちの問題の方がしんどいです。

 

その問題は、お湯が使えなくなること。

電気によって水をお湯にしているので、電気が止まると必然的にお湯も使えなくなるんですよね。

 

 

そのため「シャワーは使えてもお湯が出ない」って状況がよくありました。

これを聞いて、「アフリカって暑いし水シャワーでもいいじゃん」って思ったでしょ?

 

まあそれはそうなんだけど、でもさ、シャワーってやっぱりお湯がいいじゃん!!!

 

それにエチオピアの首都なんかは標高2500mくらいだから、朝と夜は冷え込みます。

だからやっぱりお湯が使えないのはしんどいです。でもぼくは気合いで水でシャワー浴びてましたけど!!

 

 

そんな「停電」と「断水」まみれのエチオピアから日本に帰ってきたら、蛇口ひねれば水がドバドバ出るし、お湯シャワーもドバドバ出るし、電気もドバドバ点くし(意味わからん)、もう最高ですね。

 

 

ってことでみなさん、水もお湯も電気も大切に使いましょう。

 

 

日本食の素晴らしさ 

 

海外にいって一番大きくて深刻な問題。それは「食事」です。

食事があわないって相当しんどいんですよ。

 

でも日本にいて食事でこまることはないですよね。おいしい料理が食べられるレストランがたくさんあるし、コンビニにいけばすぐに買って食べれるし。

 

 

エチオピアの食事、ヤバイですよ。これに関しては記事を書いたので、こっちも読んでください(笑)

 

www.satoruendo.com

 

まあエチオピアでもおいしい料理を食べられるレストランはあります。でもそれは99%、ホテルの中のレストランですけどね。

 

 

それに美味しいといっても「エチオピアで食べられる料理の中で」という基準ですから。ここ間違えないでください。

 

エチオピアで「美味しい」と感じる料理も、日本で同じものを食べたら「普通」か「マズイ」の部類にはいります。

 

つまりエチオピアにいた約1ヶ月は、味覚が狂ってました(笑)!!!!!

 

 

当然エチオピアの街中のその辺にあるレストランは、恐怖で入れません。

意味わかんない未知の料理がでてきそうで、、、。

 

 

でもエチオピアの料理を1ヶ月食べ続けたことで、得られたものもあります。

それは「食事」にこだわりがなくなったこと(笑)

 

 

よく、「回らない寿司食っちゃったからもう回転寿司なんて食べれない」とか「食べ放題じゃない焼肉食うと、もう食べ放題の肉なんて食えない」とかいってる人いますよね。

 

そんな人たちに一言。

 

うるせーボケ!!ぜいたく言うな!!

 

1ヶ月エチオピア料理を食べ続けたぼくから言わせてもらうと、日本で食べれるものなんてなんでもウマイから!!!

 

 

ちなみにエチオピアから帰国して最初に食べたのはマクドナルドのチーズバーガーです(笑)

マクドナルドって、ちょーーーウマイね。ビックリした(笑)。

 

まあこんなふうに、1度アフリカの食事なんかを経験したから日本の食事(マクドナルド日本食じゃないけど)の素晴らしさを感じることができるんですよ。

マクドナルド超ウマイし、コンビニのおにぎりも超ウマイし、回転寿司なんてもう最高。

 

 

で、結論ぼくは食えればなんでもいいって思うようになりました!!

日本にいるかぎり、なに食べてもおいしいからね。

 

わざわざ有名なレストランに時間をかけていくぐらいなら、コンビニおにぎりで十分です。

食事に時間をかけるくらいなら、ほかのことに時間を使いたいですね。

 

まあこれも海外にいったからこその変化かなーって思います。

 

 

ちなみにキングコング西野さんも、「食」にまったくこだわりがないそうです。

1人で飯食べるときはほとんど立ち食いそばらしいですよ。

 

俺もこれからそうしようかな。

 

 

ってことでみなさん、こんなにもすばらしい日本のご飯、ちゃんと残さず食べましょう。

 

 

終わりに

 

今回は「やっぱり日本ってすげー」って感じたことを書きました。

海外にいくたびに日本のすごさを思い知らされます。

 

 

細かいことを書くともっといっぱいあるのですが、キリがないのでこの辺にしておきます。

 

日本すごいよ。本当に。

 

以上。最後は牛とのツーショット。

 

f:id:satoru54:20180325114129j:plain



ではまた!!

 

日頃の呟き→Twitter:@str_se

たまに更新→Instagram:@satoru0054

毎日更新→note:@青年海外協力隊